<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

連休の旅-4 ~ 波佐見焼 ~


道雪窯を出た後、どこかで6寸ぐらいのちょっと深めの皿を買って帰ろうか、ということになり・・・・。

車を走らせていると、嫁女が道沿いで「チャイナ・オン・ザ・パーク」という看板を見つけ・・・・。
何があるんだろうと、とりあえず行ってみたところ、大きな工場の敷地内に洒落た建物があり・・・・。
深川製磁という会社で、館内の女性の話では初代社長の名前から「忠次館」と名付けられ、ギャラリーとして平成元年にオープンしたそうです。
設計家は教会をイメージしたそうで、入口の形や鉄製のドア、1Fフロア正面の暖炉など、凝った造りが随所に見られました。
e0071319_2052698.jpg

e0071319_2054237.jpg入口の前には、こんな小洒落たものもあり・・・・。


中の作品は、数千円から3ケタ・4ケタ台の大物まで多種多様・・・・。
ただ、日常でチャーハンなどをレンジで暖めるのに使えそうな皿は、ちょっと見つけられませんでした(笑。

「チャイナ・オン・ザ・パーク」を出て車を走らせていると、また嫁女が道沿いに大きな看板を見つけ、何かあるかなと小高い丘を上がっていったところ、
広い駐車場と体育館のような建物が建つ「歴史と文化の森公園」という所に迷い込み・・・・(笑。
せっかく上がってきたので(笑、そこで掃除をされていた方に、地元の人はどの辺りで食器類を買われているかうかがうと、
「地元の者はほとんど窯業に従事しているので、自分で作ったもの、勤めている窯元・会社のものを使ってますわね。
 後は、波佐見辺りで買うこともあるかな~。有田で器を買うのは、観光客ぐらいですよ。だから、土日と祝日しか開いてない店が多いですね」
ということでした。

e0071319_2061415.jpgそれから、長崎県波佐見町へ車を走らせ(といっても隣町です)、中心部のやきもの公園に隣接する「陶芸の館」を訪れました。

そこで手に入れた、波佐見焼2点です。

何故か、四寸五分の小鉢になってしまいました(笑。
嫁女の話では、鍋の取り皿やサラダボウルでも使えそうでいい、ということで・・・・。

e0071319_2063721.jpg左側の小鉢の見込みにある、スライムみたいなマークを見ながら、(愛媛の)砥部の皿にも似たようなのがあったね~と話していると、店の方?らしき年配のオジサンが、よく砥部焼に似ていると言われる人がいますが、元は波佐見や有田の職人が砥部に行って指導したんですよ、そして砥部は砥部で唐草をアレンジしてるんです、と熱く語りかけてこられ・・・・(笑。

その辺りの経緯・歴史は砥部で聞いており、砥部焼では窯ごとに見込みのマークが違っていたので、波佐見焼はどうなんだろうね?と話していたことなどを説明し、誤解を解いて頂き・・・・(笑。
職人さん上がりの方のようにも感じましたが、波佐見焼に関わる人には聞き流せないこと、また歴史は今も生きていることが、よく解った出来事でした。

帰って砥部の唐草皿と見比べると、波佐見は波佐見、砥部は砥部の唐草模様 でした。

ブログ「木のこと。緑のことば。」をされている建築設計家の小久保さんが以前書かれていた、
「総桧は、神社仏閣にはいいけれど、日常住む家ではきつい感じで疲れる気がする、日常の家に杉や松が使われてきたのには理由がある」
という意味の文章が印象に残っていて、器でも、非日常を演出するにはいいけれど、
日常生活では使いづらいもの、色んな意味で疲れるものって、やっぱりあるように思いますね。
いいなと感じられて疲れないものが、使いやすくて気持ちが良いので、ついついそればっかり使ってしまったりします(笑。

門司の備前焼窯元・陶房郷原さんの作品や、今回の唐津・隆太窯、有田・道雪窯の作品、また波佐見や砥部の伝統的な磁器が、
ケレンミがなくて素直に手と目の中に収まり、私的には疲れなくて好きですね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-19 21:54 | 磁器 | Trackback | Comments(0)

蛸唐草の魅力 ~ 道雪窯の作品 ~


そして、道雪窯で手に入れた蛸唐草3品です。

左から、私のお気に入り・蕎麦猪口とぐい呑み、私と嫁女のお気に入り・五寸皿(対)です。
蕎麦猪口の模様はちょっと変わっていて、窯元のご主人のお話では「蛸唐草の簡素型」になるようですが(笑、これはこれでいい感じです。
e0071319_21154353.jpg

やっぱり・・・・いいな・・・・としか言いようがないです(笑。
e0071319_2116324.jpg

蛸唐草が、高台の中までしっかりと・・・・。
周りの意匠も気に入ってます。
e0071319_21162194.jpg


余談ですが、どうも器の好みって、絵画等の好みとも関係しているように感じます。
写実的な絵も好きなんですが、画家が自然の光を感じたまま描いた印象派の絵に、好きなものが多いです。

以前、宮崎のある町で開催された陶器市で、売り手のおじさんが、
「でも宮崎って、織部が全然売れないんだよね、なんでだろ?」
と仲間の人に嘆いていたのを、耳にしたことがあり・・・・(笑。
器の好みって、どうやら地域性や県民性とも関係ありそうです(笑。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-18 21:38 | 磁器 | Trackback | Comments(0)

連休の旅-3 ~ 有田・道雪窯訪問 ~


唐津の隆太窯を出た後は、そのまま南下して一路伊万里へ・・・・。
有田は陶器市で行ったことがあるんですが、伊万里は訪れたことが無く、一度伊万里湾を見ておきたかったのでした。

こちらは、伊万里湾に浮かぶ越木島。
いわゆる「伊万里焼」出荷の最盛期、どの辺りに船を着けていたのかは判りませんでしたが、
この島と遠くの山並みの景色は、当時とさほど変わってないような気もしました。
前日観た、伊藤若冲の水墨画の影響、かもしれません(笑。
e0071319_21271638.jpg


e0071319_21284698.jpg伊万里を後にして向かった先は、有田の道雪窯。

有田陶器市で、こちらの 蛸唐草の蕎麦猪口 を手に入れて以来、一度は訪れてみたいと思っていたのでした。

近々百貨店で展示会があるということで、それに向けたご準備でお忙しいところをお邪魔した感じでしたが、快く招き入れて下さりお話もお伺いすることが出来ました。

展示場とかじゃなくて、ただの在庫置場ですよ、とご主人が笑いながら仰られ・・・・。

手前と奥の丼では高台の高さが違い、「奥の丼で、年越し蕎麦を食べると美味いですよ~」とご主人が仰られていましたが、
ほんと、こんな丼で蕎麦が食べられる身分になりたいものだ、と・・・・(笑。
e0071319_21291619.jpg

こちらの大皿に至っては、ただただ見惚れるばかり・・・・。
e0071319_2129441.jpg

蛸唐草の魅力は、磁器の白と呉須の鮮やかな紺のコントラスト、綺麗な線のカーブ、余白がどう気持ち良く埋めてあるか、のような気がします。

普通の唐草の場合、呉須の線の勢いと、余白とのバランスの妙、が見所のような感じがしますが、
ここまで余白が埋められているのに、見ていて息苦しさや重さ、暑苦しさを感じないのは、
呉須(の紺色)のなせる技なのか、何百年も人々の感性・美意識の「篩い」にかけられ生き残った伝統的意匠・様式の力なのか・・・・。
決まった形・様式ですが、私的には躍動感もあると思いますし、一方で作家さんの「力み」とか、どや顔的なもの?(笑 を感じさせないというか・・・・。

ま、様式・形だからいいのであって、リアル過ぎると、多分食器としては・・・・(笑。
リアルなペイズリー柄とか、ミトコンドリア柄?で埋め尽くされた皿など、あんまり見たことないですもんね(笑。


人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-17 22:39 | 磁器 | Trackback | Comments(0)

粉引と斑唐津 ~ 隆太窯・中里太亀氏の作品 ~


そして今回、隆太窯で手に入れた、中里太亀氏の作品です。

左から、嫁女のお気に入り・粉引(こひき)蕎麦猪口、そして私のお気に入り・斑唐津酒杯、デザイン違いで一回り大きい粉引蕎麦猪口です。
e0071319_20512191.jpg

中里太亀氏、リーフレットで、1965年のお生まれ、と初めて知り・・・・。
もう少し歳上の方だと勝手に思い込んでいました(笑。

e0071319_2051448.jpg全体的に落ち着いた色合いで、鉄分か、ちょっと茶色も交じっています。


e0071319_20521158.jpg兜巾高台(ときんこうだい:高台の中央が突き出して、兜の先端、または山伏がかぶる兜巾に似ていることから付いた名称)になっています。

この酒器の形を見ると、中里隆氏と交流が深かったといわれる、小山富士夫氏の「酒觴」(しゅしょう:さかずきの意味)と名付けられた酒器の数々を思い出します(手元にある訳ではなく、モノの本で見ただけですが 笑)。
「酒杯」「杯」と名付けられた酒器もあり、どう使い分けられているのか、興味あるところです。


e0071319_20523258.jpg陶器の蕎麦猪口は初めてですが、使い込んでどういう変化をするのか、こちらもなかなか楽しみです。


e0071319_2053517.jpg白化粧土のかかってない底周辺には、金属的な光沢があって、胎土の色だけとも思えず・・・・。
透明釉のかかり具合なのか、白化粧土の下にもう一種類何かかかっているのか・・・・。
なかなか興味深いですね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-16 21:26 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)

連休の旅-2 ~ 唐津・隆太窯訪問 ~


久留米で美術館巡りをした後、佐賀県の唐津市まで走って泊まった訳、それは、単に窯元さんをゆっくり訪れる為で・・・・(笑。

e0071319_20211472.jpg約3年ぶりに、隆太窯 を訪れました。

前回は、中里隆氏の種子島焼ビアカップと、ご子息・太亀氏の南蛮焼杯 が気に入ったんですが、今回はネットで 「酒器展」 が開催されていることを知り、予算と折り合いがつけば(笑、粉引(こひき)の何かが、欲しいなぁ・・・・と(笑。


前回来た時には無かった、手作り風のバス停が、いい目印になりました。
営業時間やイベント内容も明記されていたので、恐る恐る私有地内に侵入・・・・的な引け目を感じることもなく、なかなか良かったですね(笑。

雰囲気は、以前とほとんど変わらず・・・・。
ここに来ると、岐阜県可児市久々利大萱の、志野の人間国宝・荒川豊蔵氏の窯周辺の風景 を思い出します。
e0071319_20213985.jpg

窓の外には、南天の赤い実が見え・・・・。
唐津の自然に溶け込んだ窯、という感じです。
e0071319_2022142.jpg

近くに箸置きなどが置いてあるところをみると、こちらは抹茶々碗ではなくご飯茶碗だったと思うんですが、それぞれいい形と色合いでした。
真ん中の、琵琶色の茶碗が、特に目を惹きました。
e0071319_20223472.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-15 20:55 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)

連休の旅-1 「金閣・銀閣の寺宝展 雪舟、等伯、宗達、そして若冲」へ


この折角の3連休、どこに行こうか前から色々考えてまして(笑、
偶々ネットかTVで見かけた、室町や安土・桃山、江戸期の国宝級が集うという、
「金閣・銀閣の寺宝展 雪舟、等伯、宗達、そして若冲」に、夫婦で行ってきました。

e0071319_20311840.jpg12日(土)が開催初日ということだったので、午前中は来賓やら地元マスコミやらでごった返すだろうと、都城をゆっくり目に出てお昼ご飯を済ませてから、福岡県久留米市の石橋美術館別館へ・・・・。

e0071319_20315060.jpg展示は、同じ久留米市内の有馬記念館と共催で行なわれていて、また展示内容も一部(1/12~2/8)と二部(2/9~3/10)で入れ替わり(通期展示もあり)、今期は伊藤若冲(じゃくちゅう)の日本画がメインのような感じでした。

伊藤若冲といえば、鮮やかな極彩色の仏画や動植物の絵が有名だそうですが、今回は水墨画の、
鹿苑寺大書院旧障壁画 葡萄小禽図襖絵(重文)
同 竹図襖絵(重文)
などが強く印象に残りました。対象の捉え方や絵の技法が多彩で、人気があるのもよく判りました。

陶磁器では、
砧青磁茶碗 銘雨龍(中国南宋時代 鹿苑寺蔵)
黄瀬戸大根文輪花鉦鉢(桃山時代 相国寺蔵 重文)
野々村仁清 銹絵寒山拾得図茶碗(江戸時代 鹿苑寺蔵)
そして、今回これを見に来たと言っても過言ではない、
本阿弥光悦 赤楽茶碗 銘加賀(江戸時代 相国寺蔵 重文)
が良かったですね。
特に「加賀光悦」の、加藤唐九郎氏曰く「楽茶碗という向勢の中の背勢」というのはこれか、と。存在感というか迫力が凄くて、一度じっくり見て、帰り際もう一度見に戻って、結局20分ぐらいは見入ってましたね(笑。

e0071319_20322031.jpg次に、有馬記念館へ車で移動し・・・・。

こちらでも、伊藤若冲の水墨画、
鱝図(相国寺蔵)
玉熨斗図(鹿苑寺蔵)
布袋渡河図(大光明寺蔵)
などが強く印象に残りました。

陶磁器では、
楽長次郎 赤楽茶碗 銘天狗(桃山時代 鹿苑寺蔵)
朝鮮 井戸茶碗 銘瀬田(十六~十七世紀 慈照寺蔵)
朝鮮 青井戸茶碗(十六~十七世紀 慈照寺蔵)
古瀬戸肩衝茶入 銘北山時雨(室町時代 鹿苑寺蔵)
が良かったです。
ただ、普段こういう展示が少ないのか、茶碗の見せ方に什器の高さや照明が合ってないのが、ちょっともったいなかったですね。


e0071319_20332733.jpgこちらは一転(笑、宿泊先の佐賀県は唐津市内のスーパーで見かけた、「カツオ菜」という見慣れぬ野菜・・・・。

お店の人に伺ったところ、お正月の雑煮の中に入れるのだとか。
一度食べてみたいもんです。

e0071319_22445272.jpg宿泊先のホテルの窓からは、ライトアップされた唐津城が見え・・・・。


唐津市内でふらりと飛び込んだ居酒屋が、なかなかのアタリ(魚が新鮮で美味しく、また頼んだ料理に一品もハズレが無く、それで二人で呑んで食って五千円弱)で、すっかりいい心持ちになって、眼下で潮の満ちてきた松浦川と唐津城に、おやすみの挨拶をして寝入ったのでした・・・・(笑。



人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2013-01-14 22:14 | | Trackback | Comments(0)

謹賀新年


新年、明けましておめでとうございます。

私ら夫婦は、元朝を私の清武の実家で迎えました。
「ガキ使」など見るはずもない実家の大晦日(笑、坂本冬美を見終わったら急に眠くなってしまい(笑、
そのまま布団に入ったら、目が覚めたのは4時半・・・・(笑。

それからすることがなく(笑、頃合いを見計らってコロスケと「初散歩」に・・・・(笑。
「人生初の初日の出」を観る事になるかと思ったら、どんよりとした曇り空・・・・(笑。

e0071319_171453.jpg

今日から夫婦揃って仕事始めでしたが、まあ私の方はまだ先方が休みだったり、挨拶回りで不在のところも多く、
日常モードに戻るのは来週からのようです(笑。

今年も、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 都城情報へ
にほんブログ村
[PR]
by syotikure | 2013-01-04 20:50 | 道端 | Trackback | Comments(2)