タグ:機 ( 144 ) タグの人気記事

小林市PRビデオ第2弾! と、暮れのご挨拶(笑


長いことブログをご無沙汰しておりまして(笑、暮れも押し詰まり(笑、2ヶ月も穴を開けるのもどうかと思っていましたら(笑、
小林市のPRビデオ第2弾が出来たと知り(笑、前回に引き続きご紹介を・・・・(笑。



まあ確かに(笑、山の中で遭難してやっと助けが!それも神様!と思ったら、言ってる意味が全然分からない、というのは・・・・(笑。
相手が人間だったら、言葉は通じなくとも、人情、ホスピタリティ的なもので(笑、ボディランゲージで道案内とか、
緊急避難的な処置も期待出来るんでしょうが(笑、神様がどこまで「下情」に通じてるかとなると・・・・(笑。
日本の神様達って(笑、なんか結構気まぐれというか(笑、「DQN」なところ?(笑 感じますもんね(笑。


この動画を見ていてふと思い出したのが、最近ネット上の記事で読んだ、「翻訳語」の定義、認識のいい加減さ です(笑。
“Freedom” を「自由」と訳したのは福沢諭吉と言われていますが、元々「自由」は中世では勝手気ままに振る舞うというネガティブな意味合いがあり、
諭吉は相当躊躇したと言います。“Freedom” には、「保護・規制の下での」という意味が含まれているからだそうです。
「社会」という言葉も、近代に入って “Social” を翻訳して出来た「造語」で、漢字圏では普通に使われているという「共産主義」という言葉も、
実は近代の「日本製」とも言われており(笑。
この記事によると、キリスト教圏で “Spirit” (=精神) は、土をこねて作った人形に(創造主の)神がこれを吹き込んで人間が出来た、から崇高で、
唯一神とのコミュニケーションを取る為のもの、という認識があるそうです。
この「精神」という言葉、実は明治期に “Spirit” を輸入(翻訳)する際にこさえた「造語」で(笑、日本古来から認識されてきた言葉、概念ではない、と(笑。
キリスト教圏では意味が明確だが、日本で「精神」主義となると(笑、大概ワケのわかんない方向に行ってしまうのは、この為ではないか、と(笑。
ちなみに、キリスト教圏での「精神修養」は、教会に行くことだそうで(笑。
あのラグビー日本代表の五郎丸選手が、TVで「メンタルは鍛えられない」と語っていましたが(笑、ラグビー日本代表のメンタルコーチを務められていた、
荒木香織氏の記事 もなかなか興味深いです。
「精神」という言葉(笑、日常的に当たり前のように多用され(笑、非常に重要な概念だと思うんですが(笑、
最近では「スピリチュアル」やら「(スピリチュアル)パワー・スポット」やら(笑、増々ワケのわかんない言葉、概念が増殖している感もあり・・・・(笑。
他にどんな言葉が、近代の翻訳でこさえた「造語」で(笑、本当の意味で共通「認識」されているのかと・・・・(笑。

価値観外交」等当たり前のように言われておりますが(笑、本当に「共有」出来てんのかどうも怪しく(笑、
お互い良いように「勘違い」してるだけなんじゃないの?という気もし・・・・(笑。
ま、人間関係自体、「勘違い」で成り立ってる面って確かにあり(笑、「国対国」の関係も、人間関係の延長線上にあるのは間違いないかと・・・・(笑。

ここ7、8年、日本の考古学や中世史、近世の文化史、社会史、思想史、また民俗学等の本を読むことが多く、
教科書に載っていなかった「日本人」「日本社会」の実像に出会うこと度々で(笑、実に面白く、「立脚点」の確認を迫られることも多いんですが(笑、
一方で、近代以降との「断絶」も痛感しています。
何を得た代わりに、何を捨てたのか、何故、そうなったのか、と。


今年は、仕事の関係で今まで経験のなかった角度から「世間」を眺める機会に恵まれ(笑、
来年はますます面白くなりそうな気配です(笑。

どちら様も、良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-12-31 13:36 | 諸々 | Trackback | Comments(2)

小林ちゅうとこは じょじょなとこじゃっち


ビールを飲みながら yahoo を見ていたら、意外な盛り上がりを見せていましたので(笑、

ご存じの方も多いとは思いますが、ご紹介を(笑。



宮崎県小林市 移住促進PRムービー "ンダモシタン小林"です(笑。

野尻の「西諸弁ポスター」も面白かったですが(笑、動画の威力もなかなか・・・・(笑。

グローバルと言われている時代に(笑、ローカルの魅力、ネイティブの凄味?(笑 を感じさせてくれます。

ちなみに、フランス人が、「陰陽石」をどうデッサンするのか、興味津々でした(笑。

字幕を出して見ると、更に面白いです(笑。

私が11年間住んでいた都城弁とも、微妙に違うような・・・・(笑。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-09-03 00:53 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

夏の終わりの花火・・・・ ~ かどがわ納涼花火大会 ~


8月に入って、お盆で帰省した以外は、出張だなんだの日々が続いています・・・・(笑。
出張先でふらりと立ち寄った本屋で、今まで目にしたことの無かったおもしろい本など見つけ、
決して仕事だけの毎日ではなかったんですが(笑、なんや、遊んでなかったかな・・・・と(笑。

台風一過の晴天はつかの間、早くも秋雨前線がかかり、朝晩めっきり涼しくなって、
今年は秋になるのが早いのかな~と何となく思っていたら、東の方から花火の音が・・・・。
恒例の、「かどがわ納涼花火大会」でした。

e0071319_20463989.jpg2階の窓から、こんな感じで見えてましたので、ちょっと観に行ってみるかと、近くの(歩いて2、30歩の 笑)見晴らしのいい高台へ・・・・。

右手に山があり、風向きも正面方向で、花火鑑賞的には今一つでしたが(笑、
近所の人達も涼みがてら20人ほど出てこられていて、一緒に花火の光と音を満喫・・・・。
e0071319_20472150.jpg


8時ぐらいから上がり始め、半を過ぎたのでいい加減そろそろだろうと家に引き揚げましたが、
花火の音は一向に止む気配が無く・・・・(笑。

9時前ぐらいになって、一際大きな音が等間隔で聞こえ始めたので、これで締めかと二階に上がると、
e0071319_211876.jpg

e0071319_2113253.jpg

一際高く大きな花火が、連続で打ちあがり・・・・。

どうやらこの花火が、今年の夏の見納めとなりそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-08-30 21:24 | 道端 | Trackback | Comments(0)

連休 ~ 「兵動・小藪のおしゃべり1本勝負 in 宮崎・日向」を観に行く ~


e0071319_22334037.jpgこの3連休、少し前から、どうしようか何しようかと、暇がある時気付いた時に、夫婦で検討してきましたが、特にどこかへ旅行する予定も立たず(笑、唯一決まったのが、 「兵動・小藪のおしゃべり1本勝負 in 宮崎・日向」を観に行くこと・・・・(笑。

お笑いを生で観るのは 一昨年の都城以来 、この企画は始まった頃から結構好きで、DVD4本とも持ってましたので(笑、せっかく地元に来るのなら見逃す手はないかと・・・・。

オープニングで少しびっくりしたのが、小藪氏への黄色い声援が予想以上に多かったこと・・・・(笑。
観に来るのはちょっと高めの年齢層、と勝手に思い込んでたんですが(笑、女の子同士で来ている姿も結構見かけ、幅広い層に支持されているようです。

会場の日向市文化交流センターのキャパ1,200席が、思ってた以上に早く完売したので、急きょ2階席を追加販売したところ、思ってた以上に売れなかった、ということでしたが(笑、日向のどこからこんなに人が集まってきたかというぐらいの盛況ぶりでした。

お二人さんが約2時間しゃべり倒して(笑、個人的には姿勢を抑制された状態で観るギリギリの長さかな~とも感じましたが(笑、兵動氏が少し肥えはったこと(笑、小藪氏が実は無類の神社好きだということ(笑、なども分かって、まあ生で観れてよかったな~という感じでした(笑。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-07-19 23:16 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

梅雨

 
入梅して何週間経つのか知りませんが、移住2年目の門川も、毎日が梅雨空です。

ただ、以前住んでいた都城や県南と違って、一度もゲリラ豪雨に遭遇したことがなく、
3、4日に1日は晴れ間のようなものもあって、ほとんど蒸し暑さも感じない、至って過ごしやすい、
まあ、普通?の梅雨です(笑。

何にせよ(笑、降るべき時に程よく降って、程よい暑さの夏を迎えたいものです・・・・(笑。

下の写真は、先月だったか、出張先のホテルで朝カーテンを開けたら目の前にあった(笑、桜島の光景です。
e0071319_211455.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-06-24 21:30 | 道端 | Trackback | Comments(0)

そして恒例・・・・


今回の、旅のお土産です・・・・(笑。
左から、小鹿田焼の象徴的文様「飛びかんな」のそば猪口と盃、そして柿釉ぐい飲みと鉄釉ぐい吞みです。
e0071319_20262598.jpg

e0071319_20265152.jpgありそうでなさそう?な(笑、シンプルなそば猪口の造形に「飛びかんな」がいい感じです。

「飛びかんな」、滑り止めとしてもけっこう有効で、同じものを実家の老親達のお土産にしました。

e0071319_2027919.jpg複雑そうでシンプルな「飛びかんな」、盃にも合いますね。
生き残ってきた意匠ならでは、でしょうか。

e0071319_20272653.jpg見込みには白い釉溜まりがあり、変化が多いです。

e0071319_20274332.jpgこちらは、鉄釉の濃淡の微妙な変化・・・・。


小鹿田焼は、地域の共同体で作陶される為に、窯元さん毎の、いわゆる「窯印」が押されないと言われてますが、窯元さんそれぞれの個性は、たしかに感じられました。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-05-07 20:59 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

G・W-3  ~ 小鹿田(おんた)焼 ~


天ヶ瀬温泉を出発して、同じ日田市内の小鹿田(おんた)地区へ向かい・・・・。
といっても、平成の市町村合併で日田市は相当広くなっており、天ヶ瀬から小鹿田まで30km以上離れていて、
以前からの懸案事項であるチャーハン皿と(笑、つい最近叩き割ったやちむん皿の代わりを探しに(笑、
嫁女が旅程を組んだのでした。

帰ってブログを見直すと、前回 から約7年半ぶりの訪問でした。
新しく小鹿田焼陶芸館という展示資料館が出来ていましたが、それ以外は前回訪れた時のままのようで・・・・。
着くまで知らなかったのですが(笑、この日はG・Wに合わせ「唐臼祭」が開催中で、山間の静かな里に大勢の人出でした。
時々山間の静寂を突き破る(笑、焼きそば屋のお兄ちゃん達の鬨(とき)の声も(笑、前回は無かったように思います(笑。
e0071319_1950227.jpg

この風景、前回も撮った記憶があり・・・・(笑。
e0071319_19501888.jpg

帰ってブログを見直したら、このアングルも撮ってました(笑。
これぞ変わらぬ風景、変わらぬ魅力、といったところでしょうか。
e0071319_19503818.jpg

e0071319_19505496.jpg

雨のそぼ降る中、古い民家に、小鹿田焼がよく馴染んで見え・・・・。
e0071319_0581544.jpg

e0071319_19515246.jpg

e0071319_19521289.jpg

今回、小鹿田焼らしいシンプルなものや、民陶にしては割とざっくり仕上げてあるものに、目を惹かれました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-05-06 20:23 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

G・W-1  ~ 大分・湯平温泉 ~


今年のG・W、2週間前になっても何の予定も立てておらず(笑、どちらからともなく、どっか行こうか、という話になり・・・・(笑。
それからネットで探し、かろうじて熊本県の芦北方面の旅館を予約出来、とりあえず一安心していたところ、
翌朝8時過ぎに見知らぬ番号から電話があり、出てみると「ネット処理に手違いがあり、もう部屋が空いておりませんで・・・・」
という断りの電話・・・・(笑。
新緑の季節を迎え、我が家の庭の雑草も伸び放題(笑、「G・Wは、庭の草むしりやね~」と言ってたところ(笑、
ウチの嫁女が何をどうしたかG・W10日前になって宿泊先をおさえ(笑、珍しいことに旅程まで整え(笑、
急きょ大分1泊2日の旅が決まりました(笑。

繋がったばかりの東九州道を北進し、パークプレイス大分で4時間程右往左往した後は(笑、
嫁女がおさえた宿泊先、日田市の天ヶ瀬温泉へ向かって国道210号線を西に走り・・・・。

高速を使わなかったのは、途中、この湯平温泉にちょこっと寄ってみたかったからでした。
私は5、6年前仕事の途中にフラリと立ち寄って(笑、その佇まいや雰囲気が分かっていましたが、
次回の旅(宿泊先)の候補に入れるかどうか、嫁女にちょっと見せておこうかと・・・・。
e0071319_205866.jpg

温泉の歴史は鎌倉時代までさかのぼるそうで、江戸後期に作られたという石畳沿いに温泉旅館が並び、
変わらぬいい感じの雰囲気でした。
映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の舞台になったことでも有名ですね。
e0071319_20585514.jpg

こんな感じの共同浴場が、5軒ほどあるようです。
浴衣姿のカップルや家族連れが、下駄を鳴らして散策している姿も見かけました。
e0071319_20582596.jpg

e0071319_23144840.jpg

e0071319_23142348.jpg

2階建て?の上階部分に、浴室があったことがうかがわれます。
e0071319_20591143.jpg


e0071319_20592951.jpg石畳通りの入り口近くに立っていた、山頭火の句碑です。

昭和5年の11月10日、11日に湯平を訪れ、山、水、湯、宿全て気に入ったようで、
「よく飲んでよく食べて、よく寝た、ほんたうによい一夜だった」
と「行乞記」の一節が刻まれていました。



ちなみにウチの嫁女は、この風情ある石畳通り、の勾配が(笑、ちょっとネックのようでした・・・・(笑。

人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-05-04 22:41 | | Trackback | Comments(0)

桜道


今日は、日向市で30度を越え、全国の最高気温を記録したようで。
隣の門川でも、半袖で暑いぐらいの陽気でした。

雨が降ったり肌寒かったり仕事も忙しかったりで、きっちりと桜花爛漫!に立ち会った(笑、目の当たりにした印象も薄いまま 、
気が付いたら、沿道の桜には緑の新葉が目立ち始め・・・・。

昼ご飯に出た帰り、地元では遠見半島の桜並木が有名、という嫁女の話に、
もしかしたらギリギリ間に合うか・・・・?!と寄り道してみました。

やっぱり盛りは過ぎていましたが、ただ車の往来が少ないせいか、カーブのところに桜の花びらが降り積もり・・・・。

e0071319_20452594.jpg

個人的には、「ギリギリ間に合った」感じでした(笑。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-04-05 20:42 | 道端 | Trackback | Comments(0)

阿蘇の風景


「くまもと 春の植木市」の帰り、県道28号熊本高森線を走っていると、風力発電の向こうに白い噴煙が見え・・・・。
一時期、阿蘇中岳に入山規制が出ていましたが、その後特に話は聞かず、多少は落ち着いてきているのかもしれません。
新燃岳の噴火桜島の噴火による空振 を経験した者にとっては他人事と思えませんが、
火山列島に住んでいる限り、地震や噴火は「あるもの」として、「織り込み済み」で生活すべきなんでしょうね。
e0071319_214163.jpg

阿蘇のカルデラ内、こんな広大な景色の中で朝目覚められたら、気持ちいいでしょうね~(笑。
温泉もあるし、門川から車で2時間だし、十分射程圏内です(笑。
e0071319_2142169.jpg

こちらは根子岳(ねこだけ)。
肥後の国の猫は、7歳になると、修行をしにこの根子岳へ行くのだとか(笑。
そして、修行の成果で人に化けて、迷った旅人をおびき寄せ、散々振る舞って寝かせた後、食べちゃうそうです・・・・(笑。
e0071319_2143831.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-03-01 21:36 | | Trackback | Comments(0)