<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

綾の魅力


先日、仕事で綾町を通りかかって、少し時間があったので「綾ほんもの手づくりセンター」(地域物産館、道の駅的な場所)に立ち寄り、
ブラブラしていると、このポスターが目に入り・・・・。

e0071319_21225498.jpgそういえば、G・Wはすぐ目の前なのに、今年は引っ越し後の片づけやら仕事やらでバタバタしていて、何の予定も立ててないことに気付き・・・・(笑。今更予約も無理そうで(笑、今年は近場でゆっくりすることになりそうかな~と・・・・。
プライベートで綾を訪れたのは、10年ぐらい前「酒仙の杜」の新焼酎の蔵開き以来だし、候補に入れとこうかなとポスターを見ていると、産業観光案内所の方から「中にもパンフレットありますから、どうぞ~」と声をかけて頂いたので、案内所の中に入り色んなパンフレットを手に取ってみました。

以前から綾町には、有機農業の先駆、そして宮崎県内では異色の、手工芸、「ものづくり」の町、という印象がありましたが、諸パンフレットによると、現在綾町内には、染織工房が4軒、木工関係(漆器や家具他)の工房が約20軒、陶芸やガラス工房が10数軒あり、有名なところではガラス工芸の「現代の名工」黒木国昭氏など、沢山の工芸家の人びとが仕事をされていることを、改めて知りました。

先日の屋久島出張の際、あるNPO法人の代表の方から、「宮崎の綾は、ユネスコのエコパークに登録されていますが(国内では他に「屋久島」「大台ケ原」「志賀高原」の3ヶ所)、その取り組みは、模範モデルとしてユネスコが世界に紹介しているんです。綾はすごいですよ、世界の模範なんですから。屋久島の方も、色々と交流させてもらっています」と伺っていて、以前世界遺産の件で故・筑紫哲也氏が綾に来られていたことも記憶にあり、何だかすごいことになってるんだな~と思っていました。

佐々木高明著「照葉樹林文化とは何か-東アジアの森が生み出した文明」(中公新書)では、東アジアの照葉樹林地帯の、
言語の差異を越えた共通の文化(ハンギング・ウォ―ルと高床、絹、漆工芸、竹細工、モチ・餅米、菌を使った加工食品群、コンニャク、歌垣、他)が
紹介されています。ここ数年TV等でも、日本人と中国やタイ、ベトナム等に住むモン族との共通性が取り上げられたりしてますね。
日本の基層文化の原郷・照葉樹林の森が今も息づく綾は、文献史料が役に立たない「人間の営みの歴史」を「温故知新」している町、
なのかもしれません。



そういえば以前、「川喜田半泥子と人間国宝たち展」での印象をアップした時(その後、著作権に問題があるような気がしたので非公開扱い 笑)、
TBして頂いていた綾の陶芸家の方を思い出し、窯元に行ってみようかと・・・・。

訪れたのは、陶房八十一さん。
HPでは、「白さつま」の器や、綾の土を釉薬に入れた器などが印象的でしたが、
直接うかがってみると、焼き締めや、わら灰釉をつかった器なども作られていました。

下の写真は、今回手に入れた、わら灰釉の湯呑と、綾の土を使った焼き締めのビールカップです。
指の跡が残った器は、唐津焼等でもよく目にするんですが、大体高台回りに残っていることが多く、
こういう鷲掴み?(笑 をアクセントにしたものは初めて見ました。
焼き締めの方は、穏やかな窯変具合が、なんだか宮崎の県民性ぽくっていいな~と。
また、写真ではパッと見分かりづらいかもしれませんが、持ちやすく手に馴染みやすい絶妙のライン、Rです。
e0071319_21203090.jpg

e0071319_21205153.jpg陶房主催の興梠智一さんに色々話を伺っていると、唐津の 隆太窯 で修業され、また種子島の 種子島窯 にも窯焚きの手伝い等で行かれていたことが判り・・・・。
何だかここ数年、縁づいているようです(笑。
まあ、それだけあちこちで、中里隆氏の薫陶を受けたお弟子さん達が頑張られている、ということでしょう。

他にも、白さつまのフリーカップ(シーガイア・シェラトンでも使われているそうです)や、種々の青磁の器もいい感じで、何に使うか、(他の器と)どう取り合わせるか、どこに置くか等々考えてみましたが、手持ちの関係もあり(笑、次回以降のお楽しみに・・・・。


こちらは、興梠さんに教えて頂いて立ち寄った、同じ綾町の木工工房、「児玉工芸」さんの、地元・綾の欅(けやき)で作られたぐい呑みです。
木目、色合いが、いい感じです。
木の器は、一個として同じものが無いので、陶器(の選び方)に似てますね。
e0071319_21211395.jpg

当初は木のお椀が欲しかったのですが、一位樫(いちいがし)、山桜等の樹種や、器の形にも種類があって、ウチの嫁女の好みもあるし・・・・で(笑、
こちらも次回のお楽しみということで・・・・。
主催の児玉さんのお話では、地元の幼稚園でも使われているそうで、食器洗浄機で洗っているので3年ぐらいで剥げたところを塗り直しているが、
通常の使い方なら5、6年は大丈夫、ということでした。
修繕しながら、使い込んでいきたい器です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2014-04-28 00:12 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

西都・東米良の風景  ~ 西都市銀鏡(しろみ) ~


仕事で、久しぶりに西都市の東米良地区を通りかかったところ、印象的な景色に出会い・・・・。
そのさわり?(笑、 をご紹介・・・・。

西都市の中心部・妻から国道219号線を西に進み穂北・杉安へ入ると、東米良地区の奥側、西に隣接する(1962年に東米良村は西都市に編入)
西米良村 の案内看板が立っていて、「平成の桃源郷」と謳われていました。
その「桃源郷」の入り口に、まさに相応しい光景のように思えました。
e0071319_11565973.jpg

e0071319_218538.jpg道沿いのあちらこちらに垂れる藤の花を眺めながら、一ツ瀬ダムを過ぎて米良大橋を渡り、市道39号線へ右に入っていくと、たしか7、8年前に通った時には無かった、「山の駅 銀鏡(しろみ)」が見えてきました・・・・。

食料品や菓子類の販売がメインのようで、また地元の人々の憩いの場の雰囲気もあり・・・・。

e0071319_21575733.jpgトイレ入り口。

こういう貼り紙1枚だけで、何だか地域全体に好感を持ってしまったりします・・・・(笑。

e0071319_2191995.jpg山桜の植林が、地域全体で行われているようです。

e0071319_1294533.jpg

橋の下を流れる、銀鏡川の透明度にも目を奪われ・・・・。

e0071319_1223275.jpg

強く印象に残っていた古い商家は、今も健在でした。
築100年は軽く経っていそうで。
7、8年前は、まだ道が狭くて銀鏡川が間近に見え、風景に馴染みつつ、歴史を感じさせる凛とした佇まい、だったように記憶してます。

e0071319_12102677.jpg

停留所に、何気なく花が植えてあるのも、いい感じでしたね。今の時期のこの色は、菖蒲でしょうか。
また、この征矢抜では、米良の中世の歴史も感じました。

e0071319_12104599.jpg

川向うには、古い石垣の棚田が見え・・・・。
いつ頃拓かれたのか分かりませんが、中世からあってもおかしくなさそうな光景で・・・・。

e0071319_1211273.jpg

この辺りは杉の植林が少なく、川沿いは保全林として元々の樹層が残されることも多いので、
もしかしたら綾と同じく、東アジアの基層文化を育んだ照葉樹林帯なのかもしれません・・・・。
手前に積んであるのは、椎茸用のほだ木でしょうか。

e0071319_1211194.jpg

この滝の名前は、たしか「水車滝」だったように思います。
紅葉の時期、また訪れたいもんです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2014-04-24 23:07 | 道端 | Trackback | Comments(0)

種子島といえば・・・・ ~ 種子島焼 種子島窯 ~


種子島といえば、普通は「鉄砲伝来の地」とかロケット打ち上げ、安納芋が思い浮かぶものなのかもしれませんが、
私的には今や、種子島焼です(笑。

昨年の出張の際、偶々 種子島窯 を訪れ、正面奥にかかった小山富士夫氏の額でその来歴を知って以来、
前回ご紹介した居酒屋「はちまん」さんと同じく、種子島に来たら何があっても(笑 立ち寄りたい場所となりました。

前回 はフリーカップや湯呑でしたので、今回は酒器をメインに・・・・。
e0071319_21151678.jpg


e0071319_21154059.jpg中央の盃。

e0071319_2115595.jpg種子島の土に含まれる鉄分由来という濃いオレンジ色が、いい感じです。


e0071319_21162543.jpg向かって右端の焼き締め。
径7×高6(cm)と小振りなので、湯呑みというより、ぐい呑みで使いたい器ですね。

e0071319_21164865.jpgこの金属的な光沢も、種子島の土に含まれる鉄分由来だとか。
前回の焼き締めフリーカップ や、この種子島窯の野口さんの兄弟子、中里太亀氏の作品 にも同じ特徴が出ています。


e0071319_2117726.jpgこちらの小皿は、鉄釉がメインということで、若干飴釉のような茶味がかってます。

e0071319_21172898.jpg野口さんの息子さん達のフォローの賜物(笑、大事に使わせて頂きます。
機会があれば、組で揃えたいもんです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2014-04-22 22:11 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

屋久島・種子島出張


先月、出張で屋久島と種子島に行ってきました。

下の写真は、屋久島で訪問先を探していて偶然見かけた、「竜神の滝」。
結果的に、屋久島で撮った写真はこれだけだったんですが(笑、あんまり時間の余裕がない中で、撮っとこうと思わせるぐらいの迫力がありました。
滝壺の碧の色も、屋久島ならではかと。
e0071319_22574990.jpg

それにしても屋久島には、多種多様な人々を惹き付ける魅力があると、今回改めて再認識しました。
地元の人々と他所から移り住んだ人々が、いい感じで連携が取れていけば、相当な人的パワーが出てきそうな気配を感じました。

そういえば、宿泊先の近所の食堂で、(オーストリアの)ウィーンから来たというきれいな女性と偶々相席になり、話す機会がありまして。
東洋人以外の人って見た目で年齢がよく分からず(笑、多分20代半ばぐらいと思われましたが、単身日本に来られ、東京から伊勢、京都を経て、
昨日屋久島に入ったということで、これから沖縄に行って1週間ほど友人宅に泊り、戦争遺跡を見て回る予定だと、
「焼き魚定食」のサバの塩焼きを美味しそうに食べながら仰ってました(笑。
屋久島産の焼酎「三岳」は夕べもう味わった、という酒豪っぷりを聞かされて(笑、結局、沖縄に行ったら泡盛は何を呑むべきか、
で話は終わったような気が・・・・(笑
ちなみに、「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」も観られたそうで(笑、「寅さん」と竹下恵子も通じました(笑。


e0071319_22582418.jpgこちらは、先日もご紹介した、口永良部島、屋久島、種子島の三島間を繋ぐ、フェリー太陽。
小振りですが、なんや乗ってみたくなる船です(笑。

e0071319_22584939.jpg油圧ジャッキのテーブルで、岸壁と船の高さを調整し、車を積み込めるようになってます。

e0071319_22591555.jpg早めに搭乗してデッキから見ていると、ユンボ(パワーショベル?)も載ってきて、

e0071319_2259358.jpgクルッと上部を回して

e0071319_22595399.jpg下船に備える風でした。



e0071319_2301257.jpgこちらは、種子島の西之表市内にある、居酒屋「はちまん」さん。

種子島に来たら、必ず立ち寄る店です。
といっても、今回で2回目ですが・・・・(笑。
このお店の、各種おでん、腹皮の炙り、島ラッキョウが大のお気に入りで・・・・。
カウンターのみで6人座ったら満席ですが、女将さんや隣り合った人達と気軽に話せる雰囲気もいいですね。

店の外に、「うどん」「そば」の幟がありますが、後から入ってきたお客さんが「うどん」を注文したところ、「今日は無い。いつもあるとは限らない」ということで・・・・(笑。
こういうところも、なんだかいい感じです(笑。

e0071319_2303023.jpg付き出しで出てきた、女将さん自ら山で採ってきたという、タラの芽のテンプラも美味かったです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2014-04-21 00:06 | | Trackback | Comments(2)

新居の彩り


門川に引っ越して、今日でちょうど2週間・・・・。

荷解きから始まる取捨選択、収納先の決定、整理整頓、陳列?(笑 等々、
なかなか決着のつかない?(笑、「落とし所」の見えない?(笑 状況が続いていますが、
これが「日常」とならぬよう(笑、安易に楽な方へ流されぬよう(笑、時間を見つけてはなんとかちょこちょこやっています・・・・(笑。

そんな状況下(笑、一服しに外へ出た時に、気持ちを和ませてくれるのが、この満開の花々・・・・。
e0071319_23235516.jpg

知らぬ間に、コロスケも写りこんでまして・・・・(笑。
e0071319_23243382.jpg

都城に住んでいた時は、春先の木瓜(の花)はありましたが(盆栽の梅は、いつの間にかフェードアウトしてしまい・・・・笑)、
春最中に愛でる花木が無かったので、新しい楽しみの一つになっています。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2014-04-19 23:36 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

みやこんじょから、門川へ


この春、ついに転勤となり(笑、11年住んで慣れ親しんだ都城を離れ、県北の東臼杵郡門川町へ引っ越しました。
やっとインターネットが開通し、約10日ぶりにパソコンを接続できたので(笑、とりあえずのご挨拶を・・・・。

e0071319_0232832.jpg

勿論、船で引っ越したわけではありませんで(笑、上の写真は、先日出張で屋久島から種子島へ移動する際に乗った、フェリー太陽。
前回種子島に来た時から、一度は乗ってみたい、と思っていて、やっと念願がかなったのでした(笑。

ま、そんなことはどうでもいいのですが(笑、初めて住む県北の町・門川、嫁女の実家があったりと以前から身近な印象で、
都城ではなかなか口に入らなかった新鮮な魚には不自由し無さそうだし(笑、新たな楽しみが増えていきそうな予感もします。

10年近く棲んだ借家の、最後の掃除を済ませて引き払う時には、たくさんの思い出が頭をよぎり、なかなか感慨深いものがありました・・・・。
が、新居に来てみると、諸ライフラインの確保(申し込み)やら転居届の提出やら荷物解きやら仕事やらで、あっという間に10日が過ぎ去り・・・・(笑。

今日ぐらいから、やっと「日常」モードに戻せたか、な・・・・という感じです。
コロスケも、新しい環境に慣れつつあるようで、近所の姿の見えぬ犬たちとハモったりしてます・・・・(笑。

今日から、「門川発」となります。
また、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎 その他の街情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2014-04-16 00:51 | | Trackback | Comments(2)