連休―1 ~ 門司港へ ~

今回の連休、世の中では「シルバーウィーク」とも呼ばれているようで・・・・。
「敬老の日」が入っているからだそうですが、
「金」の次は「銀」ねえ・・・・、と思っていましたら
得意先などでは意外に定着している様子でした・・・・(笑。

私ら夫婦、1泊2日の小旅行に行ってきました。
都城を朝出て、途中多少の渋滞はありましたが、無事お昼過ぎに門司に到着・・・・。

e0071319_1927196.jpg

左のレンガ作りの建物は旧門司税関、右の高層ビルは故黒川紀章氏設計の「レトロハイマート」というマンションで、
31階に展望室があるようです。
奥に見えるのが、関門大橋。
関門トンネルが工事の為不通になっていて、
九州~本州間の陸路はこの関門大橋1本のみ、なかなかの渋滞のようでした。

最初に入ったのは、港内にある港ハウスという所。
どこのSAも車が満杯で、2時過ぎだというのにお昼にありつけていなかったのでした・・・・(笑。
e0071319_20255424.jpg

今回の門司旅行の目的の一つ(笑、名物 焼きカレー・・・・。
以前仕事で泊った門司のホテルで食べた時にはドリア風でしたが、
こちらのモノは鉄鍋に入って出てきました。
オーブンで焼いたカレーと、とろけたチーズがなかなか香ばしく、
チーズの下にあった生卵と混ぜ合わせると、またまろやかで美味でした・・・・。

確か神奈川県の横須賀もカレーが有名だったように記憶していますが、
古い貿易港にはカレーが付きものなのでしょうか・・・・。





e0071319_2194740.jpg快晴の秋空のもと、絶好の行楽日和・・・・。
日なたでは、半袖でも暑いぐらい・・・・。

ブルーウィングもじ、という名前の付いたこの橋、


e0071319_2111151.jpg1日に6回開閉するそうです。

普段なかなか目に出来ない、港の風情ある光景・・・・。


e0071319_22211818.jpg連休とイベントもあって、出店が並びかなりの人出・・・・。

そんな人混みの中、左のガス灯脇の「めかり饅頭」を、うちの嫁女はしっかりと・・・・(笑。
後で私も頂きましたが、黒餡白餡二種類の小さな饅頭で、なかなか美味しかったです・・・・(笑。


e0071319_22223463.jpg「愛と正義の使者 バナナマン」も、人混みの中仁王立ち・・・・(笑。

なにゆえ門司でバナナなのか不思議でしたが、
後でパンフレットなどを見てみると、
実はこの門司港、「バナナの叩き売り」発祥の地なんだそうで・・・・。

明治後期から大正・昭和初期にかけて、
この門司港には台湾バナナが大量に陸揚げされたそうで、
ここで北九州のテキヤ文化と出会い、
「叩き売り」という販売形態が全国に伝播していったようです・・・・。

それを知ってみると、このバナナマンも、なかなかいなせに見えてきます・・・・(笑。
[PR]
by syotikure | 2009-09-22 19:16 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/11192755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 連休―2 ~ 門司港レトロ ~ 初秋 >>