琥珀ヱビスと春の夜更け 


宮崎に来ている巨人が、インフルエンザでキャンプ前倒し打ち上げと、段々春めいてきましたw
風呂上がり、何の気なしに冷蔵庫を開けたら、去年の秋に買ったまま忘れていた琥珀ヱビスが目に入り・・・・w

これは飲まんといかんな、とw


e0071319_02414862.jpgなんか季節的なものなのかw、最近飲みたくなってきますね~。

タバコは中毒だからしょうがないとしてw、音楽とアルコールについては

別に無くてもそんなに困らない方なんですが、


いい季節になる➡いい酒が飲みたくなる

いい酒を飲む➡いい音楽が聴きたくなる、いい人に会いたくなる


みたいな相関関係はありそうですw


器は、郷原さんのマグカップで・・・・。

ビールは、備前焼の器で飲むのが好きですね。



という訳で、好きな酒を飲んでいると、いい曲が聴きたくなってきますw

夜も更けてきたので、落ち着いた曲を・・・・。




酔いも回ってきたのでw、次はノリのいい曲を。



「Steely Dan や Donald Fagen の曲は、曲調が急に変わるから落ち着いて聴いてられんね」
という人もいますが、そこも魅力w、聴きどころだと思うんですけどねw、聴いてて飽きないというか。
個人的には、かゆいところに手が届く音楽、ですw


変拍子や転調といえばドリカムですがw、今流行りの言い方?wで言うと、
どうも too much なんですよね・・・・w
1曲聴いたらお腹いっぱい、って感じで・・・・w
チャゲ&飛鳥など、サビを聴いただけで「満腹」感に襲われますが・・・・w



Steely Dan は大好きでw、ドリカムが too much なのはw、
もしかしたら「歌詞」もあるかもしれませんね。
洋楽は、歌声まで「音」として聴いてますから、
インストゥルメンタル聴いてるのと一緒ですもんねw


テンポ、曲の長さ、サビが暑苦しいかどうか?wって、
かなり好みに影響していそうですw

昔の歌謡曲って、3分前後のものが多かった記憶がありますが、
実はあれぐらいの長さが、もしかしたら生理的に合ってるのかもしれませんねw
腹八分というか、もう少し聴きたいな~ぐらいが、丁度いい加減なのかもw
よっぽど聴かせどころがあったり、目新しかったり、好きな曲じゃなければ。


ギタリストのアルバムとか、好きでなミュージシャンでも、
聴いててダレてくる曲が多い気がしますw 
演ってる本人は気持ち良いんでしょうがw、
演者の気持ち良さまで分かち合えるファンやw、
演奏経験があって演者の立場で聴ける人じゃなかったら、
どうも too much 感が強いかとw


チャック・ベリーやルイ・ジョーダン等の70年代以前の洋楽も、
3分前後の曲が多かった感じがします。
もしかしたら、70年代以降のハードロックやサイケデリックぐらいから、
ギタリストが延々ギターかき鳴らしたりw、ラリッて作ったので曲が冗漫になったりしてw
長くなってきたのかもしれませんなw
ま、それ以前にはラジオの放送枠等で1曲の尺の指定があって、
それを打ち破ったのがハードロッカー達だった可能性もありますがw



漫才のナイツは、お客さんの年齢層を見てしゃべるテンポを変えたり、
ツッコミの土屋氏がリアクションの大きさを変えたりしているそうですが、
どうしたらお客さんに伝わりやすいか、楽しんでもらえるか、
年間500ステージこなしてきた経験なんでしょうね。


志ん生師匠が「寝床」のまくらで、
「昔の河東節(かとうぶし)てえものを、今我々が聴いても飽きるんだよね」
と語ってましたが、時代時代で「許容能力」ってえものもw、
変わってきてるのかもしれませんなw

志ん生師匠を聴きながら、寝ることにしますw
そういえば、落ちのフレーズの奇想天外さをw、談志師匠が称賛してましたなw




宮崎県ランキング
小さい春、みーつけた!


by syotikure | 2018-02-28 01:12 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/27107745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< GWの旅 ~ 杖立温泉 3,5... 春の夜更け >>