2010年 08月 06日 ( 1 )

夏の旅―3 ~ 倉敷 大原美術館 ~ 


翌日、レンタカーで1000円高速に乗り、渋滞に引っかかりながらも何とか辿り着いたのは、岡山県の倉敷市。
以前から、一度は訪れてみたいと思っていた所です。

最初に向かった先は、倉敷紡績などを経営した大原孫三郎創設の大原美術館。
ギリシャ神殿風の本館入り口の両サイドに、ロダン作のブロンズ像が鎮座し・・・・。
e0071319_19491668.jpg


中庭の周囲に建つのは大原家の米蔵を利用した工芸館で、民陶作家の濱田庄司やバーナード・リーチ、富本憲吉、河井寛次郎や、
版画の棟方志功、染色工芸の芹沢銈介の作品が展示されていました。
e0071319_1950218.jpg


大原美術館については、クロード・モネ作「睡蓮」が所蔵されている所、ぐらいしか知識がなかったのですが、
実際訪れてみると、展示されている絵画や美術品の数々は、素人にも判るぐらいの相当なレベルで・・・・。
主に友人の画家・児島虎次郎に委託して収集していたようですが、昔の金持ちには凄い人がいたものです・・・・。

80年代後半~90年代にアブク銭握って舞い上がり、訳の解らぬまま玉石混交の品々をつかまされたり(笑、
オレが死んだら絵も一緒に焼け、と遺言して世界中から非難を浴びたりしたバブル成金なんかとは、ちょっとレベルが違うかと・・・・(笑。
「企業メセナ」なんていう言葉も、あれからさっぱり聞かなくなりました(笑。

昼過ぎに着いてそのまま1時間ほど鑑賞していたら、さすがに血糖値の低下と空腹で集中力が途切れ始め・・・・(笑。
この美術館、当日中は出入り自由ということで、これ幸いと倉敷川河畔のレストランへ・・・・(笑。


旅行・温泉

More モネの睡蓮・・・・!
[PR]
by syotikure | 2010-08-06 20:25 | | Trackback | Comments(2)