焼酎王国宮崎の華 米-6 「七つ山」

e0071319_22453389.jpg先日、学生時代の先輩から、
「何か美味い芋焼酎ないか?取引先に持って行くんやけど」
というTELがありました。
以前「一壷春」や「赤霧島」を持っていっていたので、
今回はヘビー級「日向金の露」をと思い、
地元の酒屋さんに買いに行ってきました。

久しぶりに来た酒屋さんの棚を眺めていると、
なにやら見慣れぬ銘柄を発見。
箱の裏書を見てみるに、藤本本店の米焼酎と判明。
藤本本店が米古酒を出したと噂には聞いていたのですが、
現物を見るのはこれが初めてで。
早速「日向金の露」と共に購入。

風呂上りに、お待ちかねの一杯を。
この「七つ山」、酒屋さんの話では5年古酒ということでしたので、
ロックにするのは勿体無いと、志野焼のぐい呑みで、生を・・・・。

うん・・・これは美味いです(笑。
芳醇な香りに、喉越しも柔らかで41度とは思えないまろやかさ・・・。
今までに飲んだ常圧米の古酒の中でも、かなり美味いです。

球磨常圧米の香ばしさとは違いますし、どちらかといえば
泡盛古酒に近いような気がし、手持ちの泡盛古酒「咲元」の
10年古酒と比較してみましたが、なんとなく近いような気も。


5年熟成で、このまろやかさ・・・、これは、贅沢です。
きりが無くなりそうな気がし、アニバーサリー用にと慌てて栓を・・・(笑。

「香りがいいし、甘いね~」
とは下戸の嫁女の評でした。

明日もう1本買っとこかな、と思わせる焼酎でした。
[PR]
by syotikure | 2006-06-29 23:24 | 焼酎・酒 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syotikure.exblog.jp/tb/3725147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by You at 2006-07-01 19:44 x
・・・・欲しい・・・・
来週、宮崎へ行けば・・・・売っているかなぁ?

以上
Commented by ショチクレ at 2006-07-01 22:31 x
Youさん、こんばんは。
大丈夫だと思いますよ、多分・・・(笑。

ちなみに、柳田酒造さんの常圧麦「青鹿毛」も
ちょこっと試飲してきました。
充分美味かったのですが、
「もうちょっと、かな・・・」
とは酒屋さんの弁。
酒蔵さんの周りに、こういう酒屋さんがいらっしゃるから、
レベルの高い焼酎が生まれてくるんだな、と感じました。
よって発売時期は、まだ未定だそうです・・・(笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 梅の季節 初夏の風物詩 鮎解禁 >>