<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「暁 20度・35度」 宮崎の米-7

e0071319_22143326.jpg鹿川(ししがわ)渓谷に行った際、ついでやと思い高千穂まで上ってブラブラし、お土産に買ってきたのが、この「暁(あかつき)」です。

以前一度試飲したことはあったのですが、その時はちょっと香りの刺激が強く感じ、自分には合わないかな~と思い、それっきりでした。
その後、酒の味というのは、飲んだ時の体調や精神状態、気候、雰囲気などに結構左右されるものではないかと段々思い始め、いつかはしっかりと飲んでみなくては、と思っていたのでした。

幾多の風雪を耐えてきたかのような、風格あるラベルに好感が持てます。
ワンカップと共通しているのは、原材料表示で「醸造用糖類」「砂糖添加」の文字が消されていること。以前は砂糖を使用していたのでしょうが、今は使っていないということです。
ワンカップの製造年月日表示(下段写真)が、いかにも手作りであることを伝えてきます。


e0071319_2233418.jpg早速20度ワンカップから・・・・。沖縄で買ってきたショットぐい呑みに注ぎ、まずは生で。
常圧米焼酎ど真ん中!という香りがいいですね~。
飲んでみると、20度ですのでスルスルと喉を過ぎていきますが、甘みとコクがしっかり残ります。いやぁ、美味い・・・・。以前もこんなだったかな・・・・(笑。あんまりあてにならない、舌と鼻で・・・・(笑。ロックにすると、更に強くコクを感じます。

次は、いよいよ35度を。
香りは、20度に比べ濃厚になった、というだけでなく、また別の風味が加わった、という感じで・・・・。
生で飲んでみるに、常圧特有の濃厚な風味と硬質なミネラル感、そして度数由来なのか20度には無いドライさが、舌から喉に広がっていきます。
20度とはちょっと別種の焼酎ですね。不思議な感じがします。
ロックにするとドライさが更に増し、後口に「複雑な贅沢さ」とでも言えばいいのか、凝縮された風味が漂います・・・・。「濃厚ガツン系」とでも言えばいいでしょうか・・・・。
寝かせてまろやかさが出てきた時に、どういう味になるか、非常に楽しみです。


製造元のアカツキ酒造合資会社は、ご家族でこの焼酎を作られているようです。
この唯一無二とも言うべき「暁」を、いつまでも造り続けて欲しいものです。
[PR]
by syotikure | 2006-09-30 23:13 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(4)

天空への・・・・

e0071319_23223697.jpg先日の休みに、県北は延岡市の鹿川(ししがわ)渓谷沿いにある、比叡山を訪れてみました。

鹿川沿いに曲がりくねった道を抜けていくと、
この比叡山の威容が目の前に現れます。
街の喧騒を離れたこの辺りは、
セミの音と川のせせらぎの音が響くばかりです。

宮崎県内ではなかなか目に出来ない、
岩石質の山肌が露出した、異形の山比叡山。


e0071319_2328511.jpg川向こうの山も、同じような姿です。
迫力があり、黙って見入ってしまいました。


More なにやら見慣れぬものが・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-09-27 00:12 | 自然 | Trackback | Comments(6)

嫁女発 ~ご無沙汰してました

e0071319_23213495.jpg
コロ助がうちに来て,1年が過ぎました。
思えば,このブログを始めた頃にやって来て,ほんの数日の「お泊り」のはずだったのに・・・。

コロ助もすっかり大人になってしまいまして,小さい頃の写真を見ながら,
あの頃は可愛かったなぁ などと思ったりしますが・・・(笑)
でも,近寄るとシッポを振ってくれるし,まぁ今も可愛いことは可愛いなぁ と思いつつ
コロ助との生活を楽しんでいる毎日です。

夏バテ気味だったのも治ったようで,最近はまたよく食べるようになりました。
写真は,好物のガム(犬用)を,前脚で器用にはさんで食べているところです。
[PR]
by syotikure | 2006-09-21 23:43 | One Day | Trackback | Comments(6)

「古 澤」  宮崎の麦-6

都城もだいぶ秋めいてきて、朝など毛布がいるかなと思うぐらい涼しくなってきました。
この時期、某大手メーカーの秋期限定ビールを、毎年恒例のように飲んでいましたが、
そろそろビールも終わりかな(風呂上りは別ですが)と思うようになり・・・・。

e0071319_23193744.jpg先日手に入れた、「古澤」を飲んでみることにしました。
酒屋さんの話では、普通のものとはちょっと違う種類の麦を使用した、常圧蒸留の熟成モノということでしたので、期待しつつ開封・・・・。

香りは、特に際立った特徴が無く、おとなしい麦焼酎といった感じでしたが、生で飲んでみると、その飲みやすさに驚きました。
雑味が全くと言っていいほど無く、もしや減圧では?と思ってもみたのですが、減圧特有のスカスカした感じもなく、しっとりとした味わいがあり、度数を勘違いしたのかも、と思いラベルを見直しましたが25度・・・・。
水のように飲める、とはまさにこの事かと。日本酒では聞いたことのある形容詞ですが、まさか麦焼酎でそう思えるとは・・・・。
ロックにしても、印象は変わらず・・・・。食中酒としても、いいでしょうね~。
雑味の無さから、原料は裸麦かもしれないと思いました。
下戸の嫁女も、「こりゃ飲みやすいわ」と結構飲んでおりました・・・・(笑。

古澤醸造合名会社の焼酎は、個人的には「優しい」味わいの銘柄が多いと思っています。芋3年古酒の「一壷春」など、県外の知人にお土産として持っていく程好きな銘柄ですが、また新たに好きな銘柄が加わりました。
蔵の名前をそのまま銘柄にし、渾身の自信作であることがうかがえます。
[PR]
by syotikure | 2006-09-21 00:52 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)

台風一過・・・・

e0071319_21365089.jpg台風13号が通過していきました。

幸い、都城では目立った被害はなかったようですが、県北の延岡市では竜巻が起こり、複数の死者を出すなど大きな被害が出たようです。
特急電車が、終点駅を目の前に横転したり(左写真 NHKニュースウォッチ9より)、ホームセンターの陳列棚が倒れ、その下敷きになった人が亡くなられたりと、今までにあまり聞いた事の無い被害状況が報道されています。


More 竜巻の猛威・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-09-18 22:04 | 自然 | Trackback | Comments(2)

祝!最年長ノーヒットノーラン!!

e0071319_18544659.jpgドラゴンズの山本昌広投手がやってくれました!
佐藤義則投手(ブルーウェーブ)の40歳11ヶ月を塗り替える、41歳1ヶ月の快挙!
それも首位を争うタイガース戦でやり遂げたことは、ただただ素晴らしいの一言です。
いつもよりプレッシャーのかかる状況だからこそ、出来たことなのかもしれませんが。

初回から降板するまで、というより、ルーキーの頃から今まで、速球のスピードがあまり変わらない、というのも不思議なピッチャーで・・・・(笑。

LAドジャース傘下の1Aベロビーチでスクリューボールを会得し、メジャーからお呼びがかかるも、優勝争い中のドラゴンズに呼び戻されすぐに5勝を上げ、翌年からはチームの主軸としてドラゴンズの顔とも言うべき存在になっていった山本昌投手。

昔「Number」か何かのインタビューで、当時スワローズに在籍していた現役バリバリのメジャーリーガー“ワニ食い”ラリー・パリッシュが、対戦した日本の投手ベスト3の1人に挙げた上に、同じベスト3の今中投手(ドラゴンズ)以上に評価していたことが思い出されます。「スピードが無いのに、あれだけの実績を上げられるのは、投球術が優れている証拠だ」と。

膝を曲げ、グラブを体から離し上体を前傾させた独特のセットポジション(ドラゴンズに在籍したクローザー、ソン・ドンヨル投手が「ランナーへのけん制がしやすく、セットポジションではベスト」と言い、真似ていたとも聞きます)、対戦するバッターに実測以上の速さを感じさせる組み立て、投球フォーム。
昔、王選手が「今までに対戦した中で、一番球が速い投手は?」と聞かれ「スワローズの安田だ」と答えた話は有名ですが、その安田投手(いしいひさいちの漫画にも登場し有名でした)に勝るとも劣らない投球術は、現役で彼の右に出る投手は皆無と思われます。

初動負荷理論のトレーニングで有名なトレーナーの元に通い(あのイチロー選手も、このトレーナーに出会いトレーニングに対する認識を改めたといいます)、間接の可動域を広げて、筋力に頼り過ぎないケガの少ない体作りを行ってきた日々の積み重ねが、この最年長記録に繋がったとも言えると思います。

芸能人モドキのチャラチャラしたどこぞのスター?選手と違い、ラジコンとクワガタ飼育が趣味という素朴な一面を見せる山本昌投手を、最後まで応援していきたいと思っています。
[PR]
by syotikure | 2006-09-17 18:58 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(2)

踏み込んだら、抜けられない・・・・  ~藤沢周平~

最近、藤沢周平の日々、です・・・・(笑。
寝床の枕元は、ずっとこの状態・・・・。

e0071319_23505923.jpg立ち飲みHAKUDOUさんのお勧めもあって、出張中から読み始めた藤沢周平の小説。

一人の作家の小説を、これだけ続け様に読むのは、15,6年ぶりぐらいになるでしょうか。
ある時期から、小説を読むのがなんだか時間の浪費のような気がして、さっぱり読まなくなりまして・・・・。
ノンフィクションやルポルタージュものしか、読まなくなっていました。

先月初め、藤沢周平と司馬遼太郎両氏の作家としてのスタンスの違い、を比較した評論を読む機会があり。
上から見下ろす視線では書かない作家、という評価を読み、どんなものかいなと読み始めてみたら、1ヶ月ちょっとでこの状態・・・・。


今では、ウチの嫁女も隣で毎晩読むようになり・・・・。
夫婦揃って、「いいよな~」と言い合ったりしております(笑。

ある人が、藤沢作品を全て読み切ってしまったら、人生の楽しみが減ってしまう、とワザと数作品未読のままにしていることを知り、気持ちが解りました。
ちなみに私の本棚には、山本周五郎の「樅の木は残った」が、20年ぐらい前から未読のままずっと残っています。
長いからとっかかれない、というのも多分にありますが(笑、最高傑作といわれるこの作品を、中途半端には読めないな~、という気持ちが強く・・・・。

書評にも何にもなりませんでしたが(笑、藤沢作品、お勧めです。
秋の夜長に、是非。
[PR]
by syotikure | 2006-09-14 00:24 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(7)

嫁女発 ~旅の思い出~

e0071319_1462757.jpg
どこへ行っても
ほとんどお土産を買わない私でしたが,
金沢へはもう2度と来られないかも知れない
という思いが何故か湧いてきて
財布の紐が緩んでしまいました。

これは東茶屋街で買った風鈴です。
たくさんある中から選ぶのはひと苦労でしたが
それもいい思い出となりました。


















e0071319_150328.jpge0071319_14594759.jpg














これは兼六園で買ったスタンド?と文鎮。それと茶屋街の手ぬぐい屋で買ったハンカチ。
私は着物が大好きなんですが,他の和の小物にも興味があるとは・・・。\(〇_o)/


それぞれを目にする度,その日の光景をはっきりと思い出せるなんて・・・。
これから旅行に行く度に,自分用のお土産をたくさん買ってしまいそうです。(笑)
[PR]
by syotikure | 2006-09-03 15:29 | | Trackback | Comments(8)

地鶏の中へ・・・・ 「とり乃屋」

大分に遊びに行った帰り、晩飯をどうしようかということになり、時間も遅かったので、そのまま都城の夜の街に・・・・。
久しぶりに、地鶏屋さんに入ってみました。

e0071319_0393584.jpg二人前頼んだので、一緒に盛ってきたものとばかり思っていたら、実はこれで一人前!(笑
「これでモモ一本です」と、運んできたお兄さん。
適度な噛み応え、噛むほどにジューシー・・・・。
夫婦は、寡黙に食いつくのみ・・・・(笑。

少量の塩と胡麻油と胡麻であえ、軽くラー油を垂らしたかと思われる、小皿の胡瓜も美味しく・・・・。

ビールも、異常に美味かった・・・・(笑。


More メニューが・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-09-01 01:09 | 日向の食 | Trackback | Comments(5)