人気ブログランキング |

愛媛の旅-10 ~ 内子町 本芳賀家の鏝絵(こてえ) ~


内子町の八日町・護国の町並みの中で強く印象に残った、本芳賀(ほんはが)家の鏝絵(こてえ)をご紹介します。

木蝋で財を成したという本芳賀家、この屋敷は明治22年(1899年)に築造されたそうで、
趣向を凝らした鏝絵やなまこ壁から、当時の繁盛ぶりが伝わってきます。
e0071319_453136.jpg


人気ブログランキングへ






偶々出会ったガイドの方のお話では、この屋敷で京・大阪の得意先を招いた歓待等も行われていたようです。
e0071319_611587.jpg

e0071319_611371.jpg

おめでたい鶴亀の絵柄が多かったですね。
e0071319_6135843.jpg

この亀甲形のなまこ壁も、珍しいものなんだそうで。
e0071319_612465.jpg

こちらの鏝絵の意匠、本芳賀家の製品に付けた商標でもあるそうです。
質が高く評判の良い製品だったので、類似品が出回るようになり、対応策としてこのマークを付け差別化を図ったそうです。
背景の旭日から、当時の勢いが伝わってくるような気もします(笑。
e0071319_6153339.jpg

こちらは、凝った作りの竜。
蔵との間が狭いので、ついつい見落としがちになります、とガイドの方に教えて頂きました。
e0071319_6164363.jpg


惚れ惚れするような、左官職人の腕が冴えた作品群でした。
by syotikure | 2012-08-29 22:03 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/18746464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 愛媛の旅-11 ~ 大洲の町並み ~ 愛媛の旅-9 ~ 内子町 八日... >>