7年目


夕方、夫婦で食事に出かけたところ、西の空がご覧のような光景で・・・・。
どういった加減でこうなるのか知りませんが、なかなかに見応えのある夕陽でした。

e0071319_22205795.jpg

今日は、あの9.11から丁度10年。
10年前、都城駅前の居酒屋で同僚達と飲んでいると、カウンター内のTVの画面が急に切り替わり、
故・筑紫哲也氏が緊張した面持ちで状況を伝えていたことを覚えています。
何故こうなったのかよく意味が解らず、とにかくとんでもないことが起こってしまった、というインパクトだけが強烈でした・・・・。

そして今日は、3.11から丁度半年。
今日もTVで色々とやっていましたが、生死を分けた境目は、危機意識を持って避難出来たか、そうでなければ運次第、のように見えました。
画像で自然の強烈な力を見せつけられて感じたのは、「自分で作り出したもの」さえコントロール出来ないのだから、
自分達の力の程と自分達がしてきたことを直視し、「過去からの警告」にも耳を貸し、謙虚に自然と向き合う必要性でした。

そして、このブログも明日で7年目に入ります。
「季と機と、気のまま」どうにかこうにか、続けてこれました(笑。 
またこれからも、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 都城情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2011-09-11 23:40 | 自然 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/15418289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keikansan at 2011-09-12 22:06
こんな夕空は珍しいですね。滅多にお目にかかれませんね。
あれから10年ですか、早いものですね。最初は何が起こったかわからず、ただただ煙を上げているビルを眺めていたそんな感じでした。
震災からもちょうど半年ですね。
どちらも2度と同じような出来事は起きてほしくないものです。
Commented by syotikure at 2011-09-12 23:45
keikansanさん、こんばんは。

一度だけ朝日で見たことがありますが、なかなか珍しい光景でした。
何か良い兆しだといいのですが(笑。

本当に時の流れるのは早いもので、あっという間の10年という感じです。

先日清武に帰省した際、丁度北側にひと山越えた辺りの古城でも、
昔津波に襲われた記録があることが話題になっていました。
津波は川をさかのぼってきたようで、清武川のように比較的河川敷周辺が広くて遊水地になり得るような場所が少ないことが原因のようです。
テロについては差し迫ったものは感じませんが、地震についてはいつどこであるか判らないので、現実感があります。
Commented by おたぬき at 2011-09-23 01:44 x
自然に対して人間の非力さを痛感します。
現在、奈良の図書館でイトカワのカプセル展示中です。
人間の叡智も素晴らしいです。
ヤフーブログで旧・万年ラベルを見つけて7年!早いですね。
Commented by syotikure at 2011-09-25 02:19
おたぬきさん、こんばんは。

原発については、最悪の場合の「事後補償」までコスト計算すれば、
素人考えでも「合わない」と判るんですが・・・・。
自然と折り合いを付けながら、というより、住ませてもらってる、という謙虚さが必要のように感じます。

先日のニュースで、従来の太陽電池よりも太陽光の吸収率が100倍高く、またコストも相当安く済む(1,000分の1ぐらいが目標とか)GFという素材を岡山大学大学院が開発中で、2013年度の実用化を目指しているようです。
こういうニュースを見ると、人間の叡智も捨てたもんじゃないな~と思います。

お陰様で7年目に入りました。
またこれからもよろしくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 連休の旅―1  ~ 安全食堂 ~ 性格診断をやってみる >>