そして恒例・・・・


那覇空港で見かけた、旧カラーの全日空機。
子供の頃に見たB-727や707を思い出しました。
e0071319_2046871.jpg


さて恒例の、今回の旅のお土産です(笑。


人気ブログランキングへ





e0071319_20463540.jpg左から、「國華 43度」
「東大」で偶々隣り合わせた「江戸っ子」のイチ押し銘柄でしたので、一度飲んでみようかという気になりました。
帰ってから気付いたんですが、確か何年か前に古酒を手に入れていたような・・・・(笑。そのままどこかに仕舞い込んでいるのかもしれません・・・・(笑。併せて飲んでみたいと思います。

真ん中は「老麹(ひねこうじ)山水仕込 粗濾過(あらろか)松藤」
一昨年ぐらいに黒糖酵母を使用した「松藤」を飲んで美味かった記憶があり、こちらも期待大です。

右は「守禮 5年古酒」
「守禮」は一度も飲んだことがありませんが、平成22年度泡盛品評会で優等賞受賞ということだったので、「持ち回り」じゃなければ大外れはないかと思い・・・・(笑。


e0071319_20471117.jpgこちらは、読谷村にある読谷山焼北窯の松田共司氏の作品、5寸皿です。
茶と紺の釉薬が、沖縄のやちむんらしくシンプルでいいな、と思い手に入れました。


e0071319_20473924.jpg最後は「琉神マブヤー ザ・黒糖」です(笑。
以前ポスターで見かけた時には、ヒーローはマブヤー1人だったように記憶していましたが、龍神ガナシーという仲間が加わったようです。

黒糖を包んでいる小袋には各キャラクターのプロフィールがあって、これがなかなか面白かったです。

例えば主人公「琉神マブヤー」は、
「ニライカナイからやってきた魂の戦士 叶(カナイ)22歳、ヤチムン見習い中。沖縄は好きだが文化や風習、ウチナーグチに詳しいわけではないし、三線も弾けない。性格は思い込みが激しくお調子者。諦めも早い。特技は空手とカチャーシー。犬が嫌い。」
とあり(笑。ちなみに「ヤチムン」は陶芸、「ウチナーグチ」は沖縄弁のことです。
ウィキペディアによると、叶がマブイグミ(沖縄の民間呪術で、落っこちた魂《マブイ》を戻すとされる儀式)されたことによって叶の中に琉神マブヤーが宿ったという設定で、人格は叶のままマブヤーに変身できるが、自分がマブヤーであることに戸惑ってもいるようです。

「龍神ガナシー」の方は、
「どんな悪者でもチブル(頭)を冷やせば分かり合えるという思いが沖縄トラフ(沖縄で最も深い海域)よりも深い」
とありました。


e0071319_2048681.jpgこの兄弟(ちなみにガナシーが兄、マブヤーが弟)それぞれの必殺技は、

「ティーダヤーチュー」(直訳で「太陽」の「お仕置き」、ティーダの力で繰り出す6000度のお仕置きだ!)
「スーパーメーゴーサー」(メーゴーサーは直訳すると「ゲンコツ」)
「ドラゴンメーゴーサー」(龍神のパワーを拳に宿らせた、すごいメーゴーサー!)
「カンナイヤーチュー」(雷の威力で撃つという、画期的な電気衝撃のお灸!)

などで、メーゴーサー(ゲンコツ)やヤーチュー(お仕置き)など、平和的・教育的な感じが伝わってきて、何やら好感が持てます(笑。
他にも「ゴーヤーヌンチャク」(相手を健康にしながら戦うことができる)など、一味違うヒーロー像を演出しています(笑。

「鳳神カナミ―」というキャラクターのカードも入っていました(写真左)。
この「鳳神カナミ―」、「強いといわれる沖縄の女性の基礎を築いた勇者」で、「強さだけではなく母なる愛にあふれ、受け継がれてきたその力は『アンマーパワー』と呼ばれる」そうで、「超キモが座っていてめったなことでは驚かない」そうです(笑。ちなみに「アンマー」とはお母さんのことです。

「悪の軍団マジムン」の各キャラクターについても、何か憎めなかったり、「環境を壊し、仲間の生活の場を奪った人間を激しく恨んでいる」など、
沖縄出身の脚本家・金城哲夫氏の作品、ウルトラセブン「ノンマルトの使者」を連想させるものもあります。
また登場キャラクターのうち3人(マブヤー、ガナシー、オニヒトデ―ビル)までが、幼い頃に拾われて育てられたという設定になっており、
この辺りにも何か背景がありそうです。 

我が宮崎のご当地ヒーロー「ヒムカイザー」にも、マブヤーに負けないような宮崎色豊かなキャラ設定やストーリーを期待したいものです。
[PR]
by syotikure | 2011-08-08 21:42 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/15247477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2011-08-10 23:35 x
お久しぶりです
沖縄、マニアックな素敵な行程ですね。
龍神マブヤー大人気ですが、完全沖縄オリジナル。
素晴らしい人気です。

泡盛、崎山酒造廠の「松藤」無ろ過は最高ですね!
Commented by syotikure at 2011-08-10 23:47
HAKUDOUさん、こんばんは。

今回の沖縄旅行は今までにない趣向でした(笑。
マリンスポーツもやってみたいのですが、夫婦で20数キロ減量してから、でしょうか(笑。
琉神マブヤー、なかなかのご当地ヒーローだと思います。すっかりファンになってしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 経年変化  ~ 咲元 古酒 ~ 沖縄旅行―4  ~ 「波人」そ... >>