<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

金沢 茶屋街の涼

e0071319_23321033.jpgひがし茶屋街にあった、ガラス屋さんです。

表通り側は喫茶店なのですが、奥に入っていくと座敷や土間に、風鈴を中心としたガラス製品がディスプレイしてありました。

この写真は、店の一番奥の間に飾ってあった、ガラス玉の数々・・・・。
電光が入り、店の作り・雰囲気によく合っていました。


More 涼やかな、暖かさ・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-29 23:55 | | Trackback | Comments(4)

金沢の茶屋

e0071319_0484594.jpgそんな茶屋街の中で、一般公開している「志摩」という店に入ってみました。


e0071319_0494794.jpgべんがらの壁というものを初めて見ましたが、日の光の下で見ても、この艶やかさ・・・・。
昔から「赤」という色は、人間にある種の効力を発揮するという事が、判っていたようです。
行灯の光の中で、さぞや艶っぽい光景が繰り広げられたことでしょう・・・・。


e0071319_0543299.jpg金屏風で囲まれ、隣室が仄かに垣間見える作り・・・・。
人間心理を知り尽くしたかのような・・・・(笑。


More 艶やかさの一端・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-28 01:25 | | Trackback | Comments(2)

金沢 ひがし茶屋街

食事で満足した後、ひがし茶屋街へ。

e0071319_23263793.jpgちょうど団体観光客が来ていたので、そこに紛れ込みガイドさんの説明を拝聴しました・・・・(笑。
街並みだけ残っているのかと思っていたら、現役で営業されているお茶屋さんも数軒あるそうで、夕方になると芸妓さんがちらほら見られるとか。
一見さんはまず無理で、馴染みの客の紹介又は同行しか駄目なのだそうで・・・・。


More 裏通りに入ると・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-24 23:36 | | Trackback | Comments(0)

金沢の食

この日は、午前中に長町武家屋敷跡を回り、午後からひがし茶屋街に行くことに・・・・。

現地で昼食を食べようかとひがし茶屋街周辺まで行ってみましたが、まず駐車場がどこも満杯、食事をする所もガイドブックに載っているようなところばかりで長蛇の列・・・・。
ぐるぐる回っているうちに、「暑さと空腹のせい」で、段々と車内は気まずい雰囲気に・・・・(笑。

とりあえずどっかに車を停め、食えるものを食うしかない、と目に入った路側駐車帯に車を停め、たまたま近くにあった寺の門前の商店街に、お互いほとんど言葉も交わさぬままなだれ込み・・・・(笑。

どうせ入るのなら、昔からの味を守っている年寄り夫婦がやってそうな食堂に入りたい、とあまりあてにならない洞察力を頼りに(笑、商店街を一往復・・・・(笑。
嫁女は、焦点の合わないうつろな目で、無言のまま日陰伝いに歩いていました・・・・(笑。

そして、この食堂を見つけました・・・・。
e0071319_2323217.jpg
京都の町屋は、間口は狭いが驚くほど奥行きが深い、と聞きますが、この建物もかなりの縦長・・・・。
作りの古さ、暖簾の日焼け具合などに腰が引け気味の嫁女を説き伏せ、店内に・・・・(笑。


More 金沢の食 
[PR]
by syotikure | 2006-08-22 00:25 | 他郷の食 | Trackback | Comments(5)

金沢の夜

e0071319_2141185.jpg昼間、兼六園や美術館を訪れ
加賀百万石の文化を垣間見、
夜は夜で金沢の街へ、フラリと・・・・。

裏通りにあった、「カネキ」という居酒屋に入りました。

ゴルフ帰りと思しき壮年4,5人以外には客はおらず、
割合落ち着いて酒食を楽しめました。

その中で印象的だったものを・・・・。


e0071319_217964.jpg久しぶりに、秋刀魚の刺身を頂き・・・・。
4年前に北海道で食べて以来で、あぶらがのって美味でした。
秋刀魚が刺身で食べられるのも、北陸ならでは・・・・。


e0071319_219281.jpg市場でも見かけた、車鯛の刺身。
初めて食べたのですが、プリプリの鮮度で甘みもあり、なかなかでした。


More まだまだ続く、金沢の夜・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-20 21:50 | 他郷の食 | Trackback | Comments(4)

北陸・金沢 「金沢港内魚市場」

先日、夫婦で石川県に行ってきました。
よ~どこそこ行くもんじゃ、と言われそうですが、休みが合う時でないとなかなか遠出が出来ないもので・・・・(笑。

金沢港にある厚生食堂というところに海鮮丼を食べに行ったのですが、あいにくこの日は休み・・・・。
同じ敷地内にある市場に行ってみました。
e0071319_217218.jpg


地モノの魚・魚・魚・・・・。

e0071319_2181569.jpg日本海でしかなかなか見ることが出来ないハタハタ。
一時期乱獲で数が激減したようですが、
最近は漁獲制限等でだいぶ戻ってきているそうです。


e0071319_219121.jpg柳八目(やなぎはちめ)。
メバルのことを、八目と呼ぶそうで。
他に茶八目、金八目、赤八目という種類があるそうです。
金沢では金八目が珍重されているそうですが、
能登では茶八目が人気とか。


e0071319_2195867.jpg車鯛。
最初見た時は、カワハギかと思いました。
よく見ると、口の形が違いました。


More 実食・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-19 21:34 | 他郷の食 | Trackback | Comments(2)

~ 南風 ~

先日の沖縄旅行の時に、ホテルの売店で見つけたCDです。

e0071319_215063.jpg現地でのドライブの時、BGMで雰囲気を盛り上げてくれていたのですが、帰ってきてからも大活躍しております。
お盆の渋滞でも、イライラしないですみます(笑。
ゆったりとしたインスツゥルメンタルの三線の音色が、なんだかなごみますね~。

帰ってから気付いたのですが、このCD、実は現地のインディーズレーベルで、国際通りにある高良レコード店というところのオリジナルでした。
写真のオイサンが奏者なのかどうかは不明ですが、「花」「涙そうそう」「島人ぬ宝」などなどメジャーな曲が三線一本で弾かれ、新たな魅力を引き出しています。


暑さやなんやでイライラしがちな今日この頃、このCDが南の風を運んでくれています・・・・。
[PR]
by syotikure | 2006-08-18 22:02 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(0)

お盆

昨日から、お盆で帰省をしていました。
仲人宅に挨拶に行った後、母方の実家へ。
e0071319_2035517.jpg

一族郎党せいぞろい、とまではいきませんでしたが、
祖母・伯父・伯母・従兄弟・従兄弟の子供達と、
上は80代から下は1歳児まで3分の1ほどは揃って、
それでもやかましいやかましい(笑。

帰り際の玄関先の光景。
何人かは帰っていたのですが、
それでも親戚一同の靴がこれだけ揃うことも
年に2度ぐらいの光景かと思い・・・・。

この後、父方の実家に立ち寄り、皆の無病息災を仏前で報告。
近所にある実家で一服した後、一路県北の嫁女の実家へ。

帰ってきたのは、今日の夕方でした。

今夜の夕ご飯は、魚寿司と、沖縄土産のソーキソバ、それにゴーヤの酢漬け。
e0071319_21124266.jpg嫁女の実家で貰った鯵とカマスの魚寿司は、帰るたんびにリクエストしている好物で、酢飯の具合もいつもどおりに丁度よく・・・・(笑。
ソーキソバの方は、コーレーグースーと紅生姜を忘れていましたが、ダシが効いててなかなか美味でした。
たまたま入った飲み屋でレシピを聞き、嫁女が作ったゴーヤの酢漬けは、ほどよい苦味があっさりとした酢で引き立ち、納豆昆布とうまくマッチして、キリが無くなる美味さでした。


さ~てゴーヤの酢漬けで一杯、と思っていたら、
二日ほったらかしだった、コロスケの散歩を思い出し・・・・(笑。
風呂上りに持ち越しです・・・・。
[PR]
by syotikure | 2006-08-15 21:18 | 諸々 | Trackback(1) | Comments(0)

沖縄のお土産

e0071319_9204792.jpg今回の沖縄旅行のお土産。

左のショットグラスは、琉球ガラスらしい泡が青い底に漂い、なかなか涼しげです。

真ん中のカラカラ(と窯元の人は呼んでいました)、色と模様が気に入り。2合半程入るそうで、「いちいち補填せずに済むサイズ」なんだとか・・・・(笑。30度の泡盛では、私にはちょっと多すぎる量ですが、作った人には丁度よい量なんでしょう・・・・(笑。「いろんなモノを作ってきて、普通のモノを作るのは飽きました」ということでした。

右の器、猪口というにはちょっと背が高く、陶器のショットグラスとでもいうべきでしょうか。厚めの割りに軽く、氷を浮かべてもそこそこ量が入りそうなので、買ってみました。


器の様子を眺めながらでも、うまい酒が飲めそうです。
[PR]
by syotikure | 2006-08-14 09:37 | 焼きもの | Trackback | Comments(4)

沖縄の旅 最終章

最終日、本島南部糸満市の道沿いで見かけた家。
e0071319_2251087.jpg
屋根の白い漆喰が、青空に映えます。


e0071319_22114940.jpg琉球ガラス村に寄ってきました。

工場は、熱い空気で満ち溢れ。
傍で見ているだけで、汗が出てきました。


e0071319_2216267.jpgみるみるうちに形が出来上がっていきました。
職人さんには見えないほど若い人でしたが、上手いもんでした。


More 沖縄の色彩・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-08-10 22:44 | | Trackback | Comments(7)