赤い秋 ~ 琥珀エビス & ちくご胡坐「金太郎ラベル」 ~

最近なんだか、暖かく・・・・(笑。
「暖の戻り」という言葉は聞いた事ないですが、なんだかそんな感じがし。

風呂上り、久しぶりにビールが飲みたくなり、
先頃までの寒さで買っていたことをすっかり忘れていた、琥珀エビスを飲むことに・・・・。

e0071319_23343181.jpg9月の連休、門司港の旧大阪商船の建物内で見かけて以来気になっていて、最近縁あって手に入れた、陶房 郷原さんの備前焼に注いでみました。
以前何かで読んだとおり、なかなか泡が消えずに、いわゆる缶ビールの「金臭さ」も消え味がまろやかになったような・・・・。焼き締め陶の器が好まれる、理由の中の一つだと思われます。

窓を開け、かすかに聞こえてくる虫の音をBGMに、芳醇な味わいを楽しみながら読むアテは、池波正太郎著「青春わすれもの」。
池波氏の「職人気質」を節々に感じさせ、なかなか真似の出来ない粋な半生を振り返った自伝です。

なにやら、贅沢ささえ感じてきました・・・・。


e0071319_23333618.jpg35缶1本開けて、どうも飲み足りない感じがしてきたので(笑、次に開けてみたのは福岡は久留米の酒蔵、池亀酒造製のちくご胡坐(あぐら)「金太郎ラベル」。
普通のちくご胡坐とどう製法が違うのか知りませんが、雑味が少なくスムースで、常圧麦らしい苦旨みと程好い甘みのバランスがなかなか・・・・、美味いです・・・・。

備前焼の器との相性も良さそうで、なんだか知らないですが、満足してしまいます・・・・(笑。



琥珀エビスと備前焼の窯変、そして「柳川凧」の金太郎のラベルに私の顔と(笑、赤尽くしの夜となりました・・・・。
[PR]
by syotikure | 2009-11-10 00:50 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/11547409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 郷原 at 2009-11-12 16:57 x
美味しそうです。エビスも金太郎さんも・・・(^_^)vお酒のお伴にしていただき嬉しいです。
Commented by syotikure at 2009-11-12 23:46
郷原さん、こんばんは。

先日はお世話になりました。
お陰さまで、備前焼の見方が深まったように感じています。
備前焼の知識と、作陶される方の思いを知り、
「パッと見の印象」にどれぐらい影響が出るか、自分でも楽しみです。

「美意識と教養は比例する」ともいいますので、
知識のみでなく教養を深める必要性も痛感しております・・・・(笑。

豊かな器で飲むことが出来て
今回はより一層楽しめました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小品盆栽と山野草展 霧島秋まつり >>