<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

嫁女発 ~春の霧島~

またまた霧島です。
e0071319_23391879.jpg

先日の風で,桜が散ってしまうのでは? と心配したのですが,
寒波が入ってきたお陰で,桜も散らずに頑張っているようです。
今しか見られない風景だから,やはり霧島を入れて撮らなくては・・・という気持ちご理解下さい。(笑)

今日は夜の母智丘に行ってみましたが,先日の写真の場所にも出店がたくさん出て,車では通れませんでした。
ライトアップとまではいかないようでしたが,「花より団子」というか「花より焼酎」派の方々がたくさん集っていてとても楽しそうでした。
夜は少し肌寒かったのですが,夜桜を見上げながらの焼酎はきっと,格別に美味しいのでしょうね。
[PR]
by syotikure | 2006-03-31 23:56 | 自然 | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~母智丘速報~

たった今母智丘(もちお)に行ってまいりました♪
先日より随分たくさん咲きました。
駐車場も有料(300円)になっていて,桜並木を歩く人も増えていました。
桜祭りが始まったようです。
e0071319_12551892.jpg

[PR]
by syotikure | 2006-03-25 12:56 | 自然 | Trackback | Comments(12)

嫁女発 ~母智丘の桜~

都城で花見の名所と言えば,母智丘(もちお)です。
先日話題にもなって,桜の様子が気になったので,ちょっと行ってみました。
e0071319_160463.jpg
木によってはまだ殆ど花のないのもあって,全体的にはまだ3分咲きというところでしょうか。

でも,焼きリンゴやお団子などの出店がいくつか出ていて,駐車場もいっぱいでした。
道の両脇に桜の木がずらっと並んでいて,満開になったらさぞかしきれいだろうと思われます。
e0071319_20424616.jpg
花見祭り当日はこの辺りも人でいっぱいになるのかなぁ? 
と思いながら,まだ花もまばらな桜並木の下を通り抜けて帰ってきました。
このまま暖かい日が続けば,今週末は見頃になるのかもしれませんね。
[PR]
by syotikure | 2006-03-21 20:59 | 自然 | Trackback | Comments(15)

嫁女発 ~菜の花と~

昨日の雨から一転,今日はとてもいい天気♪
久しぶりに,コロ助が捨てられていた場所に連れていってみました。
e0071319_19514887.jpg
単に,休日出勤に同行してもらっただけですけど・・・。


たった2.3日しかいなかったから,コロ助は覚えていないのかもしれません。
e0071319_19521383.jpg
ここでも,草とおもちゃに夢中のコロ助でした。(笑)

ちなみに私は,コロ助が気になって,仕事はあまりはかどりませんでした。(v_v)
[PR]
by syotikure | 2006-03-19 19:58 | One Day | Trackback | Comments(6)

嫁女発 ~ついに・・・~

e0071319_23473560.jpg
やっと,韓国からの朝日を見ることができました。

前回と同様,職場の同僚達と韓国岳に登りました。
先月よりも日の出時刻が早くなっているため,午前3時に自宅を出て山へと向かいました。
寒くないかと心配したのですが,登山時は逆に暑いくらいで,登山道にも,雪などは影も形も無く,とても登り易く感じました。

山頂では霜柱や氷も見られましたが,風が弱かったためか凍える程ではなく,
集合写真を撮ったりしてしばらく待っていると,雲の上から太陽が,ようやく顔をのぞかせました。

高千穂の峰付近にもう少し雲があればと思ったのですが,
それでも,山は刻々と表情を変え,しばらくは目を離すことができませんでした。

韓国岳からの眺めは,いつ見ても素晴らしく,近くにあることに感謝せずにはいられません。
霧島ばかり載せてますが,やはり「霧島」は最高です。
[PR]
by syotikure | 2006-03-11 23:50 | 自然 | Trackback | Comments(8)

嫁女発 ~競演~

3枚とも同じ日に撮った写真です。
e0071319_22334384.jpg
ようやく満開になった梅が,雨で散ってしまいそうだなぁと思っていたら
ちょっと早めの桜が,もう咲き始めていたようです。
e0071319_22341578.jpg
桜ってこんなにきれいな色だったっけ?と思いながらふと見ると,そばでは菜の花が満開でした。
e0071319_22385484.jpg
急に温かくなったので,みんな大急ぎで咲いたようです。
「春に3日の晴れなし」と言いますが,もう少しだけ雨が降ったり,風が吹いたりしないといいなぁ。
[PR]
by syotikure | 2006-03-08 22:59 | 自然 | Trackback | Comments(4)

嫁女発 ~コロ助と~

最近,春らしい気候になってきましたね。
野原には土筆も見られ,あちこちに菜の花まで咲いています。
e0071319_1911625.jpg
冷たい風に凍えずにすむので,コロ助との散歩ものんびりとできます。
コロ助も草の中で大喜び。
そういえば,コロ助は草原が大好きだったナと思い出したりして。(笑)

このままの春らしさが続くといいですね。(花粉症の方には嫌な季節なのでしょうが。)
季節の変わり目と年度末などで,体調を崩されている方がいませんように。
[PR]
by syotikure | 2006-03-05 19:11 | One Day | Trackback(1) | Comments(7)

日本酒 「宗玄」と「立山」

先日またもや能登に出張に行き、お土産代わりに下の2本を購入。
e0071319_23405075.jpg


能登では、干しクチコ(ナマコの卵巣を束ねて干したモノ)の炙ったヤツや、ホタルイカの塩辛、炙りシャコ、糠漬け鰯という、都城ではまず目にしない海の珍味を肴に、この「宗玄」や地酒「千枚田」、「日栄」を堪能してきました。

どうも、日本酒の甘口・辛口の好みというのは、その地域の料理の味付けの影響が強いような気がします。
この石川・能登の味付けは、ちょっと濃い目に感じました。
「宗玄」も濃厚甘口。地酒の「千枚田」はあっさり甘口。
店の人が言うには
「これでも金沢辺りと比べると、漁師町だけに素材の味を生かして薄味の部類」
なんだとか。
シメに食べた「フグの卵巣茶漬け」は、3年間漬け込んで解毒した卵巣の濃厚な風味が強烈で、あっさりしめたいこちらの思惑をいい意味で大きく裏切り(笑、能登の食文化の底力を思い知らされた感じでした。

ホテルに帰るなり、良い心持でベッドに倒れ込み、そのまま3時間ほど眠り込み(笑。
冷やの日本酒は、後でキケてくると実感した次第。

次回は富山で、「立山」に合う料理に出会いたいなと、想像を膨らませながら一杯。
[PR]
by syotikure | 2006-03-01 23:45 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)