~ ブログテーマ わたしの好きな映画 ~


ブログ再開第2回目はw、エキサイトブログからのブログテーマ「私の好きな映画」です。
好きな映画は結構あって、すぐに思い出せないものもあるんですがw、手元にあるDVDを中心に選んでみました。
e0071319_21344986.jpg


古い順から行くと、まずはチャップリンですね。
一番最初にチャップリンの映画を観たのは小学生の頃で、NHKか何かで連日短編ものが放送されてたのを、家族で観てた記憶があります。
中でも、「モダンタイムス」「キッド」「給料日」は、何度も観てますね。
「ユーモア」「ペーソス」「ヒューマニズム」「古典」「ベタ」wと言ってしまえばそれまでなんですがw、
助演の役者も素晴らしくて、ハズレがない気がします。


次は、黒澤明監督作品です。
中でも、「七人の侍」「用心棒」「生きる」は好きですね。
七人の侍」の、志村喬演じる分別ある「侍」と、三船敏郎演じる侍になりたい「百姓」の価値観・行動原理の対比、戦闘シーンの大迫力、
斬った人間の脂で斬れなくなるのを見越して何十本も地面に突き立てた刀のリアルさ、この戦の本当の勝者は誰か?等々見応え充分です。
用心棒」は、「七人の侍」と同じく、どこか中世の「道々の輩」や「惣村」を感じさせ、居酒屋の親父を演じる「初代黄門様」東野英治郎も
いい味出していますね。
生きる」は、テーマ設定と、志村喬の演技に尽きるんじゃないでしょうか。
ただ、「赤ひげ」については、山本周五郎の原作の方が好きですねw


高倉健主演作品もいいですね。
幸福の黄色いハンカチ」「駅 STATION」「居酒屋兆治」「鉄道員(ぽっぽや)」「あなたへ」等大好きですが、
昭和残侠伝シリーズ」も捨て難い魅力がありますw
いざとなったら頼りになる義侠、いぶし銀のような渋い好漢の池辺良、びっくりするほどいい女の三田佳子
今を時めく?w津川雅彦や梅宮辰夫、松方弘樹が弟分役で出ていたりと、見所満載です。


邦画では、「男はつらいよシリーズ」も大好きですが、この1本!が決め難く・・・・w
渥美清の主演作品では、「続・拝啓天皇陛下様」も好きな映画です。
小沢正一演ずる散髪屋の王さんの台詞「うんこの善さん!」が、なぜか耳について離れませんw


X-ファイル ザ・ムービー
20代後半~30過ぎぐらいの頃、何がキッカケだったのかは分からないんですが、このシリーズにどっぷりとハマってしまいw、
しょっちゅうレンタルビデオ屋に通っていたのを覚えてますw
このTVシリーズ、オカルトものやゲテモノ?w、UFOものとして有名ですがw、特にそっち系オタクだった訳でもなく(中学生の頃、
たまに学研の「ムー」は読んでましたがw)、「政府の陰謀」シリーズが好きでしたね。
この「ザ・ムービー」は、「陰謀」シリーズの延長線上に制作されていて、初めて一人でwレイトショーを観にいった記憶がありw
子供の頃、妹を宇宙人に誘拐されたトラウマがあり、常識に囚われない思考と行動力を持つFBIきってのプロファイラー・モルダー捜査官と、
医学の博士号、物理学の学位、冷静な観察眼、論理的な思考を持つ、自他共に認めるサイエンティスト・スカリー捜査官。
この二人を、スキナー副長官や「ディ―プ・スロート」、「肺がん男」、A・クライチェック等々、魅力的で人間臭い味方や見事な敵役達wが
囲んで展開していきますが、基本は一話完結なので、時には現代社会の風刺やユーモア溢れる回、それぞれの内面に迫る回もあったりと、
充実した脚本スタッフの存在を感じさせます。
二人の、信頼しつつもストイックな関係が、作品全体にいい緊張感をもたらしているようにも感じますね。
だから、この映画のファーストキス(人工呼吸w)シーンは、拍手ものでしたw

このスカリー捜査官、実は理想の女性ですねw 
自立して、知性、教養、人間性、行動力を併せ持ち・・・・、ボヤボヤしてるとすぐ見限られそうですがw
まったくの余談ですがw、この間の忘年会の2次会、都城のバーで飲んでいて、応対してくれた「夜の飲み屋街でナンパするのが趣味」という
おねえさんとたまたまこの話をしてたら、「やと思うけど」と言われてしまいましたw


プライベート・ライアン
S・スピルバーグ監督の作品は、他に「シンドラーのリスト」も好きですね。
この映画は、戦争の悲惨さや残酷さ、国家・体制の矛盾等々を、見事に描き出しているように思います。


アバター
「ターミネーター」「タイタニック」等で有名なJ・キャメロン監督作品。
初めて観た時は、とにかく呆れるほど見事なCGに圧倒され、そのストーリーに「ただのハリウッド映画ではないな」と感心しました。
「異文化」を持つ「異形異類」の異星人と動物達が暮らす緑豊かな星へ、コストが全てに優先する「野蛮」な「資本の論理」が「侵略」を企て、
下半身麻痺を治してもらうことを条件に「傭兵」となった主人公が、特殊な先兵役を務めることになり・・・・。
以前ある本で、「戦争は経済だ」と読んだことがありますが、それが非常に分かりやすい映画でもあります。
この作品、発表時には時節柄もあって退役軍人会や、一部キリスト教団体から相当な反発があったとかで、
「世界の警察」「一神教」国家にはかなり刺激的だったようです。


最近DVDで観た映画では、「最高の人生の見つけ方」が印象深かったですね。
学生の頃「カッコーの巣の上で」を観て強烈な印象を受けたJ・ニコルソンと、「ショーシャンクの空に」「セブン」「コレクター」等、
個人的には「アメリカの志村喬」と思っているwM・フリーマンが出れば、よっぽど脚本がつまらなくない限りハズレの訳がない、
これだけの大御所がつまらん仕事をする訳がない、と思ってDVDを買いましたw
M・フリーマンには、知性、風雪に耐えた重厚さ、春風のような温かみを感じ、非常に好きな俳優ですね。
なんとなくですが、南アのネルソン・マンデラ氏が、ダブって見えてしまいます(勿論、共に直接お会いしたことはありませんがw)。

追記 
何の気なしに検索してたら、実はM・フリーマン、マンデラ大統領役を演ってるんですねw それも、マンデラ氏側からの希望で。
「インビクタス/負けざる者たち」、近々観てみたいと思います。


人気ブログランキングへ
スカパー!
冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by syotikure | 2018-01-28 00:36 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/26801237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ~ ブログテーマ わたしの好き... 2年ぶりのアップ  「エキサイ... >>