<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嫁女発 ~クチナシ

e0071319_834204.jpg
私の職場の庭に、くちなしの花が咲いていました。
うちの盆栽と比べるとかなり遅い開花です。
でも、「6月の梅雨時期に咲く」とされているようなので、うちのが早かったようです。(笑)

こちらは八重咲きで、面白いことに、
まず、まわりの6枚の花弁が開いたあと、1日程遅れて中の部分が開きます。
花がたくさんついたので、香りも一面に広がっていました。
 お店で見てみると、クチナシって色々種類があるのですね。
[PR]
by syotikure | 2008-06-28 09:25 | 道端 | Trackback | Comments(4)

梅雨の晴れ間・・・・

e0071319_21463150.jpg

昨夜のバケツを引っくり返したような、当たると痛そうな豪雨が止み、今日は陽こそ差さなかったものの穏やかな曇り空・・・・。

昨夜は物置に避難していたコロスケも、今日は朝から外に出してもらい、その後いつの間にか鎖を外し、昼過ぎまで逃走・・・・(笑。
うちの嫁女が口笛を吹いていたら、えらいもんで戻ってきました・・・・(笑。
様子を見に行くと、尻尾を垂れ、なにやら申し訳無さそうな様子で・・・・(笑。

一時外出して戻ってきてみると、最近得意のこの形に・・・・(笑。

各地で豪雨による被害が出ているようですが、とりあえずは平穏無事な、コロスケと我が家でした。
[PR]
by syotikure | 2008-06-22 22:17 | One Day | Trackback(1) | Comments(2)

嫁女発 ~梅雨の花見~

e0071319_8223549.jpg
この時期、車を走らせていると、目に飛び込んでくるのが、色とりどりのアジサイ達。
たくさんの種類がある上に、個体によって色が違っているので、他と違う色の花を見つけるのも面白いものです。

一般に「アジサイは土が酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなる」といわれていますが、こんなサイトを見つけました。
事実だと思っていたことが実は違っていた・・・? こんなことを考えながら花を見るのも私は好きです。

正岡子規の俳句に「紫陽花や はなだにかはる きのふけふ」というのがありますが、
毎日の変化を楽しみつつ、自分自身を見つめることにもつながっていそうです。(笑)
[PR]
by syotikure | 2008-06-21 09:02 | 道端 | Trackback | Comments(4)

城山三郎を読んで


e0071319_114957.jpg昨日、沖縄が梅雨明けしたとの報道を耳にし、みやこんじょの梅雨明けはいつになるのやらと、羨ましい気持ち半分、暑中見舞いも半分、という感じの今日この頃・・・・(笑。
今年は一体、どんな夏になるのやら・・・・。

「晴耕雨読」という culture の語源っぽい生活とは程遠い(笑、照っても降っても営業外回りの日々ですが、そんな中1ヶ月ほど前から読み直しているのが、城山三郎氏の著作です。

学生時代から、城山氏の名前だけは知っていたのですが、「経済小説」という分野に対して敷居の高さや縁の無さを感じ未読のままでいたところ、昨年氏の訃報に接しました。
その時に、氏のプロフィールを知る機会があり、また小説家の藤沢周平氏や「戦艦武蔵」の著者である吉村昭氏と同年生まれであることを知り、急に興味を感じて読み始めたのでした。

東京裁判で絞首刑を宣告された7人のA級戦犯のうち、唯一の「文官」だった元首相広田弘毅の、「戦争責任の取り方」とその生き様を初めて世に知らしめた「落日燃ゆ」、足尾鉱毒事件と田中正造の生涯を世に知らしめた「辛酸」など、城山氏ならではの「人選」をした作品だと思います。

この世代の作家達が共有した体験、それを踏まえて出てきた「モノの見方・考え方」は、風化しかけた記憶を呼び覚まし、同じ轍を踏まない為に、これからもっと重要になると思います。

映画監督の伊丹万作氏(伊丹十三氏の父)が戦後書かれたエッセイに、
「『私も騙されたんだ』と言えば、被害者面すれば、罪を免れると思っている人が多いようだが、騙された方も騙した方と同罪である」
という趣旨のものがあります。
一方、過労死や、仕事の悩みから鬱病になって自殺、などという悲報を見聞きすると、「真面目」な「責任」感の強い方だったのだろうな、と哀悼の念が湧くと同時に、「思い込み」に気付かないままだったのではないか、とも思ってしまいます。

大きな無責任」に対抗するには、魯迅風に言えば「嘘をつく」「疑う」「逃げる」という3つの「武器」が必要、と思う今日この頃です。
[PR]
by syotikure | 2008-06-18 03:19 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

嫁女発 ~窯元展in串間~

e0071319_23123585.jpg
昨日、串間市の「旧吉松邸」という所で「九州窯元行列in串間」というイベントがあるのを聞きつけ、2人で行ってきました。

都城から車を走らせること1時間ちょっとで串間市に到着。「旧吉松邸」では手作りの看板が出迎えてくれました。
e0071319_23244171.jpg
串間の商工会議所青年部の方々が、地域活性化を目指し、今年初めて企画したものだそうです。
有田・唐津・伊万里と宮崎の15窯元が集まり、他にも盆栽屋さんと、なぜか宮崎駿原画展も・・・。
e0071319_23483126.jpg
最終日のため、展示品が少なくなっていたので、ちょっと物足りない感もありましたが、
会場自体が見学価値のある建物でしたし、初めて見る窯元も多く、結構楽しめました♪
ただ、2人ともカメラを持っていってなかったので、写真は携帯でちょこっと写したのみでした。(+_+)
[PR]
by syotikure | 2008-06-02 23:50 | 焼きもの | Trackback | Comments(4)