人気ブログランキング |

愛媛の旅-4 ~ 道後温泉 ~


愛媛の旅、初日の最終目的地は、宿泊地でもある松山市の道後温泉。

この「道後温泉本館」で、ゆっくり湯に浸かるのが、この旅の大きな目的の一つで・・・・。
明治27年に建てられたというこの木造三層楼の本館、現役の大衆浴場では唯一国の重要文化財に指定されていて、
ミシュランの三つ星にもランクインしているとか。
e0071319_2032894.jpg

一度ホテルにチェックインし、少し日差しが緩くなった夕方5時ぐらいから散策に出かけたんですが、玄関前には早くも人の列が・・・・(笑。


人気ブログランキングへ





e0071319_2035821.jpg屋上にある、赤いガラス窓の振鷺(しんろ)閣。

屋根の鳥は何だろうと思っていたら、道後温泉のシンボル・白鷺だそうで。
中の太鼓は、6時・12時・18時の1日3回、時を告げる為に打ち鳴らされるそうです。

e0071319_2043061.jpg

夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくることでも有名で、また宮崎駿アニメ「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったともいわれているようで・・・・。
そういわれてみれば、確かにこれだけ雰囲気のある木造建造物は、そうそう無さそうに思えます。

e0071319_204513.jpg七夕にしては時期が・・・・?と思いつつ近寄ってみると、何やらビミョーな形の短冊?が、大量にブラ下がっていて・・・・(笑。

近くの案内を読むと、「道後温泉本館」のシンボルの一つである「湯玉」をデザインした短冊で、願いごとを書いて吊るす企画のようでした。
e0071319_2051372.jpg
 
こちらはもう一つの公衆浴場「道後温泉 椿の湯」。
本館よりも入浴料が安く、地元の衆で賑わっているそうです。
e0071319_2053445.jpg

路面電車・伊予鉄道の「道後温泉駅」。
明治時代の雰囲気が漂っています。
e0071319_206317.jpg


e0071319_206265.jpg駅前の「放生園」(ほうじょうえん)という広場に立つ、「坊ちゃんカラクリ時計」。

8時~22時の間は1時間おきに、「坊ちゃん」の登場人物達や湯治の衆の人形が音楽と共に現れ、目と耳を楽しませてくれます。


その横には、無料の足湯もあり・・・・。
e0071319_2071111.jpg

この日は最高気温が34、5度あって、ちょっと足を温める気分ではありませんでしたが(笑、
見ているだけでも古い湯治場の雰囲気が伝わってきました・・・・。
by syotikure | 2012-08-22 21:25 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/18692606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keikansan at 2012-08-22 22:22
道後温泉本館前も以前は車が頻繁に行き交っていたんですよね。
現在は、通りから車両を排除したうえに、美しく生まれ変わりましたね。
私も久しぶりに訪れてみたいものです。
Commented by syotikure at 2012-08-22 23:02
keikansanさん、こんばんわ。

本館の前の道、以前は車道だったんですか、初めて知りました。
あれだけ観光の歩行者が多ければ、歩道にして正解だと思います。
界隈のアーケードへの動線も確保しやすいですしね。
ランドマークの本館等古い湯治場の面影と、大人数を収容できるホテルが共存し、いいバランスの温泉街だなと感じました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 愛媛の旅-5 ~ 道後の夜 ~ 愛媛の旅-3 ~ 八幡浜ちゃん... >>