雷山の麓 ~ 山居窯 ~


続きましては、唐津市に近い福岡県の西部・前原市の、雷山の麓にある山居(さんきょ)窯の作品。
こちらも、HPで見て以来、一度直接手に取ってみたいと思っていたのでした。

e0071319_3255212.jpg

こちらで作陶されている内村慎太郎氏は、1975年生まれの鹿児島県湧水町のご出身で、
2002年この前原の地に工房雷山房を立ち上げられ、
昨年雷山により近い場所に工房を移し、山居窯を開窯されたということです。






e0071319_326599.jpg絵唐津ぐい呑み。

縮んだ白釉と胎土の赤み、付け絵のバランスがいい感じです。

e0071319_3272624.jpg

e0071319_3274495.jpg


e0071319_3281124.jpg斑皮鯨ぐい呑み。

流れた皮鯨の鉄釉が印象的です。

e0071319_3283429.jpgまるで、酒が数滴流れているかのような見込み・・・・。

e0071319_3285354.jpg


e0071319_3291951.jpg無地唐津湯呑み。

非常に細かな貫入と落ち着いた枇杷色は、ほとんど萩焼を思わせますが、一番の違いはその薄作りでしょうか。

e0071319_3293928.jpg

e0071319_329584.jpg高台脇の胎土を見ると、古陶のような雰囲気があります。
[PR]
by syotikure | 2009-12-03 20:23 | 唐津焼 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syotikure.exblog.jp/tb/11689541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 唐津焼の色と土 ~ 五蘊坊窯と... 櫁柑山の登り窯 ~ 村山健太郎 ~ >>