人気ブログランキング |

往年の化粧瓶-4 ~薩摩・ほか編~

そして、薩摩とその他の地域の化粧瓶・・・・。


e0071319_353598.jpg鹿児島酒造製、西郷どんの陶器瓶「さつま諸白」。

NHKのドラマ「翔ぶが如く」をやっていた頃に
作られたもののようです。
他にももう一種類、西郷どんボトルがありましたが、
そちらにも「翔ぶが~」の首かけがありました。

鹿児島酒造といえば、例の事故米報道により
騒動に巻き込まれた蔵元として
記憶に新しいものがあります。

鹿児島県酒造組合は、「風評被害を受けた」として
国を相手取り訴訟を起こす方針のようです。
1日も早い真相究明と、再発防止策の実施が望まれます。


e0071319_3124937.jpg舟徳利 作州武蔵

岡山県の、勝山酒造という蔵元の日本酒です。
揺れる舟の中でも倒れにくいように、という配慮で
このような形の徳利が出来たと言われています。
見た目にも安定感のある、収まりのいい形です。






e0071319_371241.jpg黒糖焼酎 浜千鳥

帰って写真を見直して気付いたのですが、
浜千鳥乃詩」ではなく「浜千鳥」。

どのような由来があるのか、気になるところです。

e0071319_3111767.jpgそして「あわもり」。

ラベルを見てみると、なんと鹿児島のさつま無双(株)製!
正式な商品名は「無双泡盛」のようで、
会社の所在地が現在とは異なっており、
結構古いもののようです。

地理的表示を保護する法律」により、
沖縄の泡盛球磨焼酎壱岐焼酎のように
産地指定されていますので、
これはその法律施行以前のものでしょうか・・・・?!

さつま無双(株)という会社は、鹿児島県酒造協同組合の
各業者の協力により創設されたようですので、
その流通ルートを使って泡盛を販売できるよう、
沖縄の蔵元より桶売りされたものか・・・・。

e0071319_3114320.jpgそういえば、つい2,3年前某大手ビールメーカーも、
「泡盛」を発売していたような記憶が・・・・。
この場合、「製造者」と「販売者」が
それぞれ明記してありましたが・・・・。


いずれにせよ、経緯が気になる「あわもり」でした。

by syotikure | 2008-10-04 20:20 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/8702275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小久保 at 2008-10-06 04:37 x
陶器瓶のお話、楽しくよませていただきました。
みなかわいい、あったかかくなるようないれものですね。
つくっている人も、飲む人も和やかになれそうです!
後姿までよくできていますね
Commented by syotikure at 2008-10-06 21:06
>小久保さん、こんばんは。

陶器製の化粧瓶って、たしかに人を和ますものがあるように思います。
時代・地域ごとの特色が出ていて、コレクションされる方の気持ちも判ります。
いつまでも、作り続けて欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 嫁女発 ~忘れた頃に・・・~ 往年の化粧瓶-3 ~豊後編~ >>