連休の旅-4 ~ 波佐見焼 ~


道雪窯を出た後、どこかで6寸ぐらいのちょっと深めの皿を買って帰ろうか、ということになり・・・・。

車を走らせていると、嫁女が道沿いで「チャイナ・オン・ザ・パーク」という看板を見つけ・・・・。
何があるんだろうと、とりあえず行ってみたところ、大きな工場の敷地内に洒落た建物があり・・・・。
深川製磁という会社で、館内の女性の話では初代社長の名前から「忠次館」と名付けられ、ギャラリーとして平成元年にオープンしたそうです。
設計家は教会をイメージしたそうで、入口の形や鉄製のドア、1Fフロア正面の暖炉など、凝った造りが随所に見られました。
e0071319_2052698.jpg

e0071319_2054237.jpg入口の前には、こんな小洒落たものもあり・・・・。


中の作品は、数千円から3ケタ・4ケタ台の大物まで多種多様・・・・。
ただ、日常でチャーハンなどをレンジで暖めるのに使えそうな皿は、ちょっと見つけられませんでした(笑。

「チャイナ・オン・ザ・パーク」を出て車を走らせていると、また嫁女が道沿いに大きな看板を見つけ、何かあるかなと小高い丘を上がっていったところ、
広い駐車場と体育館のような建物が建つ「歴史と文化の森公園」という所に迷い込み・・・・(笑。
せっかく上がってきたので(笑、そこで掃除をされていた方に、地元の人はどの辺りで食器類を買われているかうかがうと、
「地元の者はほとんど窯業に従事しているので、自分で作ったもの、勤めている窯元・会社のものを使ってますわね。
 後は、波佐見辺りで買うこともあるかな~。有田で器を買うのは、観光客ぐらいですよ。だから、土日と祝日しか開いてない店が多いですね」
ということでした。

e0071319_2061415.jpgそれから、長崎県波佐見町へ車を走らせ(といっても隣町です)、中心部のやきもの公園に隣接する「陶芸の館」を訪れました。

そこで手に入れた、波佐見焼2点です。

何故か、四寸五分の小鉢になってしまいました(笑。
嫁女の話では、鍋の取り皿やサラダボウルでも使えそうでいい、ということで・・・・。

e0071319_2063721.jpg左側の小鉢の見込みにある、スライムみたいなマークを見ながら、(愛媛の)砥部の皿にも似たようなのがあったね~と話していると、店の方?らしき年配のオジサンが、よく砥部焼に似ていると言われる人がいますが、元は波佐見や有田の職人が砥部に行って指導したんですよ、そして砥部は砥部で唐草をアレンジしてるんです、と熱く語りかけてこられ・・・・(笑。

その辺りの経緯・歴史は砥部で聞いており、砥部焼では窯ごとに見込みのマークが違っていたので、波佐見焼はどうなんだろうね?と話していたことなどを説明し、誤解を解いて頂き・・・・(笑。
職人さん上がりの方のようにも感じましたが、波佐見焼に関わる人には聞き流せないこと、また歴史は今も生きていることが、よく解った出来事でした。

帰って砥部の唐草皿と見比べると、波佐見は波佐見、砥部は砥部の唐草模様 でした。

ブログ「木のこと。緑のことば。」をされている建築設計家の小久保さんが以前書かれていた、
「総桧は、神社仏閣にはいいけれど、日常住む家ではきつい感じで疲れる気がする、日常の家に杉や松が使われてきたのには理由がある」
という意味の文章が印象に残っていて、器でも、非日常を演出するにはいいけれど、
日常生活では使いづらいもの、色んな意味で疲れるものって、やっぱりあるように思いますね。
いいなと感じられて疲れないものが、使いやすくて気持ちが良いので、ついついそればっかり使ってしまったりします(笑。

門司の備前焼窯元・陶房郷原さんの作品や、今回の唐津・隆太窯、有田・道雪窯の作品、また波佐見や砥部の伝統的な磁器が、
ケレンミがなくて素直に手と目の中に収まり、私的には疲れなくて好きですね。


人気ブログランキングへ
by syotikure | 2013-01-19 21:54 | 磁器 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/19585522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 春近し・・・・? 蛸唐草の魅力 ~ 道雪窯の作品 ~ >>