<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春の景色


夕暮れせまる、西都原(さいとばる)古墳群です。
仕事の帰りに通りかかって、絶妙な色合いに見とれ・・・・。
e0071319_16272994.jpg



こちらは、仕事に行きがけの写真・・・・(笑。
通り道」にこれだけの景色が広がれば、どんなに忙しかろうと閑だろうと(笑、ついつい足を止めて見入ってしまいます・・・・。
e0071319_16271586.jpg


この西都原は、古代から人々が周辺に住み暮らし、文化的にも交流が多かった地域と思われます。
何ゆえ菜の花が植えられるようになったかは不明ですが、以前、某大手ビールのCMにも使われ、すっかり有名になりました。

桜並木も有名で、菜の花と同じ時期に一緒に愛でられる場所は、県内でもそうはないのではないかと思われます。
桜の方はまだまだ蕾が多く、今週末から来週にかけてが旬のようでした。

命短し野球見よ男
と言ったのは、評論家の玉木正之氏ですが、野球が見たくてもスワローズはとっくに西都キャンプを終えており・・・・。
ただ、キャンプは充実していたようで、開幕から「新自由主義階層化球団」相手に心憎いばかりの野球をやってくれております・・・・(笑。
あんら春かい縁起がよかね~、という感じで・・・・(笑。


この西都原、次回は桜が咲いた時に訪れてみたいと思っています。
[PR]
by syotikure | 2008-03-31 23:16 | 道端 | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~今年の母智丘~

e0071319_112680.jpg
昨日,母智丘の桜が気になり,ちょっと行ってみました。(笑)
桜は5分咲きでしたが,桜祭りはすでに始まっておりました。
この参道ももう少しで「車通行止め」になるところで・・・。
写真には写っていませんが,屋台も並び,青いシートも敷いてあって準備万端の方々も。

残念ながら今日は雨ですし,来週まではもたないかなぁ~??
今年は母智丘だけでなく,よその桜にも気を配ってみることにします。^_^;
どっか近くでいいとこないかなぁ~?
[PR]
by syotikure | 2008-03-30 10:56 | 道端 | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~我が家にも・・・~

日差しが暖かくなってきて,巷では桜の話題が聞かれるようになり,
モミジ・カエデ・ケヤキ等々,ウチの盆栽達も急に芽吹き始めました。その中で
e0071319_8264125.jpg
昨年熊本の植木市で購入した「チョウジュバイ」と,京町二日市で購入した「ムレスズメ」にも花が・・・

こうして昨年の写真と比べてみると,チョウジュバイは思った以上に生長していました。
ムレスズメは,ちょっと伸びすぎ??? 今後どう扱えばいいのか勉強が必要ですが,
昨年は,花が咲かなかったので,今年の開花は喜びひとしお♪
我が家にも春が来た~ぁ!!  これから忙しくなりそうです。
[PR]
by syotikure | 2008-03-29 09:03 | 盆栽 | Trackback | Comments(0)

ポスター館

e0071319_20191433.jpg「神城文化の森」内のポスター館です。

規模的には、大分県豊後高田市の「昭和ロマン蔵」よりも小さいものでしたが、なかなか面白そうなものがちらほら・・・・。


e0071319_20195173.jpg戦後のものでしょうか、バナナのPRポスター。

兄妹らしき二人の、汚れ無き晴れやかな表情と、「バナナ一本=玉子二ツ」というコピーがなかなか・・・・(笑。
バナナ業界が、このようなポスターを作ってバナナの一般化に一所懸命だったというのも意外でした。


e0071319_20202073.jpg見たままです・・・・(笑。

往時は、薬局の前に立ててあったのでしょう。
周囲の品々に埋没せず、かなりのインパクトがありました・・・・(笑。
」という字の下側の止め方も、なかなか意味深で・・・・(笑。


More 一勝地焼の蔵
[PR]
by syotikure | 2008-03-25 20:25 | | Trackback | Comments(4)

ひとよし球磨は・・・・

回り道して菜の花を見に行った後、えびの市の加久藤峠を越えて、一路熊本県の人吉市へ・・・・。
今月末まで、市を挙げて雛祭りを開催しているということをTVCMなどで見かけていたので、とりあえず行ってみるかと・・・・。

e0071319_20102495.jpg


e0071319_20215992.jpg上の雛人形は、「神城文化の森」にある4階建ての「神城」(左の写真)内に展示してあったもの。
なんせ展示数1万点ということで、とにかくいろんな雛人形が所狭しとてんこ盛り状態で展示してありまして、初っ端はごくごくオーソドックスなものをアップしてみました・・・・(笑。


e0071319_20222957.jpg「神城」受付脇に置いてあった、10本入り木箱のミニチュア焼酎セット・・・・。

最近は、10本入りの木箱、とんと見かけなくなりました。
酒屋、酒問屋に勤める人達の「職業病」とも言える腰痛を減らす為、運搬時の負担軽減を図った「九州P箱」と呼ばれるグリーンの6本入りプラスチック箱に切り替わってから、結構な時間が経つように思います。
このサイズで見ると、なかなか味のある木箱・・・・。


More 個人的に気になったものをご紹介・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-03-24 20:33 | | Trackback | Comments(4)

黄色い絨毯  ~大淀川河川敷~


連休初日、仕事中に通りかかって気になっていた、都城市北部を流れる大淀川に夫婦でふらりと行ってみました。
花曇の空の下、一面満開の菜の花・・・・。
e0071319_16382429.jpg

この大淀川は一級河川になるようで、ということは管理は国交省のはずですが、国が植えたとも思えず・・・・。
かといって、自然のままに咲いたとも思えず・・・・。

こちらは、橋と反対方向の下流側。
e0071319_1639514.jpg

ちなみにこの辺りは、大淀川が蛇行して東から西に流れていて、
山が西側高い側と思い込んでいる太平洋側育ちの人間には「?」という感じです・・・・(笑。

橋より上流側には、対岸にも「黄色い絨毯」が続いているのが判るでしょうか。
e0071319_16393535.jpg

全長何kmにわたるのか判りませんが、見渡す限り・・・・。
これだけの規模の菜の花を見ると、壮観という一語に尽きます。

この日は、人吉の雛祭り見物をして、霧島の温泉に泊りに行く道中だったのですが、
わざわざ回り道して見に来た甲斐がありました・・・・。
[PR]
by syotikure | 2008-03-23 19:07 | 道端 | Trackback | Comments(2)

嫁女発 ~お出かけ日和♪~

今朝,洗濯物を干していたら,近くで「ゴ~ッ・・・ゴ~ッ」という音が・・・。
何かと思って見てみると,またまた気球!(逆光なので暗くなってしまいました)
e0071319_9435140.jpg
時々見かけてはいたのですが,今日はウチの近所まで来てくれました。
慌てて写真を撮っていると,今度は頭の上から「ゴ~ッ」と聞こえたので
驚いて見上げると,真っ赤な気球がウチの上にまで! 乗ってる人も見える距離!!
e0071319_944765.jpg
今日はお出かけ日和,青空の中,とっても気持ちよさそうでした。

e0071319_9442335.jpg
でもコロ助は,興味なし。どこにも出かけられなくてつまらないのでしょうが,
ぽかぽか日差しの中,やっぱり気持ちよさそうでした。(笑)
[PR]
by syotikure | 2008-03-22 09:58 | One Day | Trackback | Comments(2)

初がつお ~港の駅 目井津~

e0071319_2128772.jpg

いきなりの鰹幟(かつおのぼり)の絵、なんのことやとお思いかもしれませんが、先日来、地元TVで初鰹の話題が流れていまして、これは旬を楽しまねば、と今日早速、鰹漁で有名な南郷町は目井津港の「港の駅 目井津」に行ってきました。
旬だけあって、鰹幟も活きが良さそうです(笑。


e0071319_21302234.jpg電話予約で頼んでいたコース料理を待つ間、エビスの瓶ビールを飲みながら店内を眺め回していると、黒板に見慣れぬ文字が・・・・。
ウツボを唐揚げやタタキで食べられるようで・・・・。
漁師町出身の嫁女も、初めて見たようでした。


待つこと約十分、いよいよ旬の幸の登場!
e0071319_21311357.jpg



More 海の幸、旬の恵み・・・・
[PR]
by syotikure | 2008-03-16 22:36 | 日向の食 | Trackback | Comments(8)

黄砂の節句 「むぎ銀滴」

e0071319_21264197.jpg朝、車に乗りかかると、昨日洗ったばかりの愛車が汚れているのに気が付き、昨夜、雷を伴った激しい雨が一時降ったので、ブロック塀か何かで雨粒が跳ねたんだろうと思い、そのまま出社してみると、露天駐車の営業車にも、全体的に薄い泥水のようなドットが・・・・。
相当量の黄砂が降っていたようで・・・・。
出掛けに洗車したものの、昼ごろには元の木阿弥・・・・(笑。

「桃の節句」というのに何の関係も無い我が家、とりあえず焼酎でも飲もうかと・・・・(笑。
去年、出張先で手に入れた、王手門酒造の「むぎ銀滴」を開封。
2,3年前、同じ王手門酒造の常圧麦「龍・」(ろんてん)を富山県は高岡市の飲み屋で飲む機会があって、結構美味しかった記憶があったので、この「むぎ銀滴」も期待大・・・・。

麦・麦麹で仕込まれたこの「むぎ銀滴」、常圧麦らしくしっかりした香りとなかなかの飲み応えで、苦旨みとほのかな甘みがいいバランス・・・・、うん、美味いです。
くどさのない後口は、最初ちょっと辛いと言っていた下戸の嫁女も「もう一杯飲みたくなる味やね」と。
購入した酒屋さんの話では、「龍・」は特約店のみにメーカー直で入荷するが、この「むぎ銀滴」の方は卸経由で、結構数が出回っているのではないか、ということでした。
常圧麦としての質の高さと900円そこそこのお手頃価格、このコストパフォーマンスはちょっと類例がないかと・・・・。

かなり蔵元の力の入った焼酎と思われ、毎日の晩酌用としてなかなかの逸品です。
[PR]
by syotikure | 2008-03-03 22:30 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(10)