<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

霧島秋まつり


毎年恒例の霧島秋まつり、今年は夫婦で行ってきました。
秋晴れの空の下、午前中から人出も多く・・・・。
e0071319_21205495.jpg


e0071319_2123668.jpgひなたではTシャツ1枚でも暑いぐらい、霧島ビールの売れ行きも好調のようでした・・・・。

「九州の味とともに」のキャッチフレーズどおり、名産を売る出店が地元宮崎県の各地から80店、九州各県から19店並び、こちらも盛況のようでした。


e0071319_21235076.jpg黒霧Tシャツを着たスタッフらしき人達が、忙しそうに行き来し・・・・。
心なしか、日本一の芋焼酎メーカーの風格も漂っているような・・・・。

最近、芋のルーツを探してニュージーランド辺りまで行き、先住民・マオリの食生活を紹介するTV番組をやっていましたが、芋=薩摩へのアンチテーゼというよりは、もっとワールドワイドな視点のように感じます。
CMとはいえ、マオリのおばさんが美味そうに黒霧を飲んでましたし・・・・(笑。


e0071319_21242483.jpgという訳で、お昼は沖縄そばと大分の河豚の唐揚げ、霧島ビールゴールデン。

昼の日中から飲むビールの味は、やっぱり格別でした・・・・(笑。


e0071319_21254192.jpg地元の味「ねったぼ」
蒸した唐芋(さつま芋)に餅を練りこんで搗いた、素朴なお菓子です。
私の生まれ育った清武町では「ねったくり」といいますが、都城周辺ではこう呼ばれています。


e0071319_21261860.jpgこちらも地元の定番「がね」
一見かき揚げに見えますが、ちょっと違うのはその甘さ。
人気のようで、売り切れていました。


e0071319_21283771.jpg今年のお笑いライブ、出演はものまね芸人・ホリ。
これはTOKIOのリーダー・城島茂の形(笑。

山崎邦正の「私が食べたのはぁ、プッチンプリンではございませぇんん!」
ルー大柴、麻生元総理の童話「桃太郎」が、なかなか面白かったです(笑。

生で芸能人を見るのは、小学生の時に東京旅行でたまたま遭遇した、てんぷくトリオの三波伸介氏以来かと・・・・(笑。

この日和で、ホリ氏も暑そうでした・・・・。
[PR]
by syotikure | 2009-10-31 22:32 | 諸々 | Trackback | Comments(2)

唐津三昧・・・・3 ~ 幸悦窯 ~


こちらは最後に訪れた、幸悦窯の作品。
同じ絵唐津でも、付け絵の柔和な線が特徴のように思います。

e0071319_0415268.jpg

地元でご進物等に使われるという、地域密着の窯元のようです。

More それぞれの魅力・・・・(クリック!)
[PR]
by syotikure | 2009-10-29 20:00 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)

唐津三昧・・・・2 ~ 三玄窯 ~


こちらは、その次に訪れた中里重利氏の三玄窯の作品。
ネット上で、伝統的な絵唐津がいいと知り、気になっていました。

e0071319_0241489.jpg

ご本人の作品にはとても手が届きませんでしたので(笑、
「三玄窯」の作である、高台内に「玄」の印が押してある手頃なものの中から選びました。

More それぞれの見所・・・・(クリック!)
[PR]
by syotikure | 2009-10-29 19:55 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)

唐津三昧・・・・1 ~ 曹源窯 炎向窯 飯洞甕窯 ~ 


先月行った唐津焼祭の際、持ち合わせの都合で見送った彫唐津(ほりがらつ)のぐい呑みが、
夢に出てくる程ではないにせよどうにも気になり始め(笑、先日の休み、再び唐津へ・・・・。

そう何度も唐津に行くことはなかろうと、ネットや書物で気になっていた作品等についても、
この機会に窯元や扱いのあるショップを訪ね見てみようかと・・・・。

左から、曹源窯の彫唐津ぐい呑み、炎向窯(ひなたがま)の絵唐津ぐい呑み、飯洞甕窯(はんどうがめがま)の粉引湯呑みです。
e0071319_1743278.jpg


More それぞれの魅力・・・・(クリック)
[PR]
by syotikure | 2009-10-29 19:50 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)

実りの秋

昨日、都城焼の方から「焼きものが出来上がりました」との電話があり、
ドライブがてら取りに行くことに・・・・。

道中で目に入った実りの風景・・・・。
すっかり刈り入れが終わってかけ干ししてある稲束と、田んぼ脇のコスモスも秋らしく・・・・。
e0071319_18132970.jpg


e0071319_18134661.jpgさて、恥ずかしながら、出来上がった陶器をご紹介・・・・。


こちらは、嫁女作のサラダボウルです。

轆轤でひき上がった時には、
千秋楽の賜杯のように見えたものですが(笑、
出来上がりは径20×高さ6(cm)といった大きさで、
使い勝手のいいサイズに収まったかと・・・・。


e0071319_18141169.jpgこちらは、私の生まれて初めての作、ぐい呑み。

焼き縮んで径7×高さ5(cm)といいサイズに収まり、
胴のくびれにうっすらと釉溜りも出来ていました。
持った時の指の収まり具合もまあまあで、
思っていたよりバランス良く出来上がったなあ、
などと思っております・・・・。

欲を言えば、見込みの釉溜りの窪みが足りなかったかな・・・・という感じですが、
ほとんど窯の方のフォローの塊のような初作ですので(笑、
次回以降もっと腕を磨いて・・・・。
[PR]
by syotikure | 2009-10-18 19:04 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

秋晴れの休日 ~ 初轆轤(ろくろ) ~


昨日の夕方、近場でガス爆発でも起きたか!と思わせる程の衝撃が我が家を襲い、
何事かとネットでニュースを確認したところ、お隣鹿児島の桜島で噴煙が上空3,000mに達する程の爆発があったようで・・・・。

今朝は6:00ぐらいから、景気のいい花火の連発音が、まるで伝達ゲームでもするかのように我が家の東西南北で鳴り響き・・・・(笑。
外に出てみると、雲一つ無い秋晴れの青空・・・・。
どうやら、運動会決行!の合図だったようです・・・・(笑。

e0071319_16333960.jpg昨日から、何やら発破をかけられっ放しのような心持でしたので(笑、休みだし天気もいいしどっか行こうか、ということに・・・・(笑。

霧島の麓、都城市吉之元町にある、がまこう庵に行って来ました。

昨日の桜島の影響か、道中の車窓から見えた霧島は、靄のようなものがかかっていてすっきりしませんでしたが、がまこう庵のやまかけそばは、鰹節の出汁がしっかり効いためりはりのある美味さで・・・・。
自家製の古代米(赤米)も、クセが無くて美味かったです。


e0071319_16354341.jpg帰り道、寄ってみたのが同吉之元町にある都城窯・・・・。

こちらの窯元では、シラス(古代の火山灰が堆積して出来た、ケイ酸や酸化アルミニウムを主成分としたガラス質の砂)を高熱で溶かして作った「シラスオパール」というものが販売されていまして、なかなかにタイムリーというか、縁の深さを感じました・・・・(笑。


e0071319_163681.jpg昨日以来の発破のせいか(笑、私は生まれて初めて、嫁女は人生二度目の、作陶というものをすることになり・・・・(笑。

用意が出来る間に何を作るか決めておいて下さい、という事でしたので、夫婦それぞれ展示即売コーナーに散り、難易度と欲を天秤にかけながらの品定め・・・・(笑。


まずは、嫁女から作ることに・・・・。


More それでも轆轤(ろくろ)は回っている・・・・(クリック!)
[PR]
by syotikure | 2009-10-04 20:40 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)