客を選ぶ 客が選ぶ

8年前、「自民党をぶっ壊す!」と叫んだのは小泉元首相でしたが、今回、ついに口約が実現しました。
「小泉劇場、これにて閉演!」といったところでしょうか(笑。
昨夜は無事に跡目を5代目に襲名させ、ご満悦の表情であっけらかんとプレスリーばりのVサインだったかのも・・・・(笑。

e0071319_21494781.jpg4年前までは、内輪で主役と悪役を割り振って「判りやすい勧善懲悪」を演じ、アメリカ帰りの「翻訳ライター」などまで「舞台」に上げ、目先を変えてしのいで来たJ座

しかし、50年余の歴史の長さの弊害か、「歴代座長」「一座の実力者」達の威勢だけはいい世襲役者がなんや増えてきて(笑、意味や背景を考えぬ「とにかく伝統なんだから有り難がれ」のみの「演目」や、昔から「伝統的」に世話になっている「タニマチ」筋のみ受ける演目、開演中にもかかわらず座長二代に渡っての「放り投げ途中閉演」等々に一般客がすっかり呆れていたところ、元座長が名うての興行師というM座が台頭し、なかなか一般受けの良さそうな演目で客を呼び、すっかりお客の減ったJ座は中央の劇場を追われてしまいました。

祖父や父が積み立てた「役者年金」がある世襲役者や、ドサ回りすれば地方に「固定客」のいるベテラン役者達だけはなんとか食っていけるものの、「年金」や「固定客」の無い大部屋の若い衆、前回の興行で呼んだ「落下傘役者」達は・・・・・・。
さて、世襲役者や元座長、ジイサン役者だらけになったJ座、次に中央の舞台に立てるのは、はたして・・・・。


昨日、歴史的圧勝を収めた民主党。
次回選挙までにマニュフェストをどこまで実現できるか、またより良いものに練り直せるか、真価が問われるところです。
求めるものは、結果。

田舎の味わいを持つ、延岡は行縢産のひでじビールを飲んでいたら、たまたまTVの街頭インタビューで
「自分たちが変えようとすれば、変えることが出来る、という事を実感出来たことが大きいですね」
との言葉を聞き、いいアテになりました。
[PR]
by syotikure | 2009-08-31 20:44 | 道端 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://syotikure.exblog.jp/tb/11016063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 初秋 郷土 「トヨノカゼ」 >>