<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小林市PRビデオ第2弾! と、暮れのご挨拶(笑


長いことブログをご無沙汰しておりまして(笑、暮れも押し詰まり(笑、2ヶ月も穴を開けるのもどうかと思っていましたら(笑、
小林市のPRビデオ第2弾が出来たと知り(笑、前回に引き続きご紹介を・・・・(笑。



まあ確かに(笑、山の中で遭難してやっと助けが!それも神様!と思ったら、言ってる意味が全然分からない、というのは・・・・(笑。
相手が人間だったら、言葉は通じなくとも、人情、ホスピタリティ的なもので(笑、ボディランゲージで道案内とか、
緊急避難的な処置も期待出来るんでしょうが(笑、神様がどこまで「下情」に通じてるかとなると・・・・(笑。
日本の神様達って(笑、なんか結構気まぐれというか(笑、「DQN」なところ?(笑 感じますもんね(笑。


この動画を見ていてふと思い出したのが、最近ネット上の記事で読んだ、「翻訳語」の定義、認識のいい加減さ です(笑。

“Freedom” を「自由」と訳したのは福沢諭吉と言われていますが、元々「自由」は中世では勝手気ままに振る舞うというネガティブな
意味合いがあり、諭吉は相当躊躇したと言います。
“Freedom” には、「保護・規制の下での」という意味が、含まれているからだそうです。
「社会」という言葉も、近代に入って “Social” を翻訳して出来た「造語」で、漢字圏では普通に使われているという「共産主義」という
言葉も、実は近代の「日本製」とも言われており(笑。

この記事によると、キリスト教圏で “Spirit” (=精神) は、土をこねて作った人形に(創造主の)神がこれを吹き込んで人間が
出来たから崇高で、唯一神とのコミュニケーションを取る為のもの、という認識があるそうです。
この「精神」という言葉、実は明治期に “Spirit” を輸入(翻訳)する際にこさえた「造語」で(笑、日本古来から認識されてきた
言葉、概念ではない、と(笑。
キリスト教圏では意味が明確だが、日本で「精神」主義となると(笑、大概ワケのわかんない方向に行ってしまうのは、
この為ではないか、と(笑。
ちなみに、キリスト教圏での「精神修養」は、教会に行くことだそうです(笑。

あのラグビー日本代表の五郎丸選手が、TVで「メンタルは鍛えられない」と語っていましたが(笑、ラグビー日本代表の
メンタルコーチを務められていた、荒木香織氏の記事 もなかなか興味深いです。


「歴史の話」(網野善彦・鶴見俊輔 朝日選書)という本の中で、鶴見氏が、
「昔からの言葉、『村』『町』などには意味の年輪、重層性があり、歴史の中で意味が微妙に揺れている。
 明治期に翻訳で作られた言葉、学術語には、意味の重層性が全くない。『市民社会』『階級』等、切っても一つの意味しかない。
 翻訳前の元々の外国語も当然持っていたはずの重層性を、簡単に切り捨ててしまっている。
 意味・定義が固定されるので、官僚試験等の受験には適した言葉になるかもしれないが(笑、本来含んでいたはずの意味を汲み取れず、
 非常に単純化された認識しか持てなくなる恐れがある。
 ドイツに留学しカントやヘーゲルを勉強した人が帰国して『もはやドイツから学ぶことはない』と言い、東大で哲学を教えていた
 ケーベルがそれを聞いて呆れてしまい、日本で教えるのがイヤになった、という話が残っている(笑。
 これが、日本の近代の学問の問題だ。」
と語っています。


「精神」という言葉(笑、日常的に当たり前のように多用され(笑、非常に重要な概念だと思うんですが(笑、
最近では「スピリチュアル」やら「(スピリチュアル)パワー・スポット」やら(笑、増々ワケのわかんない言葉、概念が
増殖している感もあり・・・・(笑。
他にどんな言葉が、近代の翻訳でこさえた「造語」で(笑、本当の意味で共通「認識」されているのかと・・・・(笑。

価値観外交」等当たり前のように言われておりますが(笑、本当に「共有」出来てんのかどうも怪しく(笑、
お互い良いように「勘違い」してるだけなんじゃないの?という気もし・・・・(笑。
ま、人間関係自体、「勘違い」で成り立ってる面って確かにあり(笑、「国対国」の関係も、人間関係の延長線上にあるのは
間違いないかと・・・・(笑。


ここ7、8年、日本の考古学や中世史、近世の文化史、社会史、思想史、また民俗学等の本を読むことが多く、
教科書に載っていなかった「日本人」「日本社会」の実像に出会うこと度々で(笑、実に面白く、「立脚点」の確認を迫られることも
多いんですが(笑、一方で、近代以降との「断絶」も痛感しています。
何を得た代わりに、何を捨てたのか、何故、そうなったのか、と。


今年は、仕事の関係で今まで経験のなかった角度から「世間」を眺める機会に恵まれ(笑、
来年はますます面白くなりそうな気配です(笑。

どちら様も、良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村

[PR]
by syotikure | 2015-12-31 13:36 | 諸々 | Trackback | Comments(2)