門司の陶房郷原さんの窯出しに行く、そして・・・・くまモン(笑


この3連休の前、特に何の予定もないな~と思っていたら、一葉のハガキが届き・・・・。

e0071319_19293341.jpg北九州は門司の 備前焼窯元・陶房郷原さん からの、窯出しのご案内でした。

去年の9月にうかがったっきりで、どうされてるかな~と思っていたところで。
前回穴窯を炊かれてから、もう2年経ったか~、と。

これは、何をおいても行かなければ、ということで、昨日高速で一路北九州は門司まで行ってきました。


e0071319_1930650.jpg途中、休憩で寄ったSAは、どこもかしこも「くまモン」だらけで・・・・(笑。
福岡県内のSAでは、「くまモン福岡出張中」バージョン(明太子を抱えたくまモン等)も見かけました(笑。

宮崎に来た観光客も、結構くまモングッズを買って帰ってると聞いたことがありますので、多分「くまモン宮崎出張中」バージョンもあるのでしょうね(笑。


約1年3ヶ月ぶりに訪れた陶房郷原さん、今回は種壺に目を惹かれました。
それにしても、周囲の風景に馴染んで、いい感じでした。
e0071319_1225040.jpg

徳利やぐい飲み、花活け、皿、コーヒーカップやフリーカップ等、窯出しの新作を一通り見せて頂いた後は、
お茶を頂きながら、今回の窯炊きの様子や作品の特徴をうかがい・・・・。
今回は約10日間の窯炊きになったそうで、比較的温度が上がって、また元々の穴窯の傾斜で「抜け」も良いので、
なかなか面白いものが多かったです、というお話でした。
通常の登り窯とは違う、穴窯の温度管理の難しさと面白さ(意外性)を、改めて教えて頂きました。

テーブルの上には、来年の干支の「巳」の置物と、猫のオブジェが置かれ・・・・。
e0071319_19305341.jpg

こちらの猫のオブジェ、猫好きの人達に好評だそうです。
素材の種類が複数あるので、セットで集められる人もいるそうで。
キリっとした顔立ち、まあるい背中が、なかなかいい感じでした。
e0071319_19314122.jpg

そのうちに奥さんも帰ってこられ、F3~F5層をどう巻き込むかなど(笑、話は多岐にわたり・・・・(笑。

帰り際、旅枕(柱や壁にかける花活け)などは、元々茶道具とはいえ、床の間のない今風の住宅でも、場所を選ばず飾れて良さそうですね~、
という話に。

こちらは、船釘(ふなくぎ)をうつした旅枕。
塗壁に映えて、いい感じでした。
e0071319_19323066.jpg


e0071319_1933116.jpg今回手に入れた備前焼は、また後日ご紹介ということで・・・・(笑。

こちらが、帰りに寄ったSAで手に入れた、くまモンストラップ3点セットです(笑。

ウチの嫁女に言わせると、「真実味の無い三白眼」のクマ、だそうですが(笑、デフレや不景気、大手企業の連日のリストラ報道や政治不安等々、殺伐とした世情の中で、茫洋と遠くを見つめる?くまモンに、何か癒しのようなものを感じている人が多いのかもしれません・・・・。

ちなみに私が選んだのは、植木名産のスイカを手にしたくまモンで、早速携帯にブラ下がっています・・・・(笑。

人気ブログランキングへ
[PR]
by syotikure | 2012-12-23 21:01 | 備前焼 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syotikure.exblog.jp/tb/19397458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keikansan at 2012-12-26 23:05
くまモンは相変わらず大人気ですね。
我が家にも熊本のお友達からのお土産の品が数点ありますよ。
Commented by syotikure at 2012-12-26 23:29
>keikansan さん

くまモン、滋賀県・彦根の「ひこにゃん」以上の人気者になるかもしれませんね(笑。
気負いのない、茫洋とした感じがいいのかもしれません(笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 穴窯の魅力 ~ 陶房郷原さんの... あっという間に・・・・ >>