<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

~ ブログテーマ わたしの好きなアニメ ~


ブログ再開第3回目w、エキサイトブログからのお題「わたしの好きなアニメ」です。

アニメ・・・・色々思い返してみましたが、TVでたまたまやってるジブリ作品等は、嫁女に付き合ってw何の気なしに見てますが、
特に意識しては、観てないですね~。
漫画だったら、「はじめの一歩」と「風の大地」だけは、ほぼ毎回欠かさず読んでるんですがw
一歩は本当に引退するのか?作者と編集スタッフの軋轢等ネット上の噂は本当か?w新型デンプシーロールが未完のまま終わらせる気か?
リリィ・マクガンの妹はただの賑やかしか?wそれとも土建屋の親父に何かやらかさせてw最終日に沖田のバッグを担がせる魂胆か?w
等々興味は尽きずw


私らアラフィフは、アニメがちょうど商業ベースに乗り始めた頃、最初に「アニメ文化」の「洗礼」を受けた世代かもしれないな、と思いますw
夜の7時台はNHKニュースしか見られない家庭で育った為w、「フランダースの犬」「ダイアポロン」「侍ジャイアンツ」等はリアルタイムで
見たことがなくw、学校で友達の会話の輪に入れなかった寂しい思い出がありますがw、地域性か再放送でイヤというほど「トムとジェリー」を
見た記憶はありw、「ライディ-ン」「ガッチャマン」「テッカマン」「キャシャーン」「ハクション大魔王」「いなかっぺ大将」
「巨人の星」「ルパン三世」も、多分何回も再放送で見てますねw
永井豪作品「マジンガーZ」系もよく見てました。ポピーの超合金では、「グレートマジンガー」を持ってた気がしますw


機動戦士ガンダム」は、非常に画期的、衝撃的な作品でしたね。
単純な勧善懲悪のストーリーではなく、登場人物の設定も複雑で、ザクやグフなど「敵方」ロボの造形も相当凝っていて、
「モビルスーツ」という呼び方自体斬新でした。
中学1、2年の頃、「ガンダム」の原作?小説を読んで、アムロとセイラのベッドシーン描写にドキドキした記憶もあり・・・・w
ちょうど思春期の入り口の頃に、「ガンダム」で大人の世界をちらっと覗いた感じがしますw

この頃から、アニメ雑誌やアニメ小説が、たくさん店頭に並び始めたように記憶してます。プラモデルも、相当売れてたはずでw
学校の近くの文房具屋では、ガンダムやザク、グフはすぐに売り切れてしまい、GM、ドム、そしてなんや気色の悪いモビルアーマー系がw、
ゲッター3やサンダーバード2号に交じって売れ残っていてw、結局その中から、たしか消去法でドムを買った記憶があり・・・・w 
ガンプラを買ったのは、多分ドムが最初で最後だったと記憶してますがw、アニメ産業の興隆に立ち合い、見事に巻き込まれ下支えした世代、
なんでしょうねw

ただ、関連キャラクターグッズ販売で商業的に大きな成功を収めた「走り」は、多分「スター・ウォーズ」じゃないかなと思いますw
あの時は、ダースベイダーやC3PO、R2D2等のキャラクターが、街のあちらこちらで目に入ってきて、
子供ながらに、今までにない、何か大きなうねりを感じたもんでした。


ドラえもん」「天才バカボン」も、ど真ん中の世代ですね。
のび太のくせに生意気だ!」とその存在自体を全否定するかのような強烈な言動w、何かあったらすぐ銃をぶっ放すアメリカのドラえもんw、
「バカボン」のシュールでナンセンスな世界w(友達の中で、はっきり好き嫌いが分かれてましたw)は、高校生になっても話題に上ってましたw
漫画になりますが、高校生の頃は「のたり松太郎」が好きでw、同じちばてつや作品の「おれは鉄兵」を読み直したりもしてましたね。 
後は、「ゴルゴ13」もよく読んでた記憶がありますw

思うのは、漫画は素晴らしいのに、何故アニメになるとあんなにも「劣化」してしまうケースが多いのか、ということでw
原作と同等、逆に原作以上のクオリティを感じるのは、「ルパン三世」「ドラえもん」「サザエさん」「ドラゴンボール」「名探偵コナン」
ぐらいのもんじゃないかとw
思っていたイメージと声優の声が違う、アクション系やスポーツ系はどうしても動きが悪くなる、放送上の尺の問題、製作費w等々
関係してるんでしょうかね。
ま、小説でも、ドラマ・映画化すると、すっかりぶち壊し!っていうのが圧倒的に多いような気もしますw


e0071319_02171056.jpg
(大分県久住 納池公園の湧水)


さて、本題の「わたしの好きなアニメ」にやっと辿り着きましたw
子供の頃は、「キャシャーン」「テッカマン」「ライディ-ン」、そして「カムイ外伝」が好きだったことを思い出しましたが、
今好きなのは、やっぱりジブリ作品ですね。

となりのトトロ」、やっぱり画期的な作品じゃないかなと思います。
バブル全盛の時代に、全てに「人工的な光」が届かない、まだ人間の手が及ばない「闇」が残存している世界、を描いていたように感じます。
何かに「人工的な光」を当てることで出来る「人工の闇」には、人間の怨念や嫉妬、貪欲、偏見、偏執等がグルグル渦巻いていそうですがw、
この自然の「闇」には別のものが息づいていて、人間がその気になれば共存できる、否、共存すべきもの、のように感じます。
もしかしたら、原始のまま残ってるのかもしれない「鎮守の森」に、妖精なのか物の怪かw、茫洋と佇むトトロ・・・・。
南方熊楠の世界観を感じますし、五月とメイが生活する「ムラ」には、宮本常一がフィールドワークして「発見」した民俗世界を感じます。

もののけ姫」も、非常に印象深い作品ですね。
エミシの生き残りのアシタカ、白い覆面をした人々等、日本の中世社会を相当検証して描いた作品で、中世史家の網野善彦氏も絶賛していました。

宮崎監督曰く「かわいい女の子が成長していく話は、もう描き飽きたw」
で、「崖の上のポニョ」「風立ちぬ」では男(の子)が主人公になりました。
晩年の手塚治虫氏が、「もうヒューマニズムなんか描きたくない、クソみたいなもんだ、好き放題描いてアメリカに逃げたい」と
あるラジオ番組で語っているのを聞いたことがありますが、今後ジブリからどういう作品が出てくるのか、非常に興味あるところです。


余談ですが、「なんでも鑑定団」でお馴染みの中島誠之助氏が、著書の中で、
よその国々では、一つの『王権』『権力』が出来た時に、その庇護の下で『新しい文化』が栄えることが多いが、
 日本では、民衆が元気な時に『新しい文化』が生まれて栄えることが多い傾向がある
と書いていて、マンガやアニメも、非常に「日本的」な土壌で生まれて栄えている「文化」の一つ、であるのは間違いないように思います。


人気ブログランキングへ
スカパー!
冬の5大テーマ祭り「アニメ」をもっと見る

[PR]
by syotikure | 2018-01-30 02:06 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

~ ブログテーマ わたしの好きな映画 ~


ブログ再開第2回目はw、エキサイトブログからのブログテーマ「私の好きな映画」です。
好きな映画は結構あって、すぐに思い出せないものもあるんですがw、手元にあるDVDを中心に選んでみました。
e0071319_21344986.jpg


古い順から行くと、まずはチャップリンですね。
一番最初にチャップリンの映画を観たのは小学生の頃で、NHKか何かで連日短編ものが放送されてたのを、家族で観てた記憶があります。
中でも、「モダンタイムス」「キッド」「給料日」は、何度も観てますね。
「ユーモア」「ペーソス」「ヒューマニズム」「古典」「ベタ」wと言ってしまえばそれまでなんですがw、
助演の役者も素晴らしくて、ハズレがない気がします。


次は、黒澤明監督作品です。
中でも、「七人の侍」「用心棒」「生きる」は好きですね。
七人の侍」の、志村喬演じる分別ある「侍」と、三船敏郎演じる侍になりたい「百姓」の価値観・行動原理の対比、戦闘シーンの大迫力、
斬った人間の脂で斬れなくなるのを見越して何十本も地面に突き立てた刀のリアルさ、この戦の本当の勝者は誰か?等々見応え充分です。
用心棒」は、「七人の侍」と同じく、どこか中世の「道々の輩」や「惣村」を感じさせ、居酒屋の親父を演じる「初代黄門様」東野英治郎も
いい味出していますね。
生きる」は、テーマ設定と、志村喬の演技に尽きるんじゃないでしょうか。
ただ、「赤ひげ」については、山本周五郎の原作の方が好きですねw


高倉健主演作品もいいですね。
幸福の黄色いハンカチ」「駅 STATION」「居酒屋兆治」「鉄道員(ぽっぽや)」「あなたへ」等大好きですが、
昭和残侠伝シリーズ」も捨て難い魅力がありますw
いざとなったら頼りになる義侠、いぶし銀のような渋い好漢の池辺良、びっくりするほどいい女の三田佳子
今を時めく?w津川雅彦や梅宮辰夫、松方弘樹が弟分役で出ていたりと、見所満載です。


邦画では、「男はつらいよシリーズ」も大好きですが、この1本!が決め難く・・・・w
渥美清の主演作品では、「続・拝啓天皇陛下様」も好きな映画です。
小沢正一演ずる散髪屋の王さんの台詞「うんこの善さん!」が、なぜか耳について離れませんw


X-ファイル ザ・ムービー
20代後半~30過ぎぐらいの頃、何がキッカケだったのかは分からないんですが、このシリーズにどっぷりとハマってしまいw、
しょっちゅうレンタルビデオ屋に通っていたのを覚えてますw
このTVシリーズ、オカルトものやゲテモノ?w、UFOものとして有名ですがw、特にそっち系オタクだった訳でもなく(中学生の頃、
たまに学研の「ムー」は読んでましたがw)、「政府の陰謀」シリーズが好きでしたね。
この「ザ・ムービー」は、「陰謀」シリーズの延長線上に制作されていて、初めて一人でwレイトショーを観にいった記憶がありw
子供の頃、妹を宇宙人に誘拐されたトラウマがあり、常識に囚われない思考と行動力を持つFBIきってのプロファイラー・モルダー捜査官と、
医学の博士号、物理学の学位、冷静な観察眼、論理的な思考を持つ、自他共に認めるサイエンティスト・スカリー捜査官。
この二人を、スキナー副長官や「ディ―プ・スロート」、「肺がん男」、A・クライチェック等々、魅力的で人間臭い味方や見事な敵役達wが
囲んで展開していきますが、基本は一話完結なので、時には現代社会の風刺やユーモア溢れる回、それぞれの内面に迫る回もあったりと、
充実した脚本スタッフの存在を感じさせます。
二人の、信頼しつつもストイックな関係が、作品全体にいい緊張感をもたらしているようにも感じますね。
だから、この映画のファーストキス(人工呼吸w)シーンは、拍手ものでしたw

このスカリー捜査官、実は理想の女性ですねw 
自立して、知性、教養、人間性、行動力を併せ持ち・・・・、ボヤボヤしてるとすぐ見限られそうですがw
まったくの余談ですがw、この間の忘年会の2次会、都城のバーで飲んでいて、応対してくれた「夜の飲み屋街でナンパするのが趣味」という
おねえさんとたまたまこの話をしてたら、「やと思うけど」と言われてしまいましたw


プライベート・ライアン
S・スピルバーグ監督の作品は、他に「シンドラーのリスト」も好きですね。
この映画は、戦争の悲惨さや残酷さ、国家・体制の矛盾等々を、見事に描き出しているように思います。


アバター
「ターミネーター」「タイタニック」等で有名なJ・キャメロン監督作品。
初めて観た時は、とにかく呆れるほど見事なCGに圧倒され、そのストーリーに「ただのハリウッド映画ではないな」と感心しました。
「異文化」を持つ「異形異類」の異星人と動物達が暮らす緑豊かな星へ、コストが全てに優先する「野蛮」な「資本の論理」が「侵略」を企て、
下半身麻痺を治してもらうことを条件に「傭兵」となった主人公が、特殊な先兵役を務めることになり・・・・。
以前ある本で、「戦争は経済だ」と読んだことがありますが、それが非常に分かりやすい映画でもあります。
この作品、発表時には時節柄もあって退役軍人会や、一部キリスト教団体から相当な反発があったとかで、
「世界の警察」「一神教」国家にはかなり刺激的だったようです。


最近DVDで観た映画では、「最高の人生の見つけ方」が印象深かったですね。
学生の頃「カッコーの巣の上で」を観て強烈な印象を受けたJ・ニコルソンと、「ショーシャンクの空に」「セブン」「コレクター」等、
個人的には「アメリカの志村喬」と思っているwM・フリーマンが出れば、よっぽど脚本がつまらなくない限りハズレの訳がない、
これだけの大御所がつまらん仕事をする訳がない、と思ってDVDを買いましたw
M・フリーマンには、知性、風雪に耐えた重厚さ、春風のような温かみを感じ、非常に好きな俳優ですね。
なんとなくですが、南アのネルソン・マンデラ氏が、ダブって見えてしまいます(勿論、共に直接お会いしたことはありませんがw)。

追記 
何の気なしに検索してたら、実はM・フリーマン、マンデラ大統領役を演ってるんですねw それも、マンデラ氏側からの希望で。
「インビクタス/負けざる者たち」、近々観てみたいと思います。


人気ブログランキングへ
スカパー!
冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by syotikure | 2018-01-28 00:36 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

2年ぶりのアップ  「エキサイト20周年企画~あなたの人生の三つの坂」


ご無沙汰しております。

約2年ぶりのアップとなります。



2年前の4月14日、仕事で熊本県の八代市を訪れて、高千穂越えで夜9時過ぎに門川へ戻り、

自宅とは別に借りている駐車場へ車を停めて降りた途端、今まで経験したことのない大きな揺れに襲われました。

高台に車を移動させないと津波にやられるかと、慌てて自宅の嫁女に電話して確認したところ、

震源地は熊本なので多分日向灘は大丈夫じゃないか、と・・・・。

幸い宮崎は比較的被害が少なくて済みましたが、メディアで報道される熊本や大分の方は大変な状況で、

八代在住の知人達からも被災地の生の声がリアルタイムで耳に入ってきました。



それから、呑気な内容をブログにアップするのはどうにも気が引けるようになり、また、それ以前から、

「インスタ映え」ならぬ「ブログ映え」を気にしたり、当たり障りのない婉曲な表現を探すの

ちょっと嫌気が差していたこともあって、すっかりブログから遠のいてしまいました。



ただ、たまたま最後のアップが熊本の阿蘇でしたので、それまでブログを見て頂いていた方々に誤解されるのはまずいかと、

生きている証としてw読んだ本だけは「マイフェバリット」で随時更新しておりました。

去年も温泉に行ったり博多までナイツの独演会を観に行ったりとw、それまでどおりの毎日を送っていましたが、

一度離れてしまうと、なかなかアップする気にはならないもので・・・・。

ま、あまり一般ウケしなさそうな分野・方面に、興味関心が向いていたせいもありそうですがw



今回偶然に、ブログの主催元であるエキサイトが、20周年を迎えたことを知りました。

振り返ってみると、最初にエキサイトを利用したのは18年ぐらい前で、このコンテンツがなかったら多分出会わなかった、

今は別の人生を歩いていたろうなと思わせる、転機となる幾つかの出会いがあったことに気付き・・・・。


また、改めてブログを見直すと、その時々の私ら夫婦と一匹の状況、出会った人・土地・酒、自分の嗜好志向

目線、視野の変化が時系列で分かって、やっぱりちょっと代わりのない記録媒体だな~と・・・・。


昨年末に50歳となり、一つの節目として、20周年キャンペーンで落語の三題噺みたいに出されたお題をきっかけにw、

ブログを再開することにしました。


今後どういう形でアップしていくかはまったく未定でw、とりあえず動きながら考えようかなと思っています。

今更「ブログ映え」を狙って「リア充~っ!」を叫ぶ気もないですしw、もの分かり良くw丸く収まる気もないのは確かですねw



e0071319_21333294.jpg

(H30.1.18 早朝、鹿児島内之浦から打ち上げられたイプシロンロケット3号機の軌跡を、我が家の前から眺めた図。

 「ありゃなんやろかい?」「天変地妖の前触れじゃろか?」等々の問い合わせがあった、と地元紙が報道してましたw)



さて、エキサイトブログからのお題、
あなたの人生の三つの坂

上がり坂:嬉しかったことや楽しかったこと

下り坂:辛かったことや悲しかったこと、悔しかったこと

まさか:驚いたこと



結論からいきますと、あの徳川家康ではありませんがw、あえて「坂道」で表現すれば、「上がり坂」の途上という感覚が強くて、

これまでに嬉しいことや楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、悔しいことも色々あったな~、という感じですw

「感情」「気分」と人生の「上がり坂」「下り坂」に、直接的な因果関係をあまり感じないというかw、感覚的になじまないんでしょうねw


若い頃から折に触れ、毀誉褒貶に一喜一憂してもしょうがないよ」と先輩達から教わってきた影響が大きいのかもしれませんがw、

その過程で何を考えて、何をしようとしていたかが重要で、その過程を意地でも無駄にせずw、可能ならばその過程を楽しめれば

いいんじゃないかな、とw


自分では防げない、天災、ケガ、病気、最愛の人をなくす等、そういう局面では、辛さや悲しさが「下り坂」とリンクしやすいかもしれません。

これから確実に経験しそうなことも入っていますが、「人間は経験しないと感情は出てこない」といわれ、また「人の一生には反復的な面が多い」

ともいわれます。

「自然の道理」を知る、経験した人に聞く、人生の先輩に学ぶ、「人の歴史」を知ることで、なんとか乗り越えたいなと思っていますし、

また、その体験を誰かと共感することで、新たな「楽しみ」に繋がればいいな~、と思っています。

結局、楽観主義者なんでしょうねw 



アンケート等に「50歳」と記入する時、まだ「誰の歳や?」と思ってしまいますがw、以前読んだ本で、

「地球上の生物は、心臓が動く回数が大体決まっており、大きな生物ほどゆっくり動いて長生きし、小さな生物ほど速く動いて短命の傾向がある。

 人間は生物学的見地から見れば41.5歳が寿命で、昔の人が『人生五十年』としたのは妥当」(本川達雄著「人間にとって寿命とは何か」)

と知り、「50歳以降はオマケ、丸儲けみたいなもんか」と考えたりもしていますw



また、50歳になる前後、「四十にして惑わず、五十にして~」いう言葉がちょっと気になり出しw、古の中国の哲人や世間一般的wには、

50歳はどうあるべきと捉えているのかネットで調べてみたところ、「164MARKETING」というブログに「異説」を発見しましたw

吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る

十五歳を「立志」、三十歳は「自立」、四十歳で「不惑」、五十歳は「知命」と呼び、これまで、三十で自立し、四十になれば迷いがなくなり、

ふらふら放浪せずに自分の生き方や行動に従い人生を生きてゆけて、五十に天命をさとり人生を全うする、と解釈されてきたが、

実は「惑」という字は孔子の時代には存在せず、音と形が似た「或」の字が本当ではないか、という説です。

「不惑」だと「惑わず」になるが、「不或」だと「区切らず」という意味になり、「四十にして区切らず」と解釈すべきで、

四十歳ぐらいになればある程度成果が出て、自分に自信もついて安定してくるが、新しい領域にチャレンジしていかなければいけない、

というメッセージだと。


自分に当てはめてみると、「不惑」でなく「不或」ならばw、大体この通りに人生を歩んできているのが、ちょっと不思議ですw

東洋の知恵、経験則、経験智、なんでしょうかね。

高校3年間受験勉強そっちのけでw興味の向くまま300冊以上本を濫読したりw、30過ぎて21世紀になったのを良い機会と

営業職に転身したり(勿論w現状と先を見て、その時点でベターと判断してw)、40過ぎて4年半ほど在籍していた「天然」ブラック

企業を辞めw、「当面サラリーマンはいいや」と1年ほどFXをやったりとw(おかげで相場観と経済知識を得、「カジノ資本主義」の

本質も垣間見w、一方で「自分」と向き合う時間にもなり、その後「3.11」を機会に「社会復帰」しました)



「教員を10年やったら社会復帰出来ない」と言ったのは作家の 城山三郎 ですがw、前出の企業に在籍中、ある先輩から、

「気を付けんと、営業を10年以上やってたらバカになるぞ」と聞きましたw 

目先の数字、必要に迫られること、後は遊ぶことしか考えなくなる、という意味のようで、思い当ることもあったのでw、

出張中に読書の習慣を取り戻しました。


このブログを通じて知り合った 立ち呑みHAKUDOUさんから 藤沢周平 を教えて頂き、15、6年ぶりに小説の世界に引き込まれ、

そこから 池波正太郎隆慶一郎 に行き、そして 網野善彦 に出会いました。

高校時代、本田勝一の極限の民族三部作や「アメリカ合州国」他、川喜田二郎の著作等は読んでいて、文化人類学的な見方、

相対観が身に付いていたようで、多分初めて読む社会史(民衆史)でしたがすんなり入れて、かなりのインパクトを受けました。

「聖徳太子は『日本』人ではない」「百姓は『農民』ではない」等々、挙げ出したらキリがなさそうですがw

おかげ様で、日本の中世社会史だけでなく、考古学、近世文化・社会・人口史、民俗学にも興味は広がり、現在に至っています。


網野善彦氏や城山三郎氏など、1927年昭和2年)前後生まれの方々には、相当影響を受けているな~と自覚しています。

この年代の方々から受けた大きな影響の一つが「史観」、「民衆史観」ですね。

どこから歴史を見るか、です。


この1927年前後に生まれた人達には、いろんな意味で世の中に大きな影響を与えている人が多い印象もあります。

1926年(大正15年~昭和元年)―渡邉恒雄、フィデル・A・カストロ、ジョン・コルトレーン、チャック・ベリー、祖父江孝男、植木等

1927年(昭和2年)―バーノン・スミス、石牟礼道子、サミュエル・P・ハンティントン、吉村昭、城山三郎、緒方貞子、藤沢周平

1928年(昭和3年)―池田大作、網野善彦、渥美清、ジェームズ・ワトソン、ポル・ポト、チェ・ゲバラ、森浩一、A・ウォーホル、

            A・トフラー、土井たか子、A・N・チョムスキー



この歳になると、若い頃のように色々と指摘してくれる存在って、本当に少なくなってきます・・・・w

身近では唯一、嫁女が色々言ってくれますがw、「それは、結論出てたやろ?」とかw「今、それを言ってどんげなる?」w、

「(どの立場で)それを言えるや?」とついつい思ったりとw、なかなか素直に聴くのは難しいもので・・・・w

良い本を読む、良い人に会うことが、成長、共感、笑いwの機会となり、上がり坂だろうが下り坂だろうがw、

朗らかに生きていけるんじゃないかな~と感じています。



ちなみに、このブログを始めた2005年前後から、著作に接し刺激を頂いた作家、学者です。

加藤諦三、色川武大、藤沢周平、池波正太郎、隆慶一郎、松本清張、宮部みゆき、山本一力、城山三郎、K・ウォード、吉村昭、

網野善彦、沖浦和光、森浩一、田中圭一、川勝平太、田中優子、渡辺京二、三田村鴛魚、宮本常一、佐々木高明、白水智、

渡辺尚志、金子勝、宮崎学、佐野眞一、魚住昭、佐藤優、E・トッド、中島誠之助、青山二郎、北王路魯山人、加藤唐九郎



最後のお題「まさか」

まさか・・・・中2年経ってブログを再開するとは思ってもいなかったってとこですかねw

そういえば、警察関係が特殊詐欺撲滅ソングとして作った歌の題名が、「まさかの坂道」でしたw



また、今後ともよろしくお願い致します。


ショチクレ


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村

エキサイト20周年企画~あなたの人生の3つの坂


[PR]
by syotikure | 2018-01-25 22:26 | 道端 | Trackback | Comments(0)