冬の風物詩 ~ 干し大根 ~

年末以降、暖冬・・・・って?と思わせる冷え込みが続いていますが、
明日あたりから一段落しそうな雰囲気で・・・・。

正月に帰省した折、久しぶりに近所をぶらぶらしていると、
畑の中に組まれた櫓に、漬物用の干し大根が鈴なり・・・・。

e0071319_230321.jpg

この他に、千切りにした大根を斜めに立てかけた簾に広げて干している光景も、
この季節の清武町や旧田野町(現宮崎市)ではよく見かけます。

おでん鍋の中で出汁が染み込んだ輪切りや、漬物にした葉っぱも好物ですが、
地元で「霧島おろし」と呼ばれる、西からの冷たく乾いた強風に吹きさらされ、
大根をより一層滋味豊かにしてくれているように思います・・・・。
[PR]
by syotikure | 2010-01-09 00:36 | 道端 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/11927206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 笹 一角 at 2010-01-10 06:44 x
これはこれは見事な仕事ですね。大根は日本人と切り離せない野菜であることをつくづく思います。
Commented by syotikure at 2010-01-10 13:02
>笹さん、こんにちは

和食には、大根のうま味を引き出す調理法が多いように思います。
この季節は特にそう思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 積雪 謹賀新年 >>