焼酎王国宮崎の華 芋-4 「赤霧島」

e0071319_22332838.jpg今宵は「赤霧島」を。

発売3年目にして、初めて手にしました(笑。
たまたま定価で売ってたので買いましたが、なかなか美味しかったです。

生で飲んでみると、ムラサキマサリ由来か、若干普通の芋焼酎とは違う気がします。
確かに紫芋の香りがし、飲みやすく雑味が少ないですね。
下戸の嫁女は、「ワインみたいな感じもする」と言ってました。
ワインを飲みつけない身としては、よくわからないところですが(笑。

先日、車窓からDSに開店前から10人ぐらい並んでいるのを見かけ、「何事か?」と訝しがっていると、赤霧島の発売日だという事に気付きました。

前回の時は、「何本か買っとけば、インターネットとかいうヤツで高う売れるからいいげな」という噂話を耳に挟んだ程度だったのですが(笑、まさか今回、パチンコ屋の新装開店みたいに並ぶ人が出るとは(笑。それも地元都城で(笑。

白黒赤の3本セット(化粧箱入り)が出るは、黒赤抱き合わせで6千円!という抱き合わせプレミアセットは出るはで、みやこんじょはもう大騒ぎさ!(笑。


一方、宮崎市内のDSでは、1人1本限りという制限はありながら、箱積みで定価販売をやっていました(笑。
かなりの温度差、というより評価の差があったようです(笑。
店内の客も、興味無さげで(笑。

都城は、ブームが若干遅めにきたのかも(笑。

いろんな意味で、宮崎の焼酎史に残る銘柄である事は、間違い無いようです。
[PR]
by syotikure | 2005-10-27 22:37 | 焼酎・酒 | Trackback(1) | Comments(17)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/1627227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 育児/二輪/and・・・.. at 2005-12-03 08:16
タイトル : ムラサキさつまいも
紫のさつまいもをもらったので、こちらの郷土料理といわれるがね(さつまいもの天ぷら)を作ることにした。細長く切って、束にして揚げるだけです。ほんとに紫色でびっくり。ブルーベリーと同じアントシアニンが入っていて、目にいいらしい。がね=こがねいろ=黄金色ってことかと思っていたが、こちらでは蟹のことを(がに)というのでそこから来ているらしいですねえ。紫の味は少し甘みが足りなくて、普通のさつまいもの方が好きかも。でも、これを原料にした赤霧島という焼酎は非常に気になってます。人気でなかなか在庫がないとか。そうなる...... more
Commented by 赤霧島 at 2005-10-27 22:56 x
最初の「赤霧島」は宮崎県でも手にはいらず、東京ではかなりのプレミア価格がついたと聞いています。
が地方ではそれほどではないです。九州以外の他県では定価で楽々変えましたから。九州ではなぜか無い。
ワインの香りから言えば、最初の「赤霧島」はすごい。
その後の物は香りが少なくなってきたものの、味の美味さでは進化しています。
いまでもその人気はすごく、抱き合わ販売にしても、すぐに売れ切れてしまうありさまです。
Commented by ショチクレ at 2005-10-27 23:19 x
赤霧島さん、こんばんは。

赤キリって年々進化しているんですね。
それに九州と東京限定のブーム、というのも面白いです(笑。
ブーム発祥の地東京と、原産地で情報に敏感な九州。

手に入りそうで手に入らない、手に入らなそうで手に入る、そんな微妙な出荷量なのかもしれません(笑。

酒屋が確実に手に出来る商品で、自由に価格設定ができる、そんな位置なのかも。
酒類販売免許の改制で、値下げ合戦が激しい酒屋さんにとって、ちょっとは利益が取れる商品なのかもしれません。
Commented by 赤霧島 at 2005-10-28 00:21 x
霧島酒造さんは、大手のコンビニにも活路を見いだしていて、なかなか先見の目があると思います。
コンビニでは値下げはありません。
がスーパーは薄利多売の世界、焼酎もその一角。
横のつながりの薄さを感じます。
「赤霧島」・・たしかに確実に利益が取れる商品かもしれませんね。
もっと大きいのは「霧島」のブランドかも。

Commented by ショチクレ at 2005-10-28 00:55 x
赤霧島さん、後は販売形態でしょうね~。
都城の場合、レギュラーの売上に比例した割り当て、という話を聞いたことがあります。他所は知りませんが。

去年、三和・雲海などに次いで全国第3位か4位の石高だと云われる、大酒造メーカー「霧島」の、期間限定品。
バランスが需要過多になったのは、東京の影響でしょうね。
Commented by 赤霧島 at 2005-10-28 01:32 x
乙類焼酎で日本一の出荷量は三和酒造、雲海酒造は2番目かもしれませんね。芋焼酎の出荷量日本一は霧島酒造です。
割り当て・・よく聞きますが、スーパーは霧島製品の売り上げが多いはずですが、まったくありません。(関係者が横取りしているのかなぁ)
近くの大手コンビニで予約して手に入ります。(それも運良く)
「赤霧島」は宮崎県内よりも県外、それも大都会とはいえない所に大量にあるようです。
綾町酒泉の杜にある「日向木挽き紫芋造り」は美味い。

Commented by tatinomi1 at 2005-10-28 07:07
「赤霧島」去年、5本ほど手にいりました。すべて通常価格で。それも、出張先の山陰は浜田のスーパーで。売れ残ったように3本鎮座。

興奮して、この3本を持ってそのまま帰りたいくらいでした。我慢ならず宿で一杯。かぐわしい香り、霧島らしいあじわい。すっかりトリコ。

それから、驚くなかれ、家の近所の小さなコンビに出2本。

目を更にして、探そう。かなあ。
Commented by You at 2005-10-28 12:15 x
 「赤霧島」。酒屋に無くて、デパートやコンビニある不思議な焼酎。九州で入手できず、九州以外で容易に入手出来る不思議な焼酎。これも蔵の戦略でしょうか?
 たしかに最初の一本は、香りがもろワインでした。ただし、肝心の味がイマイチでした。しかし、2年目は、香りは落ち着きましたが、味が向上していました。
 私的には、その年の一本を飲んで味を確認し、皆と談義出来れば良いかなぁ?って思っています。
 今年は、麹に何を使用しているのでしょうか?

以上
Commented by yaku at 2005-10-28 22:21 x
私は名古屋ですが、前回酒屋に無くてスーパーに沢山あり、不思議に思いました。
明日、そのスーパーに行ってみようかな。
Commented by 赤霧島 at 2005-10-28 23:28 x
宮崎、鹿児島の酒店で、「赤霧島」を見かけるようになりました。
少し前から「赤霧島」の出荷が本格化?
Commented by おたぬき(おやめいけ) at 2005-10-29 08:25 x
酒販店では、少ない入荷量を料飲店やお得意様に声をかけて完売ですので店頭にはほとんど並ばないです。それゆえスーパーの棚によく並んでいるようです。未だに飲んだことがないのですけれど・・
Commented by おたぬき at 2005-10-29 09:33 x
追記:昨日の朝日新聞で宮崎の酒屋で赤霧島などプレミアム焼酎を盗んだ犯人が捕まったと載っていました。
Commented by ショチクレ at 2005-10-29 21:15 x
みなさん、レスが遅くなってすいません。
いつの間にか、BBS状態になってました(笑。

HAKUDOUさん、こんばんは。
旬の「赤キリ」、お楽しみください。
年々味わいが良くなってきているとの事です。
なんだかこれから、季語になるやもしれません(笑。

Youさん、こんばんは。
蔵か卸屋の戦略でしょうか。
地域によって差があるところをみると、実は卸屋かもしれません。
業界に詳しくないので、よく判りません(笑。
早く落ち着いて、レギュラー化とはいかないまでも、季節の風物詩ぐらいになってもらいたいですね。
麹の事は耳に挟んでいませんが、年々「新化」しているところをみると、創意工夫があるのでしょうね。
Commented by ショチクレ at 2005-10-29 21:16 x
yakuさん、こんばんは。
おたぬき(おやめいけ)さんが、ありがたいことに酒屋さんを代表されてお答え頂いています。
スーパーは固定客がいないので、一般市場に出やすいようですね。

赤霧島さん、こんばんは。
宮崎市内は落ち着きつつあるようですね。
あるいは、出荷量が増えたのかもしれませんが。
あるDSが倒産して、その分一軒あたりの割当量がふえたのかも。

おたぬき(おやめいけ)さん、こんばんは。
貴重な情報、ありがとうございます。
そちらで、どれぐらいの量が流通しているのか想像もつきませんが、早く落ち着いて欲しいですね。
過度のプレミア化で、酒屋さんも大変ですね。セキュリティー会社が、営業しやすくなるかもしれません(笑。
Commented by ayayan44 at 2005-12-03 08:26
はじめまして。
赤霧島はまだ飲んだことがないのですが、
機会があったら(お店にあったら)飲んでみたいんですよね。
記事をトラックバックさせていただきました。
Commented by syotikure at 2005-12-04 21:43
>ayayan44さん
トラックバックありがとうございます。
赤霧島、去年に比べたら、結構出回ってますね。
宮崎市内にお住まいでしたら、次回発売の時には、ダイ○ックスあたりが狙い目かもしれません。
Commented by うえ@通販日記 at 2011-11-24 13:09 x
まず驚いたのが、赤霧ってずっと昔からあるものだと思ってました。^^;
私の赤霧との出会いは宮崎出張時で、
県庁近くの物産館で見かけたのが最初です。
柔らかな甘さが秀逸の焼酎ですよね。
東京では滅多に見かけませんが、コンビニで発見する事もありました。

宮崎、また行きたいです。^^
Commented by syotikure at 2011-11-24 21:48
うえ@通販日記さん、こんばんは。

赤霧島、最近は大分手に入れやすくなってきたように感じます。
今春から一升瓶が発売され、また最近はTVCMも見かけるようになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ノックの音が・・・ 霧島山麓の風景 その3 >>