<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「魯山人の宇宙」展に行く


この休み、都城市美術館で行われている「魯山人の宇宙」展に、夫婦で行ってきました。
魯山人の作品、モノの本等ではよく観ていたんですが、なかなか現物を目にする機会が無く、地元都城での展示を見逃す手は無いかと・・・・(笑。
e0071319_21183835.jpg

館内に入ると、フラッシュを焚かず他の鑑賞者の邪魔にならなければ撮影可で、
個人のHPやブログでのアップも可、ということでしたので、印象に残ったものをご紹介・・・・。

そめつけ向付。
会場では湯呑だと思っていたんですが、帰って見直したら向付でした(笑。
e0071319_212639100.jpg

同じく、竹林の付け絵の鉢。
以前から、この竹林柄の徳利が欲しいな~と思ってはいるんですが、ま、高いでしょうね・・・・(笑。
e0071319_2127119.jpg


そめつけ福字平向。
色んな字体の「福」の字が、描かれています。
e0071319_21272049.jpg

元々は、胃腸薬「わかもと」の景品として作られたと、何かの本で読んだ記憶があります。
e0071319_21274020.jpg


黄瀬戸盃。
e0071319_21341946.jpg

e0071319_2135777.jpg


信楽花入。
e0071319_21382924.jpg

e0071319_21385988.jpg

e0071319_21391944.jpg


備前竹一重切花入。
e0071319_21422636.jpg

e0071319_21433746.jpg

e0071319_21435260.jpg


色絵糸巻皿。
e0071319_2144208.jpg

以前、モノの本で観て以来、いつか現物をこの目で、と思っていたものの一つです。
陶器の質感、付け絵の色の取り合わせ、リズム感みたいなものが、絶妙のように感じました。
e0071319_2144503.jpg

志野紅葉絵皿(竜田川)。
e0071319_21502196.jpg

同じ紅葉の付け絵の鉢もあり、乾山か仁清あたりの写しかな~とも思いましたが、今のところ京焼、清水焼にはあまり興味がありませんで、
よく判りません(笑。「竜田川」と聞くと、落語の方を思い出してしまいますが(笑、この皿はいいな~と思いました。
展示品の中にも、「ん?」と思わせる平向がありましたが、魯山人には備前焼で傷物や景色(見所となる変化等)の少ないものに銀彩を施し、
全く新しい作品として蘇らせたものがあり、もしかしたらこの志野皿も同じ趣向かもしれないなと思いました。
e0071319_21505486.jpg


志野長方皿。
e0071319_2201088.jpg

それにしても、志野はいいですね~。
ぐい呑みも、観たかったです(笑。
e0071319_2204220.jpg


をり遍枡鉢。
e0071319_2242319.jpg

e0071319_2245639.jpg


織部風マス鉢。
e0071319_2252169.jpg

e0071319_2255596.jpg

e0071319_2261495.jpg


織部扇面鉢。
e0071319_2263964.jpg

e0071319_227963.jpg


総織部櫛目寿文扇面鉢。
e0071319_2274019.jpg

e0071319_2282028.jpg

個人的には、織部を見ていいな~と思うことって少ないんですが、何故か魯山人の織部にはいいなと思うものが多いですね。
生前魯山人は「織部」の人間国宝に推されたが断った、とモノの本で読んだ記憶があり、
その辺りが無意識に影響しているのかもしれませんが・・・・(笑。
ただ、織部釉に「酔って」ないというか、くどさを感じさせず、意匠がしっかりしていて付け絵もいい、というのは確かなように思います・・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 都城情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2013-12-01 22:21 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)