タグ:泡盛 ( 14 ) タグの人気記事

経年変化  ~ 咲元 古酒 ~


先日、偶々TVをつけたら、対談番組に細野晴臣氏が出ていて、その対談の中の一言一言が、なかなか印象深く・・・・(うろ覚えですが 笑)。


「最近、昔の曲を演奏するのが楽しくてしょうがない。人からも、YMOの曲を演っていて、昔より今の方が楽しそうに見える、と言われた」

「こんなリズムは初めてだろう、どうだ!と思っていると、大概昔誰かが演っている(笑。そういう意味で謙虚になってくるね」

「50(歳)ぐらいまでは生臭かったけど(笑、60になったら昔やってたことが自然に熟成というか『経年変化』して、良い形になってきた。
 使い込んで磨かれた道具みたいな感じかな。
 ただ、その時その時楽しみながらベストを尽くしてないと、それなりのものにしかならないと思う」

「自分も少しは何か出来たかな(笑 というぐらいやって、次の世代に引き継ぐ。そういうもんじゃないかな」

「今の日本には『いい爺さん』が見当たらない。昔は長屋のご隠居や親方などたくさんいたはずだけど。
 いい若者を育てようと思うなら、まずは『いい爺さん』を育てるのが先じゃないかな(笑」


e0071319_22354699.jpg経年変化でフト気が付いたんですが、私に泡盛古酒の美味しさを教えてくれて、大袈裟に言えば焼酎への道筋を付けてくれた「咲元 古酒」、ここ何年か仕次ぎをしてこなかったような・・・・(笑。

慌てて押入れから引っ張り出して、仕次ぎ用の少し若い古酒を注ぎ足す前に、陶房郷原さんのフリーカップ にちょっと注いで、とりあえずは試飲を・・・・。
量が量なのでどんげかね~と思っていたら、壺の内側に釉薬がかかっているせいかさほど「天使」が飲んだ感じもなく、変質や移り香がある感じでもなく、とりあえず安心しました(笑。
味は、古酒らしいまったりとコクのある甘さで、相変わらずの美味さでした・・・・。

今回は酒の強さに助けられた形で、ある意味「その時その時楽しみながらベストを尽くす」ことにも気付かされた次第です・・・・。
私の場合、泡盛の仕次ぎだけに限りませんが・・・・(笑。
ある程度歳をとってくると(笑、生活パターンが決まってきて(生活に追われて 笑)その日常の中で惰性や倦怠が生まれたり、
要領を覚えて楽をしがちになったりで、なかなかではあります・・・・(笑。
多分、細野氏の言う「楽しみながら」というところがキモなのかもしれません。
どうせなら、「いい爺さん」を目指したいものです。 


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2011-09-05 23:03 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)

そして恒例・・・・


那覇空港で見かけた、旧カラーの全日空機。
子供の頃に見たB-727や707を思い出しました。
e0071319_2046871.jpg


さて恒例の、今回の旅のお土産です(笑。


人気ブログランキングへ

More 恒例の、旅のお土産コーナー・・・・(笑 ( つづく )
[PR]
by syotikure | 2011-08-08 21:42 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

そして恒例・・・・

下の写真は、糸満市の琉球ガラス村で見かけたガラス製タイル。
盛夏の日差しが水色のガラスを透過し、非常に鮮やかに、また涼しげに見え・・・・。

e0071319_21284186.jpg


さて、今回の旅の総括を・・・・(笑。

e0071319_21271667.jpg琉球ガラス村で手に入れた、ぐい呑み。

沖縄の職人さんがベトナムに出かけ技術指導しているそうで、これはそのベトナム工場製。
まだ本体が熱いうちに貼り付けたらしい数種類の色ガラスが、完全に溶けずに多少の「塊り」を残していて、それがまたなんともいいです・・・・。


e0071319_16192738.jpg泡盛と古酒2本・・・・。
時雨國華古酒玉の露古酒です。

この時雨は、黒糖から分離開発された酵母[5-15]を使用し香り豊かに仕上げてあるそうで、普通の時雨とどう違うのか、今から飲むのが楽しみです。

國華古酒は、津嘉山酒造所が久しぶりに発売した古酒。
甕で3年貯蔵すると甕ごとに個性が出てくるそうで、一瓶ごとに甕番号が入っています。
ちなみに私のものは、甕番号23号です。

玉の露古酒は、石垣島で夫婦お二人で作られていて、4、5年ぶりに発売された古酒です。


今回の旅はあまり物欲が無く(笑、TシャツもHABUBOXとアウトレットモールあしびなーで手に入れた3枚のみ・・・・。
ま、ポッカのサンピン茶パックだけは、別枠でお土産に買い込んでいましたが・・・・(笑。
[PR]
by syotikure | 2009-08-02 20:52 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~バレンタインと久米仙~

e0071319_21341980.jpg
今日はバレンタインデー。
今年は某ホテルの物と、先日テレビで紹介されていた「泡盛ボンボン」の2品をチョイス。
お店で見かけて表示を見ると、学生時代に全盛だった「久米仙グリーンボトル」が使われているとのこと。
ミーハー気分に懐かしさが加わって、ついつい購入してしまいました。(笑)
1つもらって食べてみましたが、味を思い出せないほど昔だったことに気づいただけでした。(T-T)
[PR]
by syotikure | 2009-02-14 22:38 | 他郷の食 | Trackback | Comments(0)

秋の気配・・・・ 「赤の松藤」

e0071319_23485386.jpg最近、朝晩涼しくなり、過ごしやすくなってきたように感じます。
北京五輪も終わり、八月とはいえ二十四節気の「処暑」を過ぎ、秋の気配がそろそろと・・・・。

こんな晩は、ゆっくり何か飲みたいな、と・・・・。
先月の沖縄旅行のお土産、「赤の松藤」を・・・・。
甘い香気を生む「黒糖酵母」、通常は約50時間のところを三日間かけて作る「三日麹」(深いコクを生むと蔵元がいう)の全麹仕込みと、なかなか凝った作りのようです。

沖縄では珍しいと言われる軟水で仕込んだ、崎山酒造廠製のこの泡盛、開封してみると泡盛というより黒糖焼酎に近い香りが漂い・・・・。
生で飲んでみると、非常に濃厚でなおかつ滑らかな甘い風味が口の中に広がり・・・・。新酒でも、なかなかのゴージャス感・・・・。
ロックにしてみると、通常の泡盛に感じる米のコクが出てきて、個人的にはこれぐらいのバランスが好みかなと・・・・。

食中酒というより、ただこれだけを味わうべき泡盛、といった感じです。
何年か寝かせた時、この香りとコクのバランスがどう変化するか・・・・。
古酒にしても、なかなか面白いような気がしました・・・・。
[PR]
by syotikure | 2008-08-26 00:50 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(0)

そして恒例・・・・

毎回毎回ですみませんが、記録の意味も込めて、今回の旅のお土産です・・・・(笑。

国際通りの「ちくてん」という店で手に入れた、三線のエエ四(クンクンシー)楽譜とバチ。
昨年の暮れあたりから、忙しさに紛れてすっかり三線と疎遠になり、
ここらで新しい楽譜とバチを手に入れ、心機一転練習しようかと・・・・(笑。

三線は、ゆたーっと泡盛を飲みながら爪弾くもので、
しゃかりきになって練習するイメージはないですが、
それなりに手にする機会を増やさないと、
やっぱり上手くはならないのが道理というもので・・・・(笑。
e0071319_222591.jpg


そして勿論、「三線の友」泡盛もお土産に・・・・。
e0071319_2223276.jpg

同名の蔵元の通常市販品中最古酒である「北谷長老 限定古酒」、
親子二人で作られているという神谷酒造の「熟成古酒 南光」、
「黒糖酵母」を使用した「赤松藤」、
沖縄県内限定発売の「瑞泉 イエローラベル」・・・・。

それぞれ、旅行前から狙っていた古酒と泡盛たち・・・・。

「ゴルフは、何故1ラウンド18ホールになったか?
 それは、18ホール目で丁度スコッチが切れたから・・・・」
みたいな話ではありませんが、
この4本を味わい尽くした頃には、
三線の腕もちょっとはそれなりに・・・・なっている・・・・はず・・・・(笑。
[PR]
by syotikure | 2008-07-29 21:39 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(4)

沖縄へ 3  ~「時雨」の晩~


e0071319_18543989.jpg


そばで沖縄に馴染んだ後は、
ゆいレール「赤嶺駅」近くのアルテックで早くもお土産を買い込み(笑、
日差しを避けてホテルに戻ると、シマンチューに倣ってしばしの昼寝・・・・(笑。

西の空が焼け始めた頃、夫婦揃っておもむろに起きだし、サンダル履きで国際通りへ・・・・。
久茂地から安里へ北上しながら、相変わらずのTシャツ漁りなどをし(笑、
いい時間に行き着いた先は、我々の沖縄旅行の定番、
安里の「おでん東大」。

上の写真は、今回初めて食べたミミガー(豚の耳の軟骨)とハツの酢醤油がけ。
クセの無いオリオンビールを飲みながら、
意外にあっさりしたミミガーと、噛むほどに滋味が湧くハツを堪能・・・・。

More さて、本腰を入れて・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-07-24 23:06 | 他郷の食 | Trackback | Comments(4)

53年ぶり!日本一!! 「豊年」自家製古酒

やりました!
やってくれました!!
e0071319_2305586.jpg

(写真 NHKニュース9より)
思えば、「空白の1日」あたりから何となく疑問を持ち始め、王選手引退と同時に「刷り込み」をそれと見破り決別、「YG」マークの野球帽を脱ぎ、数年の「野球浪人」を経験しました(笑。
そのうちに、近藤貞雄監督率いる、プロ[個人事業主]の匂いをプンプン放つ異形の「野武士」集団に、少年は憧憬の念を抱いてしまったのでした・・・・(笑。
当時の学級内では、隠れカープファン一人を除いて全て巨人ファン、という「刷り込み」の最たる状況で、マイノリティーとして肩身の狭い思いもして参りました・・・・(笑。

四半世紀の時を経て、今晩やっと勝利の瞬間に遭遇することが出来ました!
いやあ、嬉しい!!
感無量です!!!


ダルビッシュには2回のうち1回は勝ってくれ!、と念願しておりましたが、シリーズ史上に残るであろう、素晴らしいドラマを見せてくれました。
4番ウッズが出塁、「育成選手」中村紀がチャンスを拡げ、若竜平田が返す、また山井~岩瀬のパーフェクトリレー!いやほんとに凄い!!まさしく究極の「ドラゴンズの勝ち方」で、最後を締めくくってくれました!!!

民放が2局しか無い為、リアルタイムで優勝の瞬間が見れないという、宮崎県在住のドラゴンズファンの悲哀を噛み締めつつも(笑、今夜は勝利の美酒に酔いたいと思います! さあ、なんの焼酎を開けてくれよう・・・・

e0071319_2314499.jpg2004年、落合監督が就任した年に偶然仕込んでいた、「豊年」自家製古酒を。
那覇市安里の居酒屋「うりずん」で味を覚え、壺屋で買った焼き締め壷で2合ほど寝かせておいたものです。量が量なので、仕次ぎ無しの飲みきりサイズ・・・・(笑。
ドラゴンズのキャンプ地にちなみ、「北谷長老 古酒」も考えたのですが、これからは「十何年に一度」のお祝いではないな、と思い直し・・・・。

確か30度の度数だったように記憶しているのですが、度数を感じさせない、まろやかな美酒でした・・・・。
[PR]
by syotikure | 2007-11-01 23:16 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

そして恒例・・・・ 「琉球魂 古酒」他

今回の戦利品です・・・・(笑。

e0071319_361898.jpg左の無柚焼き締め2点は、読谷村は栄用窯の鬼腕(ウニヌティー)と猪口。
右の柚付き3点は、後ろから一輪挿しにぐい呑み、そして古酒用の小さな猪口。

鬼腕(4合入り)は古酒作りに、猪口はこういう焼き締めのものを持っていなかったので・・・・。
一輪挿しとぐい呑みは、一目惚れでなおかつ値段も手頃だったもので・・・・。
古酒用の小さな猪口は、そろそろ自家製古酒が出来そうな按配だった為・・・・(笑。

現地に行くと、なんやかんやと理由を付けては、色々と欲しくなってきますです・・・・(笑。



e0071319_3252522.jpg泡盛は、「菊之露 古酒」と、咲元酒造の簡易濾過「美酒(うましさけ)」2合瓶2本に、「琉球魂 古酒」1合瓶。

「東大」で飲んで気に入った「菊之露」、これの古酒が飲んでみたい、と今回初めてお土産に。3年前、国際通りで試飲したっきりでした。
鬼腕に入れて古酒にしたいと思ったのが「美酒」。毎回古酒はお土産にしているのですが、元々「咲元 古酒」から泡盛に入った経緯もあり、原点帰りではありませんが、無柚焼き締めの鬼腕で古酒を作るのもいいかな、と。
「琉球魂 古酒」は、「咲元 古酒」とどう違うのか興味が湧いて、試しに1合瓶を求め・・・・。

沖縄に行くと、ほとんど毎回お土産になる泡盛と酒器ですが、振り返ってみてみると、その時の気分や好みが出ているように感じます。
[PR]
by syotikure | 2007-09-05 21:45 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

そして恒例・・・・ 「珊瑚礁 古酒」他

今回のお土産です・・・・(笑。

e0071319_0105659.jpg


他に、

Tシャツ4枚
かりゆしウェア
「父の日」用かりゆしウェア
ちんすこう×6(自家用と、会社や親へのお土産)
雪塩ちんすこう
サンピン茶パック×2
ソーキそば(生麺タイプ) 2人前×2
ソーキそば(乾麺タイプ)
こーれーぐーす

などのお土産を既に持っていたので(嫁女の分は別)、出来れば少なめに、機内に持ち込んで邪魔にならない2本ぐらいに・・・・、と思っていたのですが、どうしても向かって左端の「さんご礁」が気になり、結局まとめてレジに・・・・(笑。
前回の沖縄行から、気になっていた泡盛・古酒ばかりではあります。

旅行から帰ってくる度に、ブログに「記録」していますので、後から「こんなもん買っちょったもんじゃ」とか「これはあん時買ったっちゃね」と記憶を呼び起こすことができ・・・・。

それにしても、今回はお土産が多かった・・・・(笑。
[PR]
by syotikure | 2007-06-29 00:31 | 焼酎・酒 | Trackback(1) | Comments(0)