G・W ~ 若山牧水生家 ~


「百済の里」の帰り道、日向市東郷町坪谷のR446沿いにある若山牧水の生家に立ち寄りました。
家業は医者だったそうで、質素ながらしっかりとした造りに見えました。

e0071319_20265927.jpg


人気ブログランキングへ





「白鳥は かなしからずや 空の青 
       海の青にも 染まずただよふ」
e0071319_20274391.jpg
 
牧水の代表的な歌です。
若山牧水のHP によると、青春の孤独と悲哀を美しい調べで歌っている、という点では鑑賞者の意見が一致するところらしいですが、
「白鳥」が空を漂っているのか、海に浮かんでいるのか、1羽なのか2、3羽なのか、などで意見が分かれ、
「数羽いた方が牧水らしい」という見方があるのも面白いところです。


「お隣の 寅おぢやんに 物申す 
       永く永く生きて お酒飲みませうよ」
e0071319_20275475.jpg
 
この写真には写ってませんが、この土間の左側にこの歌が貼ってあって、解説に
「帰郷する度に幼少の時から可愛がってくれた寅おぢやんを訪ね、酒を酌み交わすのが牧水の楽しみだった。
 大正13年、父の13回忌に帰郷した牧水を待っていたのは連日の大歓迎。
 そんな中、滞在最終日の出発直前になって漸く逢えた牧水と寅おぢやんは
 ここの土間に立ったままで酒を酌み交わし別れを惜しんだと言う。
 2人にとってこれが永久の別れになった。」
とありました。
牧水の、人となりが見えてくるような気がします。

寅おじやんと酌み交わしたのが、焼酎だったのか日本酒だったのかも、ちょっと気になるところで・・・・(笑。


e0071319_20283090.jpg「ふるさとの 尾鈴のやまの かなしさよ 
         秋もかすみの たなびきてをり」

この歌碑は生家の裏山にあり、「台風により山の中腹から落ちて現在の場所に座ったという大岩。牧水が触れた自然石に直接刻まれており、形状、由来とも他に類を見ない」そうです。
横にあった解説には、「代表的な歌で歌集『みなかみ』に収められている。明治45年夏、父危篤の報で帰郷するが家庭の事情で東京へ帰れなかった。苦悩の日々で、裏山にのぼり尾鈴の連峰を眺めながら心のかなしみを詠んだ歌である」とありました。

昭和22年(1947年)に建立され、風雪にさらされて字が読みづらいところもありましたが、これはこれで一つの景色のように思えました。


e0071319_20283543.jpg
道向かいを、耳川の支流・坪谷川が流れ・・・・。

牧水が育った故郷、らしいように思えました。
[PR]
by syotikure | 2012-05-09 22:49 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syotikure.exblog.jp/tb/17953211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keikansan at 2012-05-11 22:22
牧水も見たであろう坪谷川沿いの風景も、未来の人達に受け継いでいくことが現代に生きる私達の責務かなって思います。
Commented by syotikure at 2012-05-12 11:02
keikansan さん

この牧水生家のある辺り、本当にいいところでした。
寅おぢやんのような人が近所にいれば、猶更住みよいところだと思いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 久しぶりの、打ちっぱなし・・・・  G・W ~ 百済の里 西の正倉院 ~ >>