人気ブログランキング |

タグ:焼きもの ( 3 ) タグの人気記事

焼きもの巡りの旅―5 ~常滑「焼き物散歩道」~


伊賀市内で一泊し、明くる朝高速に乗って向かったのは、愛知県の常滑(とこなめ)市。

中部国際空港に近いこともあり、常滑焼卸団地・セラモールという所に寄って、昼過ぎまで各店を見て回り・・・・。
ある店で、ふと常滑市の観光案内地図を見たところ、市内に「焼き物散歩道」という所があることを知り・・・・。
帰りの飛行機の時間が迫る中、この旅の最後に立ち寄ってみました。

下は、「焼き物散歩道」の名所・土管坂。
小雨そぼ降る生憎の天気でしたが、濡れたせいで素材の質感が一層強く感じられ・・・・。
路面にも陶片が埋め込まれ、模様を描き出していました。
e0071319_3583065.jpg


e0071319_3594983.jpgこちらの土管は、またちょっと色合いが違います。

狭い路地の至る所に、このような焼き物の溶け込んだ風景があり・・・・。


e0071319_43593.jpg観光用に整備した部分も当然あるでしょうが、ここに住み暮らす人々が昔から焼き物を利用していた雰囲気は、しっかりと伝わってきました・・・・。

黒板壁と土管、そして色とりどりの花々が、この路地界隈の落ち着いた日常を感じさせ・・・・。


More 路地は続く・・・・(クリック!)
by syotikure | 2009-05-10 22:29 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

焼きもの巡りの旅―4 ~信楽駅前陶器市~

二日目最後に向かったのは、お隣・滋賀県の信楽(しがらき)。

「折角伊賀まで来たんだから・・・・隣なんだから・・・・」という、貪欲とも惰性ともつかない心境で車を走らせ・・・・(笑。
通り沿いの立て看で、信楽駅前で陶器市をやっていることを知り・・・・。

e0071319_0265586.jpg出迎えてくれたのは、信楽焼のたぬき達・・・・。

これまでに訪れた陶器市の中では一番こじんまりとした感じでしたが、さすがに四軒目のハシゴとなると、これぐらいの規模が丁度見て回りやすいように感じ・・・・。


e0071319_104924.jpg近付いてよく見ると、意外に愛嬌のある顔をしていました・・・・(笑。


e0071319_0273578.jpg駅前に立つ、巨大たぬき。
隣の電話や人間と比較すると、その巨大さが判ります・・・・。

宮崎駿氏のアニメ「トトロ」のモデルは、もしかしたらこれじゃないかとも思わされ・・・・(笑。


More たぬきの群れ・・・・
by syotikure | 2009-05-09 20:54 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

焼きもの巡りの旅―2 ~荒川豊蔵資料館~


翌二日目、朝からレンタカーを借りてナビを頼りに向かった先は
土岐美濃焼伝統産業会館で催されていた、「春の美濃焼伝統工芸品まつり」です。
館内での撮影は禁止でしたので一切写真はありませんが(笑、
美濃の有望な若手作家達の作品がセットで一万円で売られているなど、
なかなかに魅力的な催しでした・・・・。

夫婦の好みが珍しく合致した志野皿セットを、買うか買うまいか二人で迷い、
とりあえずは他も見てみようと館内を一巡りして戻ってみると、
既に売れて無くなっており・・・・(笑。
焼きものはやっぱり、一期一会、でした・・・・。


伝統産業会館を出て次に向かったのは、
私的には今回の旅のメインと言っても過言ではない、
可児市久々利大萱にある、この荒川豊蔵資料館です。
e0071319_353845.jpg


e0071319_355959.jpg荒川氏が、ここ(牟田洞古窯跡)で志野筍絵茶碗(たけのこの絵が入った志野茶碗)の破片を発見したことで、それまで瀬戸で焼かれたといわれていた桃山期の志野や黄瀬戸が、実はこの美濃・大萱の地で焼かれたという史実が初めて判明したことはあまりにも有名ですが、実際にその地を訪れてみると、ある種の感動を覚えました・・・・。

きちんと整備された階段にも、自然との調和を感じ・・・・。


e0071319_20375514.jpg周囲の風景を観ながら階段を登っていくと、新緑の中に融け込んだ、蔵作りの資料館が見えてきました・・・・。


More サプライズ!
by syotikure | 2009-05-07 22:22 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)