上野焼 ~ 高田窯と渡窯 ~ 

最近、何やら焼きものづいているような気がします・・・・(笑。
一度凝り始めると、とことん行ってしまうのがB型の性格、
と巷間まことしやかに云われているようで、
それじゃあしょうがないわな、と開き直ってみたりもし・・・・(笑。
10月29日にアップした「唐津三昧」、大雑把だったので分けて再度アップしてみました。

ということで(笑、少し前に窯元を訪れて手に入れた、上野(あがの)焼をご紹介・・・・。

左から、高田窯のビールカップ2種(鉄釉・藁釉)と、渡窯のぐい呑みです。
e0071319_173231.jpg


e0071319_192132.jpgこの高田窯は、小笠原宗家の御指定窯元で、茶器をメインに作陶されているようです。
去年はこちらで鉄釉のぐい呑みを買い求め、この時はこのビールカップが目に留まり・・・・。

窯の方のお話では、無釉焼き締めのビールカップを以前作っていたら、それを愛用されている女性のお客さんから、
「無釉の焼き締めカップは、口紅が付くとなかなか落ちないので、口縁部だけ釉の付いたカップがあるといいですね」
というご要望があり、今回いくつか作られたそうです。

鉄釉・藁釉それぞれ甲乙付け難く、二つ共手に入れてしまいました。
焼酎のお湯割カップとしてもいいです。


e0071319_195889.jpgこちらは、上野焼十一代・渡久兵衛さんの息子さんである仁さんの作品、枇杷色がきれいなぐい呑みの糸底です。

渡久兵衛さんにお話を伺ったところ、この渡窯は上野焼の祖である李朝陶工・尊楷の四男が始まりだそうで、古唐津そのものといった器を伝統的に焼かれているそうです。

藩窯の伝統が、このカチッとした形に顕れているような気もしました・・・・。
[PR]
by syotikure | 2009-11-30 02:17 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/11682494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 櫁柑山の登り窯 ~ 村山健太郎 ~ 帰り道・・・・ ~ 一の瀬焼 ... >>