<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

嫁女発 ~梅雨明け~

e0071319_234842.jpg
ようやく梅雨が明けたようです♪

夏らしく入道雲と夕焼け空を背負って,霧島は今日も雄大です。
これからもっと暑くなるのでしょうが,霧島を見るとなんだか爽やかな気分になれます。
久しぶりに見た霧島の全景。明日も元気に頑張れそうです。
[PR]
by syotikure | 2006-07-26 23:16 | 自然 | Trackback | Comments(8)

日田・豆田の思い出

e0071319_1175944.jpg

日田市・豆田の象徴、草野家住宅。
黒漆喰と青い漆喰の二棟の建物、大分県現存の最古の民家だとか。



e0071319_1222282.jpgそれより印象的だったのが、この建物。
風通しや日当たりを考えてか、今となっては懐かしい、
「日立マスタックス」の看板がバッサリ・・・・(笑。
こういう建物が現役で頑張っているところが、
豆田の魅力の一つのように感じます。


More 趣味の世界に・・・・(笑
[PR]
by syotikure | 2006-07-22 01:37 | | Trackback(1) | Comments(5)

日田市・豆田の街並み


e0071319_22285134.jpg

15日から、大分県は日田市に行っておりました。
江戸と明治の街並みが残る、非常に落ち着いた佇まいで。


e0071319_21574328.jpg本通から少し横道に入ると、古い作りの建物が。
木造らしき3階建ての、歯医者さんでした。

先日の能登でもそうでしたが、最近こういった建物を見ると
ついつい足が止まってしまいます。


More 印象的な街並み・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-07-17 22:26 | | Trackback(1) | Comments(5)

瞬間の描写力!  「清水ミチコの『これ誰っ!?』」

e0071319_21431497.jpg出張先で、ついつい買ってしまった本です。

私は出張中、本を4,5冊買い込む習慣がありまして。
1ヶ月程前にこの本に出会い、立ち読みし、場所もわきまえず笑い(笑、
買おうかどうしようか迷ったのですが、その時既に5冊抱えていて、
重くなりそうだと購入を見合わせていました。

今回偶然再会し、再び場所もわきまえず笑い、
同じ本棚の列にいた女子高生達の視線の的になり、
結局買ってしまいました(笑。
買って正解でした。
何度でも笑えます(笑。

 
e0071319_21434418.jpg個人的に好きなのは、左のこの写真でしょうか?(笑。
オーラとバイタリティのみなぎる雰囲気、最高です(笑。
「目」と「口」で、8割がた表現しているようにも思えます。
手にも、さりげなく「当人らしさ」が表現されています(笑。


「その人は何故その人たり得ているのか」(あくまで見た目・イメージですが)
そのポイントを把握し、メイク、表情、目線、口の開け方、手の形などで表現、
その瞬間を1枚の写真に切り取り、提示しています。
業界内で生き辛くなってしまうのでは?と心配させられる程の、
遠慮会釈、情け容赦の無い表現力は、凄いです(笑。


他にも、あの秋元康氏が「絶対駄目だよ。怒るでしょ、普通。」といって笑いを噛み殺した「林真理子」(ミチコ女史本人は「私も悪いけど、これを販売している『つけ歯』の業者にも罪はあると思います」と書いています)、当人の子供も錯覚した「大塚寧々」、芸人仲間だから出来る「光浦靖子」、どうみても立川談志にしか見えない「エルトン・ジョン」等々、かなりレベルの高い「顔マネ」写真集です(笑。

もちろん、全部が全部似ている(面白い)訳ではありませんが(真似される当人の知名度、イメージの有無・大小、思い入れ等ありますので)、トータルで去年のイチロー以上、いやテッド・ウィリアムス以上のアベレージは残していると思われます。

理屈抜きに、罪無く?笑える、エンターテイメントの力作です。
[PR]
by syotikure | 2006-07-11 21:57 | 趣味(その他) | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~夏!到来~

ようやく発見しました。 ひまわり畑♪
e0071319_1024194.jpg
昨夜,次のようなサイトを見つけ,今朝,早速行ってきました。

http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/mkj/kanko/drivespot/himawari-map.pdf

地図によれば3箇所あるようですが,私は今見頃という乙房の畑に行ってきました。
たくさんのひまわりが,一斉に太陽の方を向いていて,風にゆれています。
ビタミンカラーの力なのか,ちょっと元気を貰ったような気になるのは私だけでしょうか?
e0071319_1032325.jpg
向こうに見えるのは「あなたにひとめぼれ」などを出している「都城酒造」。
庄内から母智丘へ行く交差点を都北(高速乗り口方面)へ曲がってすぐの所です。

また,この都城酒造の中(にあるように見えるけど実は無関係)のパスタのお店「珈琲館」もお勧めです。
特に,ランチは1500円で「バイキング方式のヘルシーな料理プラスパスタ1品」。
どちらも種類が豊富で目移りしてしまうほど!(@_@;) とてもすべては食べ切れません。

あれ? また食べ物の話になってしまいました。
これも,ひまわりの力か!? 今年も夏バテ知らずで過ごせそうな予感がします。(^^ゞ
[PR]
by syotikure | 2006-07-10 10:59 | 道端 | Trackback | Comments(11)

なんだか、気になる・・・・

e0071319_22483588.jpg出張途中で通りかかった街並み。
石川県宝達清水(ほうだつしみず)町の光景です。

雪国の道は、真ん中に埋設されている融雪用のパイプが
鉄製で錆びている為か、赤く染まったところが多いようです。
これはこれで、違う生活圏に入り込んだ事を感じさせ、
なんだかよかです。

「なんだか古い建物だな~」と思いつつ、一度通り過ぎたのですが、なんだか気になって、交通量が少ないのをいいことに、バックで戻ってきてしまいました(笑。

手前の建物、石造りかコンクリートの建造物と思いきや、
近くにきてよく見てみると木造の2階建てで、
通りに面する側にパネルやタイルが貼り付けてありました。


More 何の建物?
[PR]
by syotikure | 2006-07-09 23:31 | 道端 | Trackback | Comments(4)

波打ち際のドライブ

e0071319_2150398.jpg出張先で通った道です。

こんなにも波打ち際に近い所を車で走るのは、
生まれて初めて。
なんだか気分も夏モード(笑。

石川県は羽咋市の、千里浜なぎさドライブウェイという道です。
細かい砂が海水で締まり、車を乗り入れても大丈夫なんだそうです。
ローラーで締めたかのようにフラットで、
ほとんどデコボコのない快適な道でした。


雲の多い空模様で、天気は今一つでしたが、
泳ぎに来ている親子連れや、
サーフフィッシングを楽しむ釣り人、
波打ち際を散策するカップルなどなど
それぞれ楽しんでいました。


この道は全長が約8キロあって、それぞれいろんな楽しみ方をしても、あまり干渉し合わないのもいいですね。

More 波打ち際の道は続く・・・・
[PR]
by syotikure | 2006-07-08 22:13 | 道端 | Trackback | Comments(6)

梅の季節

今年は、全国的に梅が豊作のようです。

e0071319_0225152.jpgということで先日、生まれて初めてホワイトリカーというものを買ってきました(笑。
これは、地元都城の蔵元、都城酒造のホワイトリカー。甲類ではなく、麦が主原料の乙類です。

元々「ホワイトリカー」という名称は、終戦で売り先の無くなった工業用エチルアルコールのメーカー連が、時の政府に頼み込んで飲料用として認可してもらい、一般の焼酎(乙類)との差別化のために付けた名前、ということをモノの本で読んだ記憶があります。
現在のホワイトリカーは、甲類のものを「リカー①」、乙類のものを「リカー②」と表記しているようです。

現在ホワイトリカーといえば、市場では圧倒的に甲類が多いようです。
酒屋さんにその訳を聞いたところ、以前乙類の酒税が安かった頃は、低価格の「リカー②」が結構出回っていたとか。
ただ、品質に問題のある商品もあったようで、香りがきつかったり(常圧35度のせい?)、梅が腐敗したりしていたのだとか(これはミリンを混ぜた商品だったそうで)。
結局、そういった一部の商品のせいで、「乙類」「リカー②」=「安物」「粗悪品」というイメージが一般的に強くなり、また甲類と乙類の税率が同じになってウマミが無くなり、消えていってしまったのだそうです。



いろんな知識を得て、この麦乙類「リカー②」を開けてみました。
予想に反し、なかなかフルーティな香りが・・・・。
一口飲んでみるに、35度という度数の高さをあまり感じさせないまろやかさ。
多分減圧だと思われますが、度数のせいか充分な旨味も感じられ、このままでも結構イケます・・・・(笑。
「甲類ほど氷砂糖の必要はないよ」と酒屋さんが言われていたのもうなずけますね~。

3ヶ月後の出来上がりが、今から非常に楽しみです。
[PR]
by syotikure | 2006-07-05 01:28 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)