<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そして恒例・・・・


今回の、旅のお土産です・・・・(笑。
左から、小鹿田焼の象徴的文様「飛びかんな」のそば猪口と盃、そして柿釉ぐい飲みと鉄釉ぐい吞みです。
e0071319_20262598.jpg

e0071319_20265152.jpgありそうでなさそう?な(笑、シンプルなそば猪口の造形に「飛びかんな」がいい感じです。

「飛びかんな」、滑り止めとしてもけっこう有効で、同じものを実家の老親達のお土産にしました。

e0071319_2027919.jpg複雑そうでシンプルな「飛びかんな」、盃にも合いますね。
生き残ってきた意匠ならでは、でしょうか。

e0071319_20272653.jpg見込みには白い釉溜まりがあり、変化が多いです。

e0071319_20274332.jpgこちらは、鉄釉の濃淡の微妙な変化・・・・。


小鹿田焼は、地域の共同体で作陶される為に、窯元さん毎の、いわゆる「窯印」が押されないと言われてますが、窯元さんそれぞれの個性は、たしかに感じられました。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2015-05-07 20:59 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

G・W-3  ~ 小鹿田(おんた)焼 ~


天ヶ瀬温泉を出発して、同じ日田市内の小鹿田(おんた)地区へ向かい・・・・。
といっても、平成の市町村合併で日田市は相当広くなっており、天ヶ瀬から小鹿田まで30km以上離れていて、
以前からの懸案事項であるチャーハン皿と(笑、つい最近叩き割ったやちむん皿の代わりを探しに(笑、
嫁女が旅程を組んだのでした。

帰ってブログを見直すと、前回 から約7年半ぶりの訪問でした。
新しく小鹿田焼陶芸館という展示資料館が出来ていましたが、それ以外は前回訪れた時のままのようで・・・・。
着くまで知らなかったのですが(笑、この日はG・Wに合わせ「唐臼祭」が開催中で、山間の静かな里に大勢の人出でした。
時々山間の静寂を突き破る(笑、焼きそば屋のお兄ちゃん達の鬨(とき)の声も(笑、前回は無かったように思います(笑。
e0071319_1950227.jpg

この風景、前回も撮った記憶があり・・・・(笑。
e0071319_19501888.jpg

帰ってブログを見直したら、このアングルも撮ってました(笑。
これぞ変わらぬ風景、変わらぬ魅力、といったところでしょうか。
e0071319_19503818.jpg

e0071319_19505496.jpg

雨のそぼ降る中、古い民家に、小鹿田焼がよく馴染んで見え・・・・。
e0071319_0581544.jpg

e0071319_19515246.jpg

e0071319_19521289.jpg

今回、小鹿田焼らしいシンプルなものや、民陶にしては割とざっくり仕上げてあるものに、目を惹かれました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-05-06 20:23 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

G・W-2  ~ 大分・天ヶ瀬温泉 ~ 


嫁女がG・W10日前におさえた(笑、旅館の部屋の窓から一望した、朝の天ヶ瀬温泉です。

この日は朝から生憎雨模様でしたが、古めの旅館ながら料理が美味しく、男湯、女湯、露天風呂(ちなみに混浴)、
その上家族風呂が二つ(岩風呂と茶碗風呂)もあって、すっかり大満足の一晩を過ごした翌朝、旅情が損なわれてる訳がなく(笑、
小雨に煙った渓流沿いの湯治場の風景、趣があってなかなかでした。
夜は久大線を走る列車の音が時々のどかに響き、朝は朝で谷渡りの鶯の鳴く声が聴こえ・・・・。
2人で2食付1万5千円というのも(笑、相当旅情に影響していたように思います・・・・(笑。
e0071319_21292137.jpg

こちらは、雨のそぼ降る中、朝から嫁女が精力的に散策して撮ってきた光景・・・・(笑。
温泉街の道沿いに川へと下りる階段があって、そこを下りていくと、こんな感じの露天風呂があったようで・・・・。
e0071319_2129385.jpg

e0071319_21295587.jpg

次回、ぜひ利用してみたいもんです。
e0071319_21301346.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-05-05 22:04 | | Trackback | Comments(0)

G・W-1  ~ 大分・湯平温泉 ~


今年のG・W、2週間前になっても何の予定も立てておらず(笑、どちらからともなく、どっか行こうか、という話になり・・・・(笑。
それからネットで探し、かろうじて熊本県の芦北方面の旅館を予約出来、とりあえず一安心していたところ、
翌朝8時過ぎに見知らぬ番号から電話があり、出てみると「ネット処理に手違いがあり、もう部屋が空いておりませんで・・・・」
という断りの電話・・・・(笑。
新緑の季節を迎え、我が家の庭の雑草も伸び放題(笑、「G・Wは、庭の草むしりやね~」と言ってたところ(笑、
ウチの嫁女が何をどうしたかG・W10日前になって宿泊先をおさえ(笑、珍しいことに旅程まで整え(笑、
急きょ大分1泊2日の旅が決まりました(笑。

繋がったばかりの東九州道を北進し、パークプレイス大分で4時間程右往左往した後は(笑、
嫁女がおさえた宿泊先、日田市の天ヶ瀬温泉へ向かって国道210号線を西に走り・・・・。

高速を使わなかったのは、途中、この湯平温泉にちょこっと寄ってみたかったからでした。
私は5、6年前仕事の途中にフラリと立ち寄って(笑、その佇まいや雰囲気が分かっていましたが、
次回の旅(宿泊先)の候補に入れるかどうか、嫁女にちょっと見せておこうかと・・・・。
e0071319_205866.jpg

温泉の歴史は鎌倉時代までさかのぼるそうで、江戸後期に作られたという石畳沿いに温泉旅館が並び、
変わらぬいい感じの雰囲気でした。
映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の舞台になったことでも有名ですね。
e0071319_20585514.jpg

こんな感じの共同浴場が、5軒ほどあるようです。
浴衣姿のカップルや家族連れが、下駄を鳴らして散策している姿も見かけました。
e0071319_20582596.jpg

e0071319_23144840.jpg

e0071319_23142348.jpg

2階建て?の上階部分に、浴室があったことがうかがわれます。
e0071319_20591143.jpg


e0071319_20592951.jpg石畳通りの入り口近くに立っていた、山頭火の句碑です。

昭和5年の11月10日、11日に湯平を訪れ、山、水、湯、宿全て気に入ったようで、
「よく飲んでよく食べて、よく寝た、ほんたうによい一夜だった」
と「行乞記」の一節が刻まれていました。



ちなみにウチの嫁女は、この風情ある石畳通り、の勾配が(笑、ちょっとネックのようでした・・・・(笑。

人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2015-05-04 22:41 | | Trackback | Comments(0)