タグ:スポーツ ( 5 ) タグの人気記事

祝!ドラゴンズ優勝!!

e0071319_658522.jpgやぁっと、ドラゴンズが優勝しました・・・・(笑。
タイガースが負けずに追いかけてきた時はどうなることかと思いましたが、自力でマジックを減らし、宿願を達成してくれました。
号泣している落合監督が、印象的でしたね~。

オシムの「考えて走る」ではありませんが、「勝つ為に何をするか」ということを、各選手それぞれが判断しプレー出来るプロ集団に近付いたような気がします。1,2番の二遊間コンビは、その代表的な例かと。彦野に立浪、仁村(弟)の1,2番も好きでしたが、今の荒木、井端は完成形に近いと思います。滅多に笑わないのも、好きです(笑。
2年前には無かった3,4番の長打力も大きいですね~。立浪を補う森野の成長、先発投手陣の奮闘、日本球界屈指のセットアッパー陣、そしてベテランクローザー、岩瀬の存在。
行け行けドンドン!結果が出なけりゃ鉄拳制裁!(笑 の第1次星野監督時代からの生え抜きは、山本昌、立浪ぐらいになりましたが、いい感じで大人のチームになってくれました。

以前落合監督は、稲尾監督時代のオリオンズが強いチームの一つの形、と語っていました。村田、有藤、リー、落合など歴戦の個人事業主達が(笑、「これでどうや!」と自分の仕事をキッチリこなし、監督は必要な時だけ動く、という。当時の管理野球の雄、ライオンズには後一歩及びませんでしたが、見るものに「これぞプロ!」という醍醐味を味わわせてくれました。

落合監督を見ていると、野球をよく知っている人、という感じを受けます。現役時代の打者としての実績が凄いのは周知の事として、それだけではない、非常に全うな野球観の持ち主というか。ただの「元大打者」「元スター選手」ではないな、と。稲尾、星野、長島、上田という、それぞれ特徴と実績ある監督達と野球をしてきた蓄積かな、と思ったりもします。

優勝した翌朝のマスコミ報道では、「代理母問題」と「2回目の核実験は?」の話題で持ちきりで、ドラゴンズファンとしてはさびしいばかりでしたが(笑、日本一目指して頑張って欲しいものです。
[PR]
by syotikure | 2006-10-12 07:35 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

祝!最年長ノーヒットノーラン!!

e0071319_18544659.jpgドラゴンズの山本昌広投手がやってくれました!
佐藤義則投手(ブルーウェーブ)の40歳11ヶ月を塗り替える、41歳1ヶ月の快挙!
それも首位を争うタイガース戦でやり遂げたことは、ただただ素晴らしいの一言です。
いつもよりプレッシャーのかかる状況だからこそ、出来たことなのかもしれませんが。

初回から降板するまで、というより、ルーキーの頃から今まで、速球のスピードがあまり変わらない、というのも不思議なピッチャーで・・・・(笑。

LAドジャース傘下の1Aベロビーチでスクリューボールを会得し、メジャーからお呼びがかかるも、優勝争い中のドラゴンズに呼び戻されすぐに5勝を上げ、翌年からはチームの主軸としてドラゴンズの顔とも言うべき存在になっていった山本昌投手。

昔「Number」か何かのインタビューで、当時スワローズに在籍していた現役バリバリのメジャーリーガー“ワニ食い”ラリー・パリッシュが、対戦した日本の投手ベスト3の1人に挙げた上に、同じベスト3の今中投手(ドラゴンズ)以上に評価していたことが思い出されます。「スピードが無いのに、あれだけの実績を上げられるのは、投球術が優れている証拠だ」と。

膝を曲げ、グラブを体から離し上体を前傾させた独特のセットポジション(ドラゴンズに在籍したクローザー、ソン・ドンヨル投手が「ランナーへのけん制がしやすく、セットポジションではベスト」と言い、真似ていたとも聞きます)、対戦するバッターに実測以上の速さを感じさせる組み立て、投球フォーム。
昔、王選手が「今までに対戦した中で、一番球が速い投手は?」と聞かれ「スワローズの安田だ」と答えた話は有名ですが、その安田投手(いしいひさいちの漫画にも登場し有名でした)に勝るとも劣らない投球術は、現役で彼の右に出る投手は皆無と思われます。

初動負荷理論のトレーニングで有名なトレーナーの元に通い(あのイチロー選手も、このトレーナーに出会いトレーニングに対する認識を改めたといいます)、間接の可動域を広げて、筋力に頼り過ぎないケガの少ない体作りを行ってきた日々の積み重ねが、この最年長記録に繋がったとも言えると思います。

芸能人モドキのチャラチャラしたどこぞのスター?選手と違い、ラジコンとクワガタ飼育が趣味という素朴な一面を見せる山本昌投手を、最後まで応援していきたいと思っています。
[PR]
by syotikure | 2006-09-17 18:58 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

日本VSオーストラリア

e0071319_0393799.jpg終わってみれば、「日本代表ついに力尽き、敗れました・・・」という言い方が
一番合っている試合だった様な気がします。

層の厚いMF、とりあえず人数がいるFWに比べ、
DFの層の薄さが露呈したかな~と思いました。

バテ気味の選手を代えようにもDF陣の交代要員はおらず、
フレッシュな中盤で攻めようにも、さて誰と誰を代えたらいいのか・・・、
そんな試合展開だったように感じました。

ボランチ中田英が攻めの意識が強かったので、
4バックへの切り替え交代は、遠藤あるいは中田浩だったのかも・・・。
結果論ですが・・・。

カウンターで攻め上がっても、フィニッシュまでいかない為にボールが死なず、
奪われたまま相手にロングボールを蹴られ、
またもや全速力で守備に戻らなければならなかったMF達は、
消耗が激しかったはずです。

この試合で「W杯初めての1勝」を獲る、という
オーストラリアのモチベーションの高さが、
日本代表を上回ったんじゃないかと思います。

TVで岡ちゃんが、
「3戦目前に、ブラジルが2戦2勝で1抜けして、他が1勝1敗ならまだ可能性はある」
と語っていました。

ただ、この組を1位通過すると、決勝トーナメント1戦目でイタリアと当たってしまう
可能性が高いようで、そのあたりをブラジルがどう考えているか、ですね。
どちらにせよ日本代表にとっては、次のクロアチア戦が全てです。

試合前は、叶うなら本気のブラジルと戦ってどういう試合が出来るのか見てみたい、
と密かに思っていましたが、そんな事をいっているレベルじゃないようです(笑。

余談ながら、試合後相変わらず4バックだ3バックだと言っているアナウンサーには
ちょいとムカつきました(^_^;)
[PR]
by syotikure | 2006-06-13 01:03 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

メキシコvsイラン

e0071319_1285792.jpgメキシコとイラン、いい試合をしています!
コンフェデ杯で、ある意味日本の目指すべきサッカーを見せつけたメキシコと、常にアジアで覇を競い合う、中東の雄イラン。
この2チームの試合は、なんだか他人事ではありません(笑。

今回のW杯、日本は初戦のオーストラリアからきっちり勝ち点3を取れれば、決勝トーナメント進出の可能性が高くなると思われます。
3大会連続出場で、今回が選手としてのプライムタイムであろう中田英と川口には、悔いの残らないW杯にして欲しいものだと思います。






個人的には、日本代表チームとしてのプライムタイムは、次回大会ではないかと思っています。
アテネ組(平山・松井・今野・トゥーリオ・阿部ら)が経験を積み地力をつけ、
現在の代表メンバーとポジションを争うようになれば、
かなりレベルの高いチームが出来るのでは、と密かに思っております(笑。
今大会では、大黒と玉田、そして巻が、FWとして「化ける」事が出来るかどうかも、
次回に繋がる楽しみですね~。

ハラハラドキドキの日々が続きそうです。
春先のWBCといい、今年は滅多に無いスポーツイベントの当たり年ですね~(^0_0^)
[PR]
by syotikure | 2006-06-12 01:49 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

仰木彬氏を偲び・・・

TVで、仰木彬氏の訃報を知りました。
ちょっと信じられなかったです。
e0071319_037916.jpg

特別、近鉄のファンでもオリックスのファンでもないのですが、今まで球界に与えてきた影響力の大きさと、育てた選手達の層の厚さに、畏敬の念を感じていました。
選手をスポイルする事なく、同じ方向を向いてプロの集団として戦いを進める手腕は、凄かったと思います。

この人がいなければ、今のような日本からメジャーへの流れは出来なかったんじゃないか、と本当に思います。
本当に、惜しい人から亡くなっていくような気がしますね。

今宵は、萩で買った徳利と猪口(安物ですが色が気に入ってます)、それに先日の出張土産の日本酒の原酒で、ゆっくりと遺徳を偲びたいと思います。
[PR]
by syotikure | 2005-12-16 00:38 | 焼きもの | Trackback | Comments(4)