夏の旅―5 ~ 倉敷 本町通り・東町 ~


旧往還にあたる本町通りは、時間が遅かったせいかあまりお土産屋さんも目に付かず、
歴史と今の生活が感じられました。
e0071319_2232253.jpg

井上家住宅。
倉敷美観地区最古の町屋で、重文に指定されているようです。
2階の倉敷窓全てに、漆喰仕上げの防火用土扉が付いているのが特徴です。
e0071319_22322429.jpg

見るからに年季の入った、森田酒造場という造り酒屋。
「萬年雪」という銘柄の看板も、いい感じでした。
e0071319_22332489.jpg

隣の、大正時代の倉庫を改装したという「平翠軒」という店の2階にも、鏝絵らしき「萬年雪」の文字が・・・・。
木製の窓枠も、いい感じでした・・・・。
e0071319_22335724.jpg


e0071319_22325031.jpg通りの民家の軒先に、月当番の木札がぶら下がり・・・・。

歴史の街並みで、今も続く生活が垣間見えました。



旅行・温泉
[PR]
by syotikure | 2010-08-09 22:42 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/13069098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 郷原 at 2010-08-10 20:26 x
こんばんは。
ショチクレさん、フットワークかるかるですね~!(^^)!とても2泊3日の旅とは思えません・・・。しかも中身濃いですよね。私たち備前にいた時でも倉敷ちょろちょろしか探索してなかったですもん。御見それいたしました<(_ _)>
Commented by syotikure at 2010-08-10 21:23
郷原さん、こんばんは。

結構な強行軍ではありました、確かに(笑。
どうしても、「折角来たんだから」という意識が強くなり、
毎回同じ感じのような気もします(笑。

備前編、今日からアップしますね~(笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 夏の旅―6 ~ 備前市伊部 ~ 夏の旅―4 ~ 倉敷川河畔の街... >>