<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

嫁女発 ~葡萄の葉~

先日、隣の三股町にある「紫麓窯」に行ってみました。
以前から、通りすがりに看板を目にし、気になっていた窯元です。

いろいろな作品がありましたが、私が気に入ったのは、これ
e0071319_2122729.jpg

浮き出した葡萄の葉と、植物を使った自然釉の色合いに一目惚れしてしまいました。
(写真では、うまく伝えられていないのが残念です)
同じデザインで、他に大きめのお皿などもあったのですが、
一番実用的で手頃な値段ということで、このカップを購入♪ 
「いくら眺めていても飽きない」から、私としたことが、相当気に入った模様です。(笑)
[PR]
by syotikure | 2008-10-22 21:28 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

手びねり!?

久しぶりに盆栽の黒松をじっくりと見てみたら、何やら見慣れぬものが・・・・。
嫁女に聞いてみると、黒っぽい蜂みたいな虫が、盆栽の周りを飛び回ってたということで・・・・。
どうも、地蜂か何かの巣のようです・・・・。

朝晩の水やりぐらいしか人間が近付かず、盆栽の場所もほとんど変わらないので、
巣作りに適した安全な場所だと判断したものでしょう・・・・(笑。

e0071319_2343107.jpg

蜂には申し訳なかったのですが、後々を考えて撤去することに・・・・。
丁度「芽切り」をした部分を土台に巣が作られていて、
ピンセットで撤去を試みたのですが、しっかりと固定され、なかなか強固な作り・・・・。
そのうちにパリッと割れてしまい、破片をつまんで撤去。
中には卵も何も無く、作り始めたばかりだったようです・・・・。

窯入れ前の手びねりの陶器といった作りで、
壊してもったいないことをした、という感が残り・・・・。
ま、きれいに外して(ちょっと無理そうでした)別の所に置いたとしても、
親蜂が戻ってくるかどうかは疑問ですが・・・・。
[PR]
by syotikure | 2008-10-15 19:08 | 盆栽 | Trackback | Comments(0)

嫁女発 ~10月桜~

e0071319_20155358.jpg
今日、お昼のニュースで、母智丘の「10月桜が咲いた」と聞いて、ショチクレと2人で行ってみました。(笑)
場所は、母智丘関の尾県立公園の最西端、「くまそ広場」という所で、
桜まつり会場しか知らなかった私は、公園の広さに驚きながら車で移動。

e0071319_20253113.jpg
3連休ということもあってか、たくさんの親子連れでにぎわうくまそ広場に到着。
広々として、大きな遊具もあり、なかなかよい場所でした。

この広場の西端にある「木漏れ日の森」に入ると
e0071319_20402161.jpg

このように、「関の尾の滝」が見えます。
天気が良くなかったので、少し霞んでいるのが残念です。(望遠で撮影)

今回初めて知ったのですが、公園内には、紅葉広場・桜広場・こども広場などがあり
多目的広場では、子どもたちがグラススキーに興じていました。
散策してみると、椎の木や柿・栗・紅葉など、たくさんの木々もあって、
桜の季節だけでなく、秋もいろいろ楽しめそうです。
[PR]
by syotikure | 2008-10-13 20:54 | 自然 | Trackback | Comments(2)

嫁女発 ~忘れた頃に・・・~

e0071319_10103154.jpg
今日は久しぶりの休日晴天♪
平日は玄関と車の間を
往復するばかりなのですが、
ふと、家の横の小さな花壇に目をやると
何か見慣れぬものが・・・。

これは、去年の春に植えた
フウセンカズラ・・・!
忘れた頃に、咲いてくれました。

去年は全く芽も出ず、諦めていたのに
今年は、いっぱい実をつけています。

こんなこともあるんですね。
植物ってすごい!!
思わず「頑張ったね」と
声をかけてしまった私です。(笑)


忘れた頃に、嬉しい知らせって
喜びも2倍に感じられます。

次は、種のハート模様が見られるのを
楽しみに待つことにします。
[PR]
by syotikure | 2008-10-12 10:25 | 諸々 | Trackback | Comments(2)

往年の化粧瓶-4 ~薩摩・ほか編~

そして、薩摩とその他の地域の化粧瓶・・・・。


e0071319_353598.jpg鹿児島酒造製、西郷どんの陶器瓶「さつま諸白」。

NHKのドラマ「翔ぶが如く」をやっていた頃に
作られたもののようです。
他にももう一種類、西郷どんボトルがありましたが、
そちらにも「翔ぶが~」の首かけがありました。

鹿児島酒造といえば、例の事故米報道により
騒動に巻き込まれた蔵元として
記憶に新しいものがあります。

鹿児島県酒造組合は、「風評被害を受けた」として
国を相手取り訴訟を起こす方針のようです。
1日も早い真相究明と、再発防止策の実施が望まれます。


e0071319_3124937.jpg舟徳利 作州武蔵

岡山県の、勝山酒造という蔵元の日本酒です。
揺れる舟の中でも倒れにくいように、という配慮で
このような形の徳利が出来たと言われています。
見た目にも安定感のある、収まりのいい形です。


More 珍品・・・・?!
[PR]
by syotikure | 2008-10-04 20:20 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

往年の化粧瓶-3 ~豊後編~

続きましては、豊後編です。

昔からの麦焼酎の広がり・深化の表れか、ご主人の好みか、
種類・数とも一番多かったような印象があります。
その中から何点かを・・・・。


e0071319_15419.jpg大分のとんち者・吉四六さん陶器瓶入り「どっとん」。

よく見ると、肘をかけて身体を預けているのは、藁葺き屋根の家です。
吉四六さん巨大化バージョン・・・・?(笑。

e0071319_162263.jpgもう一種類ありました。
こちらは「木の側に腰掛けて一休み」風の吉四六さんバージョン。

e0071319_17472.jpg赤嶺酒造製の、素朴な心和む陶器瓶・・・・。


More 更に・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-10-04 00:21 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)

往年の化粧瓶-2 ~球磨・肥後編~

続きまして、球磨・肥後の化粧瓶です。


e0071319_23591482.jpg球磨焼酎 あさぎり

ひょうたんの色と形をうつした陶器が、ありそうでなさそうな・・・・。

e0071319_00580.jpg米焼酎「九代目」、麦焼酎「茶屋」で有名な蔵元です。
手書きというのがいいですね。
今でも、この銘柄は残っているのでしょうか・・・・。

e0071319_005877.jpgそしてご存知、「武者返し

e0071319_014017.jpgこういう化粧瓶入りは初めて見ました。


More 更に・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-10-03 00:51 | 焼きもの | Trackback | Comments(0)

往年の化粧瓶-1 ~日向国編~

上野焼の、ある窯元さんで見かけた、化粧瓶コレクションです。

うかがった話では、この窯元のご主人が焼酎や酒の化粧瓶がお好きで、旅行に行った際ご自分で手に入れられたり、また旅行に行かれた知人からお土産として頂いたものが、いつの間にか二間幅のスチール棚両面に置き切れないほどのコレクションになってしまったのだとか・・・・。

了解を頂いてからは、時間を忘れてその貴重な姿をデジカメに納め・・・・(笑。

まずは地元・宮崎のものから・・・・。

e0071319_18542374.jpgえびの市の明石酒造、「名月赤松化粧瓶。

お正月用として発売されたものか、
なかなか立派な赤松の幹・・・・。

e0071319_1855487.jpg続いては、落合酒造場の「からいも焼酎 黄金瀬

からいも(唐芋。サツマイモ)焼酎というネーミングが、
素朴さと宮崎らしさを主張しています。

e0071319_18553816.jpg我が地元の酒造会社、都城酒造の「たぬき徳利

何ゆえ都城で「たぬき」なのかよく判りませんが(笑、
今では見かけない素朴な化粧瓶。


More 絶版ものの数々・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-10-01 22:17 | 焼きもの | Trackback | Comments(2)