赤霧の季節・・・・

e0071319_23362045.jpgこの焼酎の季節が、やってきました。
毎年2回、3月と10月に発売される、ご存知赤霧島です。
先週の金曜日から発売され、遅まきながら今日手に入りました。
酒屋さんの話では、30ケース(1ケース6本入り)が2日で完売した、とか、黒霧セットが既に40セット売れた、とか・・・・。

つい先日、たまたま今年の3月分も手に入ったので、せっかくだからちょっと飲み較べを・・・・。

結果から言いますと、今年の3月分が甘く、飲みやすい気がしました。
甘さと香り、こなれた飲みやすさは、下戸の嫁女もブラインドで当てるぐらいで。
昨年10月分は、えぐみというかちょっと苦さが後口に残り、今回分は、ピリピリしたアルコール感をちょっと感じ・・・・。
前回10月分を飲んだ時は、赤ワインのような香りと甘さの印象が強く、えぐみとか苦味を感じなかっただけに、ちょっと不思議な気もします。

今回は、生で飲みましたので、機会があれば、ロック、お湯割りでも飲み較べしてみようかと思っています。

ま、今から探して飲むなら、3月分?(笑。
by syotikure | 2006-10-31 23:51 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/4462981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おたぬき at 2006-11-01 00:08 x
お客様優先で恥ずかしながら今だ飲んだことがないのです。
コメントを拝読いたしまして、3月の分は自分用に是非一本キープします。
Commented by syotikure at 2006-11-01 00:48
>おたぬきさん、こんばんは。

あくまで個人的な好みですので、あまりあてにされませぬようお願い致します・・・・(笑。

度数にもよるのかもしれませんが、常圧の焼酎の場合、保存状態が味と香りに与える影響は、馬鹿に出来ないような気がします。
フーゼル油の酸化の具合が、良くも悪くも酒質に出るような気がして・・・・。
日本酒ほどシビアではないにしても、香りのよい焼酎は、開封したら早めに飲むべきなのかも・・・・。
Commented by makkun at 2006-11-01 16:34 x
11月1日 本格焼酎の日に
突然のコメント失礼いたします。
焼酎好きの仲間たちが全国で話せるSNSがあれば良いなと思い
探したのですが  見つからず結局自分で作ってみました。

昨日オープンしたばかりですのでまだまだいたらないところが
多々あるのですが宜しければ是非ご参加していただけませんか?
焼酎にまつわるお話等、お待ちいたしております。

SNS焼酎堂「焼酎〇」
http://syoutyuu-o.com/?m=pc&a=page_o_login
新規登録からお入りください。
*当然ですが入会等すべて無料です。
お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

長文におつきあい頂き、誠にありがとうございました。
Commented by You at 2006-11-02 12:23 x
「赤霧島」。私も週末に飲んでみます。^^

以上
Commented by syotikure at 2006-11-02 21:39
>makkun さん

寄らせて頂きます。
Commented by syotikure at 2006-11-02 21:45
>Youさん

今回は数が増えているようですね。
「江夏順吉」と併せ、ご進物にもってこいの
商材になるつつあるようです。
さすがは芋焼酎No1メーカー、霧島酒造です。
Commented by 通りすがり at 2006-11-04 13:28 x
「順吉」の売れは低調と思います。
今でも「赤霧島」の人気はそうとうなもの。
この「赤霧島」の人気にあやかり、「順吉」と「赤霧島」のセットで「順吉」の売り上げを狙っているのではないかなぁと思っています。
2、3年前だったら、「順吉」もすぐに完売だったかも。
最近は「赤霧島」入りのセットが多くなったのにはガッカリ。
Commented by syotikure at 2006-11-04 20:12
>通りすがりさん

赤霧人気はまだまだ凄いようですね~。
地域差はあるようですが。

「江夏順吉」は、90周年記念として、
ある意味霧島酒造の集大成なのかも。
ある酒屋さんは
「2,3年前の芋不足の時には、
在庫が無い無いの一点張りだったのに
やっぱり隠し持ってやがった」
と言われてましたが・・・・(笑。

ご進物用に丁度いいタイミングでしょうね。
各店につき1本はサービスが付くようですし。

メーカー純正のプレミア焼酎、No.1の「1」で「1万円」、
天下取り宣言とも取れます。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2006-11-05 02:58 x
おひさしぶりです。
たまたま鳥取大丸で6本発見。3本買いました。
この3本はプレゼントに。反対にこの前
いただいた分を飲みました。

同じ意見です。エグミが強くこの前のに比べ
「きめ細かい上品さとえもいわれぬ香り」が
すこし足りない感じです。

その分、出荷量も増えたんでしょうかねえ。
どういう戦略なのでしょう。
Commented by 通りすがり at 2006-11-05 10:52 x
ジョイホワイトで造った「順吉」、8年前からこの焼酎の存在は霧島酒造内で秘密とされていたって事でしょうか。(笑
霧島酒造の原料芋ジョイホワイトでの焼酎、飲んでみたいなぁ。
しかし値段が・・・(^_^;)  年末ジャンボ宝くじに期待
Commented by You at 2006-11-05 21:53 x
「赤霧島」飲みました。なんか、段々とワインの香りが落ち着いて、芋焼酎として美味しくなってきているような気がします。^^
特に、お湯割りが上品で優しくて良いですねぇ。

 「順吉」。高いから、スルーします。(笑

以上
Commented by syotikure at 2006-11-05 22:41
>HAKUDOUさん、こんばんは

出荷量が増えたのは、確かなようですね。
以前ほどの入手しにくさは、無いように思います。
プレミア化を望むメーカーと、そうでないメーカーがあると思いますが、霧島酒造の場合、後者のような気がします。
季節限定の銘柄ですので、多少の差はあるのかもしれませんね。


Commented by syotikure at 2006-11-05 22:46
>通りすがりさん

多分、社内秘だったのでしょう、ね(笑。
ジョイホワイトの焼酎というと、「一人歩き」を思い出します。
霧島酒造がどんな焼酎に仕上げたのか、ちょっと興味がありますね。
買うことはないと思いますが(笑。
価格と、芋古酒というのがちょっと・・・・ですね(笑。
Commented by syotikure at 2006-11-05 22:47
>Youさん

確かに香りが落ち着いてきたことは感じました。
お湯割り、今度試してみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 旅の忘れ物・・・・ 「ふぐの子... 快 晴 >>